FC2ブログ

えっ、この本まだ読んでないの?! #読めよ薬剤師2019






こんばんは。

PECO より PACO

むむです。





今回は乗っかり企画です。

『2019年に発売された書籍のうち、薬剤師にオススメしたいものを3冊紹介』

というものです。




いつも思うんですけど、「今年発売」という縛りがなかなか難しいんですよね(汗)

いつ発売した本なのかとかあんまり関係なく興味だけで読んでるので、

どの本が今年発売なのかを1つ1つ調べるところから始まるというね。。



「薬剤師に」という縛りも何気に難しいですが(笑)





というわけで、私のオススメです。どうぞ!





① ビッグデータ探偵団


データリテラシーを身に着けるための第一歩、みたいな本です。

薬剤師もデータとは無縁の職業ではありません。

データと言うと客観的、機械的なイメージがありますが、

データとはそういうものじゃなく、何のためにどんなデータを取るのかという段階で

人の主観や判断が入り、扱う人次第で変わる生き物のようなものです。

データに振り回されず使いこなせる薬剤師になりたいですね。




②  他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論


仕事の悩みの大半は人間関係だと言われます。

対話の本質は、「相手の身になって考えても、相手の身になれないということを受け入れておく」。

当たり前のような内容ですが、当たり前なことが一番難しいです。

とても難しいことを、とても易しく書いている本です。

薬剤師に降りかかる問題の多くも、対同僚や対患者など、

人と人との課題が多いと思います。




③ FACTFULNESS


コレはもう世界的ベストセラーすぎて説明不要かも知れませんね。

事実やデータに基づいて世界を見よう、

ドラマチックでセンセーショナルな情報を脳は本能的に求めていて

世界が悪くなっていっているような錯覚を起こすけど、

本当は世界はこんなにもよくなっているんだよ、というような本です。

薬剤師も大いに共感できる本です。




④ 分断を生むエジソン


物語です。

世界は4つの国から成り立っていて、私たちが持つべき影響力の地図とは何なのか。

世界のサービスはペイン型とゲイン型に分かれている。

これからは影響力の時代、ゲイン型のサービスが大きな価値を持つようになる。

みたいなお話です。

偉大なリーダー像や、これからの時代のビジネスのヒントのような本です。




⑤ プレイ・マターズ 遊び心の哲学


「遊び」とは仕事の対極にあるものじゃない。

生産活動としての遊びを取り戻さなければいけない。

何が人間を人間足らしめているのか。

みたいな本です。

これからの時代の働き方を見直すきっかけになれば。





あれ?!


3冊紹介するつもりが、絞り切れずいつのまにか5冊になっちゃった(滝汗)







それでは皆様良いお年を!




薬局の待合いに置くと子どもにバカウケ間違いなしの絵本






こんばんは。

「だし」って漢字で書くと卑猥。

むむです。




さてさて、今回は軽く、オススメな絵本の紹介です。



しかけ絵本 ポーラー


リンクは「ポーラー」ですが、他に「サファリ」と「オーシャン」もあります。


本当は動画で紹介したかったけど、著作権的にアレかもしれないので辞めました(笑)




角度によって見え方が違って、動いているように見える仕掛けありますよね。

子どもの定規とかにあるような(語彙力)



その仕掛けを利用した絵本で、

ページをめくるとそれにつられて絵のページが少しずつ動くので、

絵が動いているように見える、というものです(言葉だと超説明しにくい。。)



絵本としては結構お高いんですが、しっかりしているのでその分満足度は高いです。



薬局の待合いにもオススメですよ!





~次回予告~

今年発売された書籍のうち、薬剤師にオススメする本





それではまた!





クイズです






こんばんは。

「即位」より「側位」

むむです。





気が付いたら、増税の頃に軽減税率のことを書いて以来ブログ止まってましたね(汗)



仕事ではパコソンをバリバリ使うんですけど、

趣味やプライベートなことは全部スマホで完結するので、

プライベートでPCをもう滅多に使わなくなってきたんですよね。(youtubeもスマホのみ)

だけど、ブログみたいにある程度文章を書くにはパソコンじゃないと打てないので、

なんかこう、自分の生活スタイルの中にブログ書きがうまくハマらなくなってきてます。

時代ですね・・・(遠い目)



とはいえ20年ぐらい(途中意図的にやらなかった時期はあれど)続けてきた習慣なので、

やらなくなると違和感があるという(笑)





さてさて、いつの間にか今年も終わろうとしてますけど、

個人的には今年は、仕事でもプライベートでも色んな新しいことをやりまくった一年でしたね。

基本的に飽き性と言うか刺激が無いと死んでしまうので

次から次と色々やりたくなってくるんですけど、

主に「教育」と「手品」と「自己研鑽」に関して、新しいことを色々やってみた感じですね。




「教育」に関しては、まああんまり詳しく書けないですけど、

薬剤師的な教育よりももっとベースの、理念と言うか考え方的な部分の教育に重点を置いてみました。

というかまだ終わってないんですけどね(笑)今期中にもう一つ形にして区切りを付けたい感じです。



「手品」は、今までプライベートでしか楽しんでなかったんですが、

本業にもちょっとだけ食い込ませてみた感じですね。なかなか面白かったです。

が、まだまだ全然物足りないので、

来年はもうちょっとマジシャン活動にもウエイトを置いていきたいなと考えてます。



というか薬剤師をやめてマジシャンだけで生きていきたい




あとはライブに行ったりセミナーに行ったり、刺激を受けることに主に投資多めにしてきました。

まあ他にもいろいろあるけどこの辺で(笑)

今年の春ぐらいに思い立った計画はだいたいやってこれたので満足です。





あ、あと片手間にこんなクイズもやってますのでよかったら見てみて下さい↓


https://www.youtube.com/channel/UCW7qhStFJoBY27MqWWK8t4A


youtubeはいくつかアカウント持ってるんですが、

その中の一つ、「薬剤師向けのクイズ」という、非常にニッチすぎる分野です(笑)





というわけで、ブログ再開したと思ったら唐突の今年の総括でした。




【次回予告】今年見つけたヤバい絵本がヤバい(語彙力)




【コレだけ】薬剤師が知っておくべき軽減税率






こんばんは。

エクメットだっけ?アクメットだっけ?

むむです。





さてさて、もうすぐ増税ですね。

軽減税率もあって今回の増税は非常にややこしいですが、

税率がモノによって何パーセントになるのか、

薬剤師が知っておくべき、ややこしい商品を紹介していきます。




●オブラート、カプセル

薬に関係しそうなやつですが、食品扱いなので8%です。



●のど飴

これはモノによります。
医薬部外品なら10%、食品なら8%です。



●チオビタドリンク

部外品なので、10%です。



●オロナミンC

清涼飲料水なので、8%です。
消費者から見るとチオビタもオロCもどっちも栄養ドリンクですが、
部外品か食品かで変わってきます。



●養命酒

「酒」も「医薬品」も税率は10%です。



●お薬のめたねゼリー、とろみゼリー

子供に薬を飲ませるゼリーや、介護のとろみつけるやつは食品ですので8%です。



●重曹

いろんな商品で売られていますが、
局方品のやつは10%、雑貨(掃除用のやつ)は10%、食品添加物のやつは8%です。
クエン酸とかもそうです。



●イビキスト

消費者的には「イビキをマシにしてくれるお薬スプレー」みたいなイメージでしょうが、
正式にはビタミンEの入ったただの栄養機能食品です(笑)
なので8%。



●仁丹

部外品ですので、10%です。



●ブレスケア

仁丹と同じような場所に置いてありますが、こっちはタダの食品ですので8%。



●肝油

これも商品によって違いますが、
医薬品のものは10%、食品のものは8%です。



●クレベ&アンド ウイルス・菌除去スプレー

キッチン用に使う商品で、「食品添加物アルコール製剤」。
非常に紛らわしいですが、食品添加物ということで8%です。



●水

店頭で販売している水はもちろん8%ですが、
家庭の蛇口から出る水は10%です。



●ノンアル飲料、甘酒、みりん風調味料

このへんも8%です。アルコール1%未満はお酒ではなく食品扱いです。



●本みりん

10%です。未成年に販売してはいけないやつです。
ドラッグストア薬剤師なら、みりんの複雑さはおなじみですよね(笑)



●ペットフード

ヒトの食べ物は8%ですが、ペットフードは10%です。



●新聞

店頭で買うと10%、定期購読するやつは8%。電子新聞は10%??
ちょっともうこのへんは意味不明だし興味もない(ぉぃ



●氷

飲食用につかうための小さな氷は8%。
魚釣りとかの保冷用に使うブロックのデカイやつは10%。



●おもちゃ付きのお菓子

一体資産とかいう難しい言葉使うやつ。
税抜き販売額が1万円以下であって、食品部分の原価が全体の2/3以下なら10%的な感じ。
まあ、ほとんどおもちゃの方に金かかってるだろ、ってやつは軽減税率対象外。




ということで、店頭に並ぶものたちで紛らわしいものだけを集めてみました。

もうね、




ややこしすぎやろバカじゃないの(笑)




物事は複雑にすればするほど、コストがかかるんですよ。

調剤報酬にしても、自家製剤加算が算定できる条件かどうかを数秒考えたり、そういう手間が本当に無駄。

税率も一律10%にした方が、社会全体として無駄が減るんじゃないかと思うんですがどうでしょうか。



私を処刑する場合、毒殺にしていただけますか?







こんばんは。

「プラグイン」って性的な意味だと思ってた。

むむです。




最近はこんなマンガを読んでおります。



●薬屋のひとりごと





もともとは小説投稿サイトに連載されていた小説だったみたいで、

2年ぐらい前から漫画化されています。



中国っぽい帝国を舞台にしたミステリーで、主人公の官女が薬や毒の知識を使って謎を解く話。

ラブコメ要素もちょっと入ってます。




主人公の猫猫(マオマオ)がなかなか可愛いです。

いや、一般的には可愛いと言われる容姿ではないんだけど、

性格が理系のオタク女子、的なキャラですね。



イケメンが言い寄ってきてもあまり興味を示さず、

謎解きのシリアスな場面では怖さも見せるけど、

自分の好きなこと(薬・毒)にはとことん感情をむき出しにするという、

腐女子的な可愛さが魅力ですね。




ミステリーと言っても、ガチなミステリー作品に比べれば読者が考える余地はそんなにないですが、

そのぶんテンポよく話が進んでいくのが爽快です。

ミステリー要素やラブコメ要素よりも、

主人公の魅力を純粋に楽しんだり、人間たちの美しさや醜さなんかを楽しむのが良いかと思います。



なかなか良い作品に出合えました。

何か面白いマンガが無いかお探しの方はぜひ。





| むむろぐセカンドホーム | 次ページ