FC2ブログ

メールやLINEの通知はOFFにしましょう





こんばんは。

アフリカの裸の民族って、何を見て興奮するんだろう

むむです。




さてさて、ちょっと前にこんな記事がありましたね。



●勤務時間外のメール規制 NYで条例案、仏・伊は法律 「つながらない権利」労働者に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37053910Z21C18A0MM0000/



うーん。ちょっと言ってることの意味がよく分からないんですけど、




メールが嫌なら見なければいいだけじゃないの?!




メールの利点って自分の都合のいいときに処理できる所じゃないですか。

勤務時間外にやりたくない人は、メールの確認をしなければいいだけでしょ。

法律まで動かさないといけないことなのかね??




私自身も、仕事のメールやLINEは毎日何通もやりとりしますけど、

忙しくて都合の悪いときは見ないし、返せるときはまとめてガーっと返したりします。



メールにしろLINEにしろ、私のオススメは、




通知をオフにすることです。




いちいち通知が来るから気が散るし、

気になってしまって、すぐに見なくてもいいメールやLINEを見てしまうので、

通知を全て切っておく事がおすすめです。

そうすると、自然と完全に自分の都合でコントロールできますからね。

急ぎの事項なら電話が来るし、メールで送ってくるということは返信が24時間後になっても極端な話大丈夫です。



法律とかよく分からないことに頼らずに、

メールの管理ぐらい自分でコントロールしましょう。



もちろん、勤務時間外に返信を「強要」してくるような会社なら、

それは完全にアウトだし、そんな会社辞めればいいと思います(笑)



まあね、LINEに関しては、通話がLINE派の人がたまにいますよね。

そういう人のために、一括通知オフじゃなく、個別にオンオフもアリだと思いますね。




要は、現代社会は、いかに通知を切って自分の時間を邪魔されない環境を作るかということが大事ですね(笑)

逆に、自分の欲しい情報(割と重要で急ぎめのもの)だけが、通知で来るようなね、

スマホはそういう環境を作れますし。




ちなみにアダルトな情報は通知全開でお待ちしておりますので宜しくお願い申し上げます(何)



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

スーツに手さげバッグは非常識、革靴もダメ




こんばんは。

人生の3分の1は睡眠、3分の2は性行動

むむです。




ちょっと面白い記事があったので紹介します。



●野暮SEのためのファッション指南
スーツにリュックは非常識、合成皮革の靴もダメ
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00481/102600005/




リュックが全否定されてますね(笑)

他人から正当な評価を得られないということが理由のようです。

筆者はリュックより手さげカバン(しかも肩ヒモ無し)を推してますが、




手さげカバンの方が非常識でしょ。




リュックだと両手がフリーになるけど、手さげカバンだと片手がふさがるわけですよ。

私なら、カバンだけで判断するなら、

リュックを背負ってる人間の方が合理的で仕事ができると判断しますけどね。



手さげカバンでも肩ヒモは必須でしょ。肩ヒモ無いカバン持ってる人間とかバカとしか思えない。



スーツが傷むとかそんな訳分からない理由で片手を犠牲にするとか本末転倒ですよね。

仕事で着る衣服なんか傷んで当たり前やろ(笑)




まあそもそも、荷物をいっぱい持ち歩く人間というのは私の中で評価が低いんです。

資料なんかクラウドに入れとけば紙は要らないし、

ノートパソコンや充電器は状況によっては必要かな?ぐらいで、他に何か要ります??

カバンに荷物パンパン、っていう人も、仕事出来ない典型だと思います。



泊りの出張とかなら別ですけどね。

そうでなければ、カバンに荷物パンパン、っていう状況はおかしいし、リュックも要らない。




上の記事は、他人からの評価とか、「常識」とかばっかり気にする典型的なクソ記事ですが、

他人からの評価よりもまず自分の評価を大事にしましょう。

「手がふさがって不便だけどこれが『常識』だから我慢・・・」とか訳分からないことしてても、

イエスマン好きには評価されるかもしれないけど、

今どき改善提案もできないイエスマンなんて「お荷物」でしかないですからね。




カバンだけに。



(全員無視)




