3つの視点で見る「調剤ポイント」





こんばんは。


アラツー・・・さとり世代

アラサー・・・ゆとり世代

アラフォー・・・ニトリ世代

アラフィフ・・・看取り世代


寝取り世代むむです。





今月の日経DIにこんなのが載ってましたね。


●6割弱が調剤ポイントに反対 薬局経営者は78.4%が反対
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/dioclub/201704/550869.html



なんで今さらこのネタやねん。10年近く前のネタかよ。

という気がしなくもないですが、今年1月に

「1%まではオッケーよ~」という厚労省からの公式なアレが明確に出たので

こういうアンケートを取ったのでしょうね。




個人的には、

経営者的な視点で見るなら、賛成。

薬剤師的な視点で見るなら、賛成。

消費者的な視点で見るなら、どうでもいい。

っていうのが私の感想ですかね。





頑固に「反対」する意味が分からない。

反対派の中には、変化について行けない老害がある程度含まれているんでしょうか。

今さら調剤ポイントについてウダウダ言ってる時点で時代遅れ。






経営的な視点で賛成なのは、もちろんですよね。

ポイントで吸い寄せられる客・患者というのは一定数いるわけで、

差別化の一つとしては結構効果的です。即効性もありますし。




あと、薬局業界とかに限らずですけど、


グレーを攻めていく


って結構大事なんですよね。




30年ぐらい前は「薬九層倍」じゃないですけど、

薬は値下げしたらあかん、みたいな暗黙のルールみたいなのがあって、

個人の薬店が利益率の超良い薬を売って儲けてた時代がありましたけど、

そういう変なグレールールを破って安売りしてドラッグストアが成長してきた背景がありますよね。

結果、個人で売薬やってるような薬店はことごとく淘汰されていきました。




調剤ポイントもそうで、

明確にダメとされてないけどなんとなく業界があかんとしているだけのグレーな部分って

いち早く破っていかないと負けるんですよね。

薬のネット販売にしてもそうでしたし。

業界の反発はもちろんあるし険しい道ですが、いずれそれが当たり前になるので、

グレーを見つけていち早く切り開いていくのは大事です。





薬剤師的な視点で賛成というのは、

「面分業」や「かかりつけ薬局」と親和性が高いからです。

これはわざわざ書くまでもないでしょうけど、

病院ごとの門前で薬をもらうより、どうせなら家の近くのポイント付く薬局で全部貰おう、

という動機づけのひとつになりますので。






消費者的な視点では、本当にどうでもいいです。(ぉぃ


ワタクシ個人は、ポイントごときで動かされるような人間ではございませんので(笑)




テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

「差別化」とは、勇気である。





こんばんは。

なご~り~雪~も~ 振る~時~お尻~

むむです。





唐突ですが、

差別化、っていう言葉が、なんか軽々しく使われまくってる気がするんですよね。



色んな企業が差別化って言ってますけど、

本当に差別化らしいことをできてるトコなんてほんの一握りだと思うんですよね。




ドラッグストアでいくと、

私の知る限りでちゃんと差別化できてるのって、コスモス薬品ぐらいですかね。

あとはその逆で言うならウエルシア。




コスモスは、典型的なコモディティ型というか、

徹底的にコストダウンして販管費最少でエブリディロープライス、みたいなイメージですよね。

薬剤師を殆ど雇わないのはもちろん、

クレジットカードもポイントカードもやらないというローコストの徹底っぷり。

「安さ」というジャンルで徹底的に差別化してる感じですね。



ただ、この「安さ」というジャンルで勝負しようとすると、

極端な話、最終的には1社しか生き残れなくなるので、

今のところコスモスが一人勝ちしてるような気がしますね。




差別化にはそういう、

安さ、早さ、便利さ、みたいな、「お手軽系」と、

その逆で「商品系」とあるんですけど、

商品系っていうのは、ドラッグストアで言えば、

知識とか接客とか、そういう専門性みたいな部分ですよね。調剤併設とか。




そっち方面に行ってるのがウエルシアを代表する企業です。

そっち系は他にもツルハとかスギ薬局とか色々ありますけど、

敢えてウエルシアを挙げたのは、



24時間営業



です(笑)




もうね、私からしたら頭おかしいんじゃないかって思うんですよね。

この、AIやらロボットやらドローンやらICTやらの時代に、

人間の仕事をもっと減らして楽しようぜという時代に、

逆に人間の働く時間を延ばすとかバカじゃないのと思うんですよね。




ただ、その時代の逆を行くことこそがまさに「差別化」なんですけどね。

世の中の大多数と違うことをやるのが差別化ですし、ビジネスの基本と言ってもいいかもしれません。




なので、ウエルシアがやろうとしてることは頭おかしいですけど、

差別化しないことには、ドラッグストア企業数減少の時代に生き残っていけないですから、

頭おかしいことをやるという「勇気」は非常に好感が持てますね。

それが結果的に成功するか失敗するかは置いといて。




飲み会で全員が「とりあえず生で~」とか言ってる中で、

自分も生で、とか言って流されてる奴は差別化できないタイプなんですよ。

そこでカシオレを頼める「勇気」があるかどうかなんですよね。




あと、差別化ついでにもう一つ書くと、

「手軽系」と、「商品系」と、もう一つ「密着系」っていうのもあるんですけどね。

美容室で例えるなら、

「手軽系」・・・安さ、早さとか

「商品系」・・・カットの腕、知識とか

「密着系」・・・客の顔覚えてる、「いつもの」で通じる、みたいな。

差別化って色々思いつくけど、だいたいこの3種類に集約できそうな気がしますね。






まあ私自身はどうなのかと振り返ってみると、

飲み会で一人だけカシオレを注文するとかいう以前に、

会社のしょーもない飲み会なんかにはそもそも参加しない

っていう「勇気」が必要かもしれないですね(笑)




テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

交通費清算の自動化





こんばんは。

オナルドダック

むむです。





こんなのを見つけましたよ。



●交通費精算は“全自動”の時代に、予定表に訪問先を入れるだけ――APIエコノミーで進化するクラウドサービス
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1609/08/news148.html



交通費清算ってホントめんどくさいですよね。



毎日決まった場所に通勤するだけの人なら関係ないんですが、

毎日通勤場所が違うような人にとっては、本当に面倒な作業なんですよね。




もうね、こういう改革があればいいのに、って私が前から思ってたことがそのまま形になってる(笑)

そうでなければ私専用の秘書を雇おうかと思ってたこともありました。

基本的に「無駄」なことに対しては超面倒くさがりなので。。




私で言うと、毎日違う店舗に応援に行ったり、

一日に自分のエリアの数店舗巡回して指導や問題解決したりするような感じなので、

交通費清算の作業量ハンパないんですよね。

しかもその私の交通費清算の作業自体にも私自身の人件費かかるじゃないですか。

その生産性の無さが本当に空しくて。




清算してるのに生産してないですよね。(寒)






まあ、エクセルを超駆使して、

行先の店舗名をプルダウン選択するだけで自動的にガソリン代を算出してくれるように組んだりとか、

エクセルでできる範囲での工夫はめっちゃやってますけどね。

それでも高速代のETC明細や駐車場代の領収書とかは紙で経理に送ったりとか、

理解不能なことが多すぎて。




そういう、無駄なこととかめんどくさいことをやりたくない、という強い思いから新たなイノベーションが生まれるわけで、

こういうのがもっといろんなことに拡がっていけばいいなと思いますね。





テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

会社に必要な人なんていない





こんばんは。

いとしさとせつなさとたけのこのさと

むむです。





5月ですね。

五月晴れが気持ちいいですね。

5月病の季節ですね。




もう私なんかは、変にストレス耐性がついて五月病とは無縁の鈍感な感じになってしまいましたけど、

若い人なんかはたまに思い悩んでる人がいたりしますね。




一度こんなことを言う人がいました。




「私って、会社に必要ないんでしょうか?」





なんていうかもうね、メンドクサイやつですよ。

こういうことを言い出す負の人間とは極力関わりたくないんですが、

立場上関わらないわけにはいかない時もありまして。





会社に必要無い人なんていない





というのがたぶん模範解答なんでしょうけど、

私的にはなんか違う気がするんですよね。

むしろ、





必要な人なんかいないんじゃないかと。





変わりなんていくらでもいるでしょ。

辞められると一旦は大変になるけど、

なんやかんやで代わりが補充されたりしてなんとでもなっていくんですよね。




この人がいないと会社が潰れる、みたいな人ってまず居ないですよね。

創業社長でさえ、変わったってなんとかなるし。むしろ変わった方が良かったりするし。

会社にとってなくてはならない人なんて、ホントの所まず居ないんですよ。




他の人より仕事ができなくて悩んだりすることもあるかもしれないけど、

そんなの、もうちょっと広い視野で見たら

意外とドングリの背比べだったりするんですよね。

会社にとってはそんなの1.00と0.99の違いぐらいですから。

細かいことにこだわりすぎる真面目な人はそこが盲目になりがちですけど。



大した人間なんていないんだ、と気楽に生きればいいということで。





そういえばうちに新しく高校生の学生バイトとか入ってきて、

20歳も年下かとか考えてたら死にたくなりました(汗)



もしや私みたいな古い人間、会社にとって要らないのかも(ぉぃ





テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

自称医療ジャーナリスト(笑)の面白ツイート






こんばんは。

ワキ見運転=助手席の女の子のワキを凝視

むむです。





今日はオモシロツイートの紹介です。


https://twitter.com/itoshunya/status/650996676094619648


「日経新聞の夕刊 就活のリアル 企業のインターシップの実態から。
市外局番の概念もFAXの送り方を知らない男子学生、急須でお茶を入れたことがない女子学生、
驚きの連続だが家庭では一体何をしているのか?これが文科省の教育の成果か?
日本人が壊れ始めているのか?先ずは親の教育が必要だな!」





悪い意味で有名な(?)
自称医療ジャーナリスト(笑)の某氏が書かれたツイートです。



このお方のツイートは非常に面白いものが多くて、
たまーに見たくなる時があるんですが、たまに見てみたらまた面白い発言をなさってました(笑)



市外局番の概念
FAXの送り方
急須でのお茶の入れ方



これらを知らない学生を批判されてますが、




もうね、アホかと。(笑)




ケータイの時代に市外局番とか、
ペーパーレスの時代にFAXとか、
ペットボトルの時代に急須とか、

今の学生が知らなくて当たり前やん。もはや知ってる方が変態。

もしそれらが必要な会社に就職したのなら、働きだしてから知ればいいだけ。
たいしたスキルじゃないですしね。



そういう学生をバカにするなら、じゃあ何か、




お前は洗濯板の使い方を知っているのかと。





それぐらい時代遅れなことを言ってるんですが、その自覚は全然ないみたいですね(笑)


こういうのを老害と言うんですね。





っていうかそもそも、
ワタクシはオフィスでデスクワークというものをしたことが無いんですが、

お茶くみとかって今の時代でもあるものなんですか?!

古いテレビドラマの中だけかと思ってましたが(笑)


お茶なんて、それぞれ好きなものをペットボトルで買ってきて自分のデスクに置いときゃええやん。

急須で湯呑に入れられたお茶なんて、いつひっくり返して大惨事になるか分からないし、
むしろそんなものをデスクに置いときたくないですけどね。





FAXにしてもそう。

わざわざ紙にプリントアウトして、その紙をFAXで送って、手元に残った紙をシュレッダーして、とか



狂気の沙汰。



最初からネットで送れよと。


先方もFAXで送ってこられたらその紙をスキャナで取り込んでからシュレッダーでしょどうせ。

相手の迷惑も考えろと。





ただ、未だに古くさい会社ではFAXが大活躍してるとこもあるでしょう。

老害は自分たちの古さに気付かないですからね。

そのダメさに一番気づけるのが、学生だったり新入社員だったりするんですよ。

先輩、ここをこんな風にIT使った方が効率的っすよ、みたいな。

FAX知らない若者を馬鹿にするよりも、若者だからこそ持ってるようなスキルを尊重しないと、

会社は良くなっていかないでしょう。






お茶くみなんてね、毎日毎日下っ端がやるような仕事じゃないんですよ。無駄無駄。




逆に、




たまにやる。しかも社長が。「ごくろうさん」とか言いながら。




こういう感じならお茶くみもやる意義はありますけどね。






テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク