FC2ブログ

「やらないといけないけど気分が乗らない」を抜け出すためのやる気を出す究極の方法






こんばんは。

自慰識過剰

むむです。





さてさて、皆様も色々と、勉強や仕事などなど、

やならいといけないことなんだけどやる気が出ない、ということありませんかね。

やらないといけないけど気分が乗らずいつも後回しにしてしまうというか。




そういう時にどうやってモチベを上げていくか、という話なんですけども、

ひとつ紹介したいのが、こんな考え方があります。




クレペリンという人が言い出した考え方で、

「作業興奮」

というものがあります。

クレベリンじゃないよ(笑)




どういうことかというと、



いったん始めてしまえば、そのあとはするするとスムーズに続けられるというものです。



やる気が出たらやろう、と思って先延ばししても、結局やる気は出ないんですよ。

とりあえず、5分だけでも、とりかかる、手を動かす。

そうするとどんどん作業興奮で、できるようになる。



一度始めてしまえば、続けることは難しくない、ということです。


つまり、



やる気が出ないときにやる気を出す一番の方法は、「やること」。



でも、やる気が出ないからやらないのに、そのやる気を出すためにやると言うけど、

そのためのやる気はどうやって出すの?というツッコミがありますよね(謎)




一つ方法があって、全ての欲求を報酬に変えるという方法があります。

YouTube見たいな、ゲームしたいな、お菓子食べたいな、トイレに行きたいな・・・

みたいな、その時その時で色んな欲求があると思いますが、

この作業をとりあえず最初のここだけやったら、トイレに行こうみたいな感じで、

全ての人間には何かしらの欲求がある、それを報酬に変えると、始めることができるというものです。




一旦始めてしまえば、作業興奮の理論で続けることができる。

始めてしまえばもう半分終わったようなもので、あとは割とらくに続けられます。

そのとっかかりとして、欲求を報酬に変えて自分を動かすということです。





そしてもう一つ言いたいことがありまして、




途中で中断した時に、すぐ取り掛かれる方法




です。




何か作業や仕事や勉強をやって中断した時に、再開するときにやる気が出ない、ということありますよね。

終わらせ方を工夫することによって、もう一回取り掛かるのが楽になるという話です。



ツァイガルニク効果(Zeigarnik effect)



と言ったりしますけど、

人は達成できなかった事柄や中断している事柄の方を、

達成できた事柄よりもよく覚えているという現象のことです。




きっちり終わらせるよりも、途中で中断したことの方が記憶に残る。

記憶に残ってるってことは、頭のどこかにあって気になってる。

完結したことはすっかり頭から抜ける。

つまり、中途半端なところで終わらすことによって敢えて記憶に残して、気になる状態にする、

そうすることによって、もう一度取り掛かるのが楽になる、というものです。




例えば読書なんかでも、1章が終わったきりのいい所で終わるんじゃなくて、

次の2章もちょっと見てみてから終わるわけです。そうすると次が気になる状態を作れます。




テレビドラマやアニメでも、いい所で終わりますよね。

いい所でCMが入ったりする。

次回の予告をちょっと見せて終わる。

それは、完結しないところで区切って、次回への興味を持たせるためです。



これをうまく使って、勉強や仕事に役立てましょう。



キリのいい所で終わらずに、次をちょっとかじってから終わる。





因みに次回のブログは、とある村の話をしようと思うんですが、

村に、とある偉い人がやってくるという話になって、その方をワインでもてなs




それではまた次回!


(中途半端な終わり方で)



| むむろぐさーどホーム |