テーマ : 知らなきゃ損するよ
ジャンル : ビジネス

むむ的に最強の手帳はコレだ





こんばんは。

早寝早勃起

むむです。




今日は、最近使ってみて良かったオススメの文房具を紹介します。




ワタクシ一応、自分の荷物は、極力紙類を減らして、

だいたいスマホかPCかクラウドに入れてるんですよ。

なので、保健所に持っていくような公的な書類とか以外は

あんまり紙類を持つ歩くことはないんですけど、唯一仕事でいつも持ち歩いている紙類が、



手帳なんです。



まあ手帳もデータでええやろ、と突っ込まれそうですが、

これだけは紙の方が個人的に便利なんですよね。

目的、目標、中長期的なやることリストとか、問題点とか、進捗とか、

色んなことをその都度頻繁に書いたり修正したりリマインドしたりしてます。




ただ、カレンダーとかスケジュール管理はスマホのカレンダーアプリで一括してますので、

紙の手帳には、個人的にカレンダーは不要なんですよ。

なのに、本屋とか文房具屋とかで売ってる手帳って、絶対カレンダーのページがついてますよね。

マンスリーだったりウイークリーだったり、むしろカレンダーが殆どやろ、っていう手帳ばっかりなんですよ。

使えるページがほとんどない。

毎年買わせたいという手帳屋さんの陰謀かもしれないですけどね(笑)




あと、カレンダー以外にも、色んな余計なページがついてますよね。

電話帳とか、路線図とか、年齢早見表とか、印紙税額一覧表(?)とか、

もうね、スマホがあればいらんやろ、っていう無駄なページばっかりなんですよね(笑)




余計なページは要らなくて、むしろ全ページが白紙の手帳が欲しい!!

と思ってずっと悶々としてたんですけど、最近こんなのを見つけました。




ZEQUENZ/ジークエンス360





コレ最強ですよ。

色とか厚さ(ページ数)とか大きさとか、結構種類があって自分の好みに合わせやすいです。


全ページが完全にブランク(白紙とか横線とか方眼とか)なので、私の要望をかなえてくれます(笑)

しかも見た目がビジネス手帳なので、違和感ないですし。



あと面白いのが、カバーが超柔らかい素材で出来てて、ぐにゃーと曲げて使えるんですよね。

リングタイプじゃないのに360度折り返せるという不思議。

コレはどっちでもいいかなと思ってたけど、使ってみると意外と便利です。

意外と、曲げて持てるものって曲げて持つんだなと(笑)

任意のページを開けっ放しにもできますし。




よくある、ヒモのしおりは付いてないです。

その代わりマグネットしおり(なんとコレも曲がる)が付いてます。

まあ個人的にしおりはどっちでもいいです。(笑)




とにかく無駄なもの、余計なものを排除して、

使いやすさを追求した手帳ですので、

こういうのが欲しかった!!っていう人はどうぞ。




あと手帳の名前が、私の小中学校の時のあだ名に似てて

ちょっと親近感が湧くのもオススメポイントです。


(知らんがな)




テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

闘う戦士(もの)たちへタイを込めて





こんばんは。

世界の中心でタイを叫ぶ

むむです。




今日はね、下ネタは封印して、ちょっと真面目な話をしますよ。




去年の9月頃に、ワタクシ、ネクタイに関するツイートしたんですよ。

もうどういう経緯でそのツイートをしたのかも覚えてないですけど、

ネクタイの存在意義が分からん的な、

女の子を縛るぐらいしか使い道ないやろ的な内容のやつ(笑)




そしたら、それにエアリプを下さった方がいまして。

とある忍者系薬剤師の方なんですけどね。

しかもエアリプだったもんで、私がそれに気づいたのはだいぶ後になってからなんですけどね。




曰く、



ネクタイは兵士が無事に帰還できることを願って首に巻いていたスカーフが起源なので、

職場という戦場から無事に生きて帰る意志を表すものなのです。




ということらしいです。

へえぇぇぇぇぇ!!

そんなの聞いたことなかった(興味もなかった)のでね、とても勉強になりました。




「職場という戦場」

という表現がまた、なんかこう現代社会への皮肉ですよね(笑)

直接的にも間接的にも、職場に殺される人が多いですからね。



私は職場を「戦場」とか、考えたこともなかったですけどね。

いやまあ、真面目に仕事はしてますよ(笑)

ただ、「戦場」とはちょっと違いますね。

そこまで生死をかけるほど本気になってないというか、むしろ私的にはゲームとか遊びの延長。

起業するぐらいの本気度の人は、本当に生死をかけた戦場なのかもしれないですけど。




というわけなもんで、せっかくの忍者先生の有りがたいお言葉を踏まえても、

私にはネクタイは不要ですわ(汗)


ただまあ、してないと自分が不利益を被る場合があるから、

クールビズ以外の季節はしてますけどね。




ただもう、100均のネクタイ1本にしてます(笑)

毎日同じネクタイ。しかもダイソー。




ネクタイ1本に5000円もかけるのはバカ、100均でじゅうぶん。

っていうのは昔から私がよく言ってることですが、

もうね、こないだまでの秋冬は1本しか使ってません(笑)

ネクタイ何本も要らない、1本でじゅうぶんです。毎日同じやつ。




スティーブジョブズや加藤一二三九段じゃないけど、

服を選ぶようなどうでもいいことに意思決定のエネルギーと時間を使いたくないじゃないですか。

ネクタイもね、それと同じでもう1本でいいんですよ。

もっと他に大事な意思決定がいくらでもありますから。




職場は戦場じゃないし、ネクタイもどうでもいいし、

生死をかけるほどの価値はないです。




精子はぶっかけるけどね。



(結局下ネタ)




テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

愉快な反感か、無難な共感か





こんばんは。

ジャンケンポン!あっち剥いてホイ!

むむです。





午後ティーのツイッターが軽く炎上してたみたいですね。




●「モデル気取り」に「仕切りたがり」 キリンビバレッジ、“午後の紅茶”のPRツイートイラストが女性蔑視と炎上
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/01/news055.html





私個人的には、こういう皮肉たっぷりなネタ大好きなんですけどね(笑)

いや、別に女性蔑視とかではなくてね、

ターゲットはチャラ男でもキモイおっさんでも何でもいいんですけどね。

変な人たちをネタにするのは誰だって面白い。




ただまあ、企業のツイートとしては反論も買うでしょうね。

そんじょそこらの絵描きさん個人がこのツイートしてたとしたら、むしろウケてたと思うんですよ。

いるよね~こんなやつ(笑)で終わると思うんですけど、

やはり企業となると世間は厳しいですわな。





けど、反論してるのはごく一部の人たちだということは認識しておかないといけないですけどね。

こういうのに過剰に反応する人って、自分に心当たりがある人なので(笑)、

まあ少数派ですわな。大多数の人間は何とも思ってないでしょう。

炎上なんてごく一部の人間が騒いでるだけですからね。



あとは、ターゲットがたまたま女性だっただけですけど、

フェミニストが行き過ぎたような人たちも言ってくるでしょうね。

それに関しては、例えばおっさんがネタにされてたら性差別という問題にはなってなかっただろうし、

全く気にする必要はないと思います。





問題は、企業側が意図して炎上させたかどうか、ですね(笑)

何か狙いがあって炎上させたのなら面白いし、むしろ応援したいですけど、

すぐに謝罪&削除しちゃったから、そういうことじゃないんでしょうね。


普通に真正面からPRしたいのであれば、やはり王道は「共感」だと思うので、

星占いや血液型診断みたいな、いわゆる「バーナム効果」的なものを利用して、



「あ、そうそう、当たってる!」

「まさに今の私にぴったりだわ!」



みたいなね、共感を引き出して、

そういう方にはレモンの午後ティー、みたいな、

なんかベンザブロックみたいになってますけど(笑)、

つまり「共感」を利用したPRが王道なんじゃないかと思いますけどね。

女性をターゲットにするなら特にね。バーナム効果もよく効くし。






まあそれでも個人的には、ちょっとぐらい面白い人をネタにして炎上するぐらいの尖ってたほうが好きですけどね(笑)




テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク