FC2ブログ

オトナDAKARAを飲んでみたら大変なことになった





こんばんは。

ストロングゼロよりストロングエロ

むむです。





さてさて、サントリーから、大人DAKARAという商品が発売されましたね。



  




なんだこの怪しげなネーミングは(笑)


大人、って付くとなんでこうも怪しげになるのか。


というわけで、こんなネーミングされたら買わないわけにはいきませんので、

飲んでみましたよ。




味がどんなものか心配でしたけど、意外とおいしいです。

レモン味で、大人、っていう割には程よく甘くて、

むしろノーマルのDAKARAよりこっちの方が全然飲みやすいんじゃね?!っていうぐらいです。

ノーマルのDAKARAってちょっとクセあって好み分かれると思うんですけど、

大人DAKARAの味は全然大衆受けしそうな感じです。





アクエリアスのレモン味ありますよね?

味はアレに近いかもです。アレをもうちょいだけレモン味を濃くした感じ。

アクエリのレモン味よりもこっちの方が個人的に好きな味ですね。

味的には、DAKARAとは全然別物だと思ったほうがいいです。




体脂肪が気になる人に、みたいな飲料はもう見飽きたぐらい色んなブランドから出てますけど、

飲んでみて美味しかったのはコレぐらいですね。




ただ、飲んで割とすぐに、




めっちゃお腹壊しました(汗)





まあこういう系の商品は人によってはお腹を壊す可能性があるのと、

私の体質やその時の体調のせいもあったと思うんですけど、

ここまで分かりやすくお腹を壊したのがね、ちょっと面白かったです(何)




というわけで、味はおいしかったけど私の腸的には合わないのでもう飲むことはないでしょう。




まあ私は、「大人ダカラ」より「大人カラダ」の方が好みですし。(ダマレ



テーマ : おいしく食べてダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

エクエルジュレを味見してみた





こんばんは。

辺縁系男子

むむです。





さてさて、何か月か前に、エクエルのジュレタイプが発売になりましたね。


●エクエルジュレ
https://amzn.to/2LSHpmL





いや、その前にエクエルって何ぞや?という方はコチラをどうぞ↓

●エクエル
https://www.otsuka.co.jp/eql/




何年か前にエクエルが発売されて、発売当初からメディアでも取り上げられて、

常にじわじわと売れ続けている商品です。



それのジュレタイプが発売されて、ずっと気になってたんですよ。

いや、効果とかそういうのはどうでもいいんですけど、味がね(笑)

パッケージには「さわやかオレンジ風味」って書いてあるけど、

パッケージなんて何一つ信用できないですからね。(ぉぃ




というわけで、食べてみましたよ。




うん、普通においしいです。


なんというか、もっと大豆っぽいソイジョイみたいな味かと思いきや、

酸っぱいオレンジ+ニンジンって感じですかね。

なぜかニンジンは入ってないのに、ニンジン感がする(笑)

そしてソイジョイ感は全然なくて飲みやすいです。




ただ、たぶんソイジョイ感をめっちゃ頑張ってマスクしてるのかな?

っていうぐらい、酸味が結構強くて味も濃いです(笑)

結構こってりとしたオレンジ+ニンジン。

普通においしいですよ。




コレが不味かったらね、

高いしマズイし踏んだり蹴ったりでブログ的には良かったんですけど、(ぉぃ

悔しいかな、味は何の問題もなかったですわ。




というわけですので、

ヨカッタラジョセイノミナサンオヒトツイカガデスカ(棒読み)




テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「糖質」と「糖類」の違い





こんばんは。

Made in 母親

むむです。





こないだ、こんなことを聞かれたんですよ。



「糖質」と「糖類」はどう違うのかと。




うん。なるほどね(笑)

商品には、「糖質ゼロ」と書いてあったり「糖類ゼロ」と書いてあったり、

どう違うねん、っていう気持ち、よく分かります。

私も、違いは知ってるんですが、いかんせん興味がないのですぐ忘れます(ぉぃ





栄養表示基準での言葉の定義としては、こうですね。




炭水化物=食物繊維+糖質

糖質=糖類+その他




言葉で言うと、


糖類というのは、単糖類と二糖類です。

つまり、ブドウ糖とか、砂糖とか、果糖とか、乳糖とか、

構造式で考えるとわかりやすいですが2つまで繋がったやつですね(笑)




糖質というのは、糖類に加えて、

それ以外の、三糖類以上の多糖類(でんぷんとか、オリゴ糖とか、デキストリンとか)や、

糖アルコール(キシリトールとか、マルチトールとか)や、

その他もろもろのもの(「水分&アルコール&タンパク質&脂質&ミネラル&食物繊維」以外のもの)

です。なので、クエン酸みたいな酸味料とかも糖質に入ります。





炭水化物というのは、糖質と食物繊維を合わせたものです。





うん、なんかこう、言葉のネーミングが個人的に気持ち悪いんですよね。

「糖類」って言うと多糖類も糖類のような気がするけど、

糖類じゃなくて糖質なんだ、っていうね。

だからいつもよく分からなくなります。

糖質はぶっちゃけ、「いわゆる糖」じゃないものも入ってますしね。めっちゃざっくり。





まあ分かりやすく言うと、

「糖類」というのは単糖と二糖類だけなので、

イメージとしては砂糖ですよ。ケーキとかジュースとか。

吸収も早いし、すぐに血糖値も上がるし、インスリンもいっぱい必要。




「糖質」というのは、あえてイメージするなら、上と対比して「ごはん」ですかね。

吸収ゆっくり、血糖値上昇も緩やか、みたいな。

あくまでイメージですけどね。




なので、糖尿病の人とか、ダイエットで厳格にコントロールしている人とかで、

より厳しくコントロールしたい人は、「糖質ゼロ」のほうがいいでしょうね。

もうちょっと緩くして、最低限、砂糖的なものだけはカットしたいというなら、「糖類ゼロ」でいいでしょう。




まあ、ここでいう「ゼロ」は、「0.00」ではないんですけどね(笑)

完全にゼロではなくて、こんだけなら入っていても「ゼロ」と表記してオッケーというのがあるんですが、

それも書いてると長くなるし、あんまり意味もないので割愛します(ぉぃ




というわけで、「糖質」と「糖類」、

自分で自分の頭の中を整理しながら書いてきましたけど、




10分後にはどっちがどっちか忘れていると思います。(ドヤ顔)




テーマ : ダイエット/健康/美容/
ジャンル : ヘルス・ダイエット

馬鹿を金づるに変えるマスク





こんばんは。

売春や買春はダメだけど、貸春や借春ぐらいでどう?

むむです。





こんな商品がプチ炎上しているみたいですね。


花粉を水に変えるマスク





この商品自体は出てきた時から知ってましたけど、なんというか、


花粉を水に変える、かー、そんなことができたらノーベル賞だなー


とか適当なことを考えながらスルーしてました。

要は全然興味がなくて何も考えていなかった(汗)





ただ、この商品をインチキとか疑似科学とかトンデモとか批判したどこかのブログに対して、

製作者側が「削除しないと訴訟するぞオラ」的な脅しメールを送ってきたそうで、




そんな面白そうなことになるなら私もネタにしてボロクソに叩いておけばよかった




と激しく後悔している次第です(笑)






「花粉を水に変えるマスク」という商品名を見て、

「すごい画期的な商品が出た、これは買わなければ!」

って思う人はあまりいないと思うんですよ。いないと信じたい。


せいぜい、

なんか変なのあった、的な、

インスタ映え(ツイッター映え?)して終了だと思うんですけどね。





私も主観的に見れば、売りあげ上がればうれしいな、

単価高い商品買ってくれたらうれしいな、程度です。




ただ、客観的に見ればこのネーミングはマズイですよね。

明らかに嘘やから。




私も前回の記事でミルクをクルミに変えましたけど、

あれも商品ではありますがマジック商品だから成り立つわけでね(笑)

ミルクをクルミに変えたように見せられるマジック商品、

という前提を消費者側も分かっているから問題ないわけで、




このマスクもマジック商品として出せばよかったのに(違)





何でもかんでも素直に信じて騙される系の人もいますからね。

そういう人たちを守る組織が、たしか国にあったような気がしますがどうなってるんでしょうか。





あと、洗わずに一週間使用できるとか何その不潔仕様。

健康を病気に変えるマスク??






空気と一緒に花粉が変な布を通過しただけで水に変わるような現象が可能なら、

マスクみたいなちっちゃい商品じゃなくて

もっと地球環境のための壮大なビジネスがいくらでも思いつくし、

夢がひろがりんぐですよ。





というわけで、盛大に乗り遅れてしまいましたが、私もこう叫ばせて頂きます。





「インチキ」!!「疑似科学」!!「トンデモ」!!





テーマ : 怪奇・超常現象
ジャンル :

ウルオス スキンホワイトニングを使ってみた






こんばんは。

パンT(パンスポリンTの略)

むむです。





こんな商品を試してみました。



大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンホワイトニング 2.5g (医薬部外品)




こういった商品はあまり興味がないのですが、

モニターでタダでもらったので試しに使ってみました。



トラネキサム酸配合の、シミを防ぐ系のやつですね。





使い勝手という点ではかなり良いですね。

ペンタイプで持ち運び便利だし、

1回に出す量も調節しやすいし、

手が全く汚れずにどこでも塗れるし。

こういう「気が利く」商品というのは非常に好感が持てます。





使用感としては、若干ピリピリしみます。

苦痛を感じるほどではないんですが、

なんかPHが割と酸性なのかな?って感じの感触です。

正直あんまり塗りたくない。(ぉぃ





効果としては、まあ予想通り、よく分かりません(笑)


そもそもトラネキサム酸を肌に塗って効果があるのかどうかについては、


個人的には全く信じてません。(ぉぃ





一応、「顕著に改善した」という研究結果もあれば、

「有意差なし&副作用あり」という結果が出たものもあります。

いずれも規模が小さかったりやらなんやら

医薬品の研究に比べればお粗末なものが多くてイマイチ判断しかねます。





昔から病院で、肝斑にトラネキサム酸を適応外処方している

市販薬で売ったら儲かるんじゃね?!

トランシーノ発売、まあまあ売れた

化粧品にも適当にトラネキサム酸入れてみたら売れるんじゃね?





みたいな流れで化粧品にもワラワラとトラネキサム酸が出てきたたと思うので、

効果うんぬんより利益優先で商品開発されてきてるだけな印象が強いです。




まあせっかくなので、もう少し使ってみようと思います。

顔半分だけに使ってるので、

顔の左右で大きくシミが違ってきたら、ちょっとは考え方を変えようと思います(笑)




そこまで顕著に変わったら逆に怖いけど。









テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク