FC2ブログ

これを読めば「実践薬歴」は買わなくていいです






こんばんは。

マブ勃ち

むむです。




さてさて、一部の薬剤師の間では、

誰も教えてくれなかった実践薬歴

なる本が噂になっていますね。


ただ、私の知人(リアルもネットも両方)は誰も買ったという人を見たことが無いので、

買ってるのはごく一部の薬剤師なんでしょう。




まあ、「薬歴」で悩むのって、実際、

薬局薬剤師1年目とか2年目とか、若い人だけだと思うんですよね。

私みたいに十数年やってると、薬歴本なんて全く興味そそられないですしね(笑)


あるいは、めっちゃ年配の薬剤師とかだと、そもそも「薬歴」というものが無かったので

そういう人たちも悩んでいる方はいるでしょうね。




というわけで、薬歴について、私の考えを書いてみます。





まず大前提、薬歴を何のために書くかということですが、目的は大きく分けて2つあります。



1つは、①患者のため。

もう1つは、②お金の為です。




①は改めて説明は不要だとは思いますが、

収集した色んな情報を元にその薬物治療がその患者に適切かどうかを判断する材料として記録を残しています。

逆に言えば、「患者のため」にならない自己満な記載は不要です。




②は、報酬の根拠となるものです。

薬局薬剤師の仕事は、モノを売る仕事じゃなくて、知識や判断など、形にならないものを提供するサービスなので、

提供したという証拠や根拠を残しておく必要があります。

そうでないと不正請求になりますからね。


「お金のためだなんて汚い!」なんて低次元なツッコミは無しでお願いします。

お金が何のために必要か、なんて当たり前のことはここでは説明しませんが、

めっちゃ端折って言うと、企業が利益を稼ぐことの、一番の目的は「社会(=患者)のため」です。




上記2点が大きな目的です。

患者のための活用をしつつ、各種加算の算定要件も満たすように記載して、なおかつ

短時間で書く、これが大事です。



やたら長文を書いたり、時間をかければいいというものではないし、むしろ逆です。

長文なんか書かれても読まないし、書くだけ無駄です。

一枚2分で終わる薬歴に10分かけるのは、仕事ができない給料泥棒です。




「患者のため」、「お金のため」を満たしつつ、

最低限の記載内容と最低限の時間で終わらせる、

コレが薬歴において最も重要なことです。




「書くことそのもの」が目的になってしまってはいけません。






「薬歴がうまく書けない」という悩みに関しては、原因はいろいろあると思いますが、


①知識が無い

②思考力・判断力が無い(何も考えていない)

③アウトプット力が無い


だいたいこのどれかだと思うんですよね。



①のようにそもそも知識が無いと、考えたり判断したりすることができません。

知識があっても、②のように考えることをしていないと話になりません。

ただ、薬剤師になりたての人ならともかく、そうでなければ

①や②でつまづいている人はいないと思います。

薬剤師の仕事そのものですからね。何も考えずに仕事をしてるなんてありえないので。



なので、薬歴が書けないということはほぼイコール、③の「アウトプット力がない」

のかなと思います。



POSだとかSOAPだとか、ローマ字ばっかりでややこしいよーみたいな事だと思うんですよね。

わたしもソープと言えば薬歴じゃなくてソープランドですし。




POSが何の略だとか、SOAPが何の略だとか、そんなことはどうでもいいんです。



①患者にどういう事実(主観/客観)があって

②それを自分(薬剤師)はどう考えどう判断して

③どう行動したか



コレだけです。これを超簡潔に書くだけ。



何を悩むことがあろうか。




自分の「考え」がしっかりしてれば、「書くこと」って一瞬で終わるんですよ。

ブログでもそうですけど、私はよく

「ブログは1件10分で書いてる」

とか言ったりしますけど、別に誇張でも何でもなくて、

普段考えていることを出すだけだからすぐ書けるんですよ。

何も考えることなしにパソコンに向かったって、いつまでたっても終わりません。



それと同じで、ちゃんと患者と処方を見て話をしてしっかり考えて、

頭の中を整理すればアウトプット自体の作業は一瞬で終わります。






それから、

「ずっとDo処方だから書けない」

っていう悩みをよく聞きますけど、ちょっとマテと。

薬が変わらないと書けないというのは、



患者を見ていない証拠です。



薬しか見てない。



薬を通して患者を見るんじゃなく、

患者を通して薬を見るようにすれば、ネタはいくらでもあります。



というか、基本的にDo処方が当たり前でしょ(笑)

そんなにコロコロと毎回薬が変わってたまるか。



処方はDoでも、患者は絶対にDoでは無いんです。

患者の心理状態とか、薬や治療や疾患やコスト等に対する考え方とかは常にDoではない。

そこへアプローチしていけばいいんです。




ヒントは、「生活像」や「価値観」、「目的」です。


そういった情報は新患の時にいきなり得られるものじゃなく、

繰り返し対応していくうちに徐々に分かってくるものです。


患者の生活像や、患者の価値観、患者の治療上の目的は、

人それぞれ全然違います。

その目的に合わせてこちらが何をしていくかということです。



あ、「目的」って、血圧がどうとかみたいな数値目標という意味じゃないですよ。

あくまで「目標」じゃなく「目的」です。

みんな大好きな「真のアウトカム」みたいなもんです。





あとは、薬歴の「流れ」を意識することですかね。

患者個別の「目的」に対して、どういう方向に向かっててどれだけの進捗があるとか、

流れを意識すること。

処方がDoだからと言って患者は同じ場所にずっと立ち止まっているわけではないということです。




薬局薬剤師の中にはOTC接客をしたことが無い人も多いかもしれませんが、

基本的にOTC接客は、一期一会です。(常連で顔見知りになったら別ですが)

なので、全て1から情報収集をして判断をします。

調剤はそうではなく薬歴の「流れ」があるので、そこはメリットとして大いに活用すべきです。

欲を言えば、その「流れ」とどこに向かってるかが一瞬で見てわかるような「表紙」になってるとベストですね。





うん、まあ、書き出すとキリがないですが、本を出版する気は無いのでこの辺でやめておきます(ぉぃ





ちなみに私は、例の「実践薬歴」の本は買ってないです。

本当はちゃんと読んで、「実践薬歴を買ってはいけない」みたいなブログを書きたかったですけどね(笑)

買ってない理由は4つです。



①著者の前作の鈍器みたいな「実践薬学」の内容が微妙で買ってすごく後悔した

②「薬歴」という今更な内容に全く興味が持てない

③なのに高い

④電子版が無い




もうね、④が一番テンション下がりますね(汗)

メルカリで裁断済みのやつを安く買ってすぐ捨てようかとも思いましたけど、

タイミング悪く買えなかったのでめんどくさくなって諦めました(ぉぃ





というわけで新米薬剤師の皆さん、「実践薬歴」は素晴らしい本ですので

一人3冊ずつぐらい買いましょう!!

(説得力ゼロで)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

堀江貴文「多動力」を読んでみた





こんばんは。

手持無沙汰の「ちぶさ」の部分が好き

むむです。





さてさて、今日は最近読んだ本の紹介です。



●多動力   
http://amzn.to/2pEaqsb





いやー、実は読書に関しては、今年はですね、



1か月に1冊まで



という制限を設けてます(笑)


電子書籍で本を読むようになってから、

スマホひとつでいつでもどこでもスキマ時間でサクサク本が読めるから、

ほっとくと際限なく読んでしまうんですよね。

あまりそっちに時間を取られると他のことが進まないので、

1か月に1冊まで、と制限をかけてみてます。



まあ、仕事関係とか、必要に迫られて読むようなのは別として、

ビジネス書とか趣味の本とか、そういう軽~い類のものは1か月に1冊までにしてます。




さてさて、この「多動力」は今年1月に読んだものです。


ホリエモンの本は今まで立ち読みでパラパラ眺める程度で、

ちゃんと読んだことがなかったので一冊ぐらい読んでみるかという感じで読んでみました。



ホリエモン自体は好きでも何でもないんですけど、

考え方は結構似ているところがあるなと思いますね。



「多動力」という本がどういう本か一言でいうと、




色んなことをやって肩書きをいっぱい持とうぜ





という本です。




例えば、

「薬剤師」

っていう肩書き。


薬剤師という肩書き自体、ある程度ポテンシャルはありますけど、

でもその一つの肩書きだけじゃ、同じ「薬剤師」は日本に30万人いるわけですよ。

ただの「薬剤師」っていうだけでは、30万人に埋もれてしまうわけです。




それが例えば、

「4コマ漫画が書ける」+「薬剤師」

だったら、ぐっと人数減りますよね。

「座禅マニア」+「薬剤師」

でもいいでしょう。なかなかいませんよね。


他にも、

「お薬の味ソムリエ」だったり、「マジシャン」だったり、なんでもいいんですよ。

色んなことをやって自分の得意とすることを増やしていこうよと。



「薬剤師」というひとつのフィールドで頂点を極めるのは至難の業ですけど、

肩書を一つくっつけて「薬剤師マジシャン」となるとあんまりいないですよね。




そんな風に、どんどん色んなことをやって得意分野を増やしてオリジナルな自分を作っていこうぜ的な本です。

私の解釈では(笑)




この本、チャプターごとに細かく区切られてて、

一見、言ってるテーマがバラバラなようにも見えるんですけど、全てそこに行きつきます。

色々なことに手を出すには時間が要るけど、どうやってそんな時間を作り出すか、とかね。





ただ、この本、ホリエモン大好き人間にはむしろ必要ないんじゃないかという気がします(笑)

なんかこう、彼が普段ツイッターとかで言ってるようなことの寄せ集めなので、

ホリエモン信者ほど、目新しいものはないように思いますね。




私はホリエモン信者でも何でもないんですけど、

基本的に同じような考え方なので、



わざわざ買わなくても良かったです(ぉぃ




テーマ : **おすすめbook!!**
ジャンル : 本・雑誌

漢方薬キャラクター図鑑を買ってみた





こんばんは。

タコの足のうちの1本は生殖器。

むむです。





さてさて、先日こんな本を買ってみました。



自分にぴったりの薬が見つかる! 漢方薬キャラクター図鑑




漢方薬ひとつひとつをゆるキャラ化して、分かりやすく解説してあります。



読む前はなんか絵本みたいなイメージを持ってて、

待合いとかに子供向けに置いたらどうかなと思ってたんですが、

たぶん子供が見てもつまらないですね(笑)


漢方のことをあまり知らない大人向けです。





漢方のことを全然知らない人から、

登録販売者の勉強中、とか、薬剤師の新入社員とか、

それぐらいのレベルの人まで楽しめると思います。

OTCの漢方薬の接客をやってるような人には物足りないような内容ですね。




漢方って漢字ばっかりで全部一緒に見える、どうやって覚えたらいいのー??

っていう人にはちょうどいいかもしれません。

ゆるキャラの姿もちゃんとそれぞれの漢方の特徴を踏まえてデザインしてあるので、

絵から覚えることができるので覚えやすいかもですね。




更年期ぐらいの「桂枝茯苓丸おばさん」とか、

おなかの出っ張った「防風通聖散どん」とか、

杖からハートを出して怒りをしずめようとしている「抑肝散じいさん」とか(笑)


なかなか特徴とらえてて面白いです。




「薬選びがスッキリわかる」とか

「自分にピッタリの薬が見つかる」とか書いてますけど

それは言い過ぎです(笑)

たった52キャラしかいないのに選ぶもクソもないです。




あくまでバラエティとして楽しむか、超入門書としては使えますので

よろしかったらどうぞ(笑)




テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

「薬局で使える実践薬学」を買ってみた





こんばんは。

飲み放題より揉み放題

むむです。





薬剤師の間で大人気の、この本を買ってみました。



薬局で使える実践薬学



400ページ以上あり、なおかつA4サイズなせいか、この本のことを通称



鈍器



と呼ばれてますね(笑)



まあネタとしてならいいですが、そんな分厚いものを紙媒体で買うのはいかがなものかと思います。

Kindle版の方が安いしかさばらないし、

人を殴る目的でなければ、紙媒体で買う理由はないですね(笑)





肝心の内容ですが、一言で言うと




小ネタ集




ですね。


なんだろう、まあ、勉強にはなるんだけどわざわざ買うほどのものではなかったかな(汗)




日ごろ仕事をしていて疑問に思ったことを調べたりするじゃないですか。

そういうネタをただ寄せ集めただけなので、

あ、このネタ自分も昔調べたわ、みたいなのも結構あります。

なんていうか、世の中の薬剤師ブログに載ってそうな内容の寄せ集め的な感じですね。




まあそのぶん小難しくないので、とっつきやすくてウケがいいのかもしれないですね。

でもカテゴリでベストセラー1位になるほどの内容ではないかな~と。

値段も内容のわりに高いし(笑)




しいて言うなら、化学構造式と絡めて話を進めてる点が若干特徴的ですかね。

あまり構造のことまで書いてある本って少なめなので。




amazonレビューやtwitterでベタ褒めされてるほどの価値は正直ないけど、

小ネタや雑学が好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

人は殴らないようにしましょう。



テーマ : 薬の話
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「約束のネバーランド」が面白い





こんばんは。

原宿でひやとい

むむです。





最近はあんまりマンガを読まないんですが、

なかなか面白い漫画を見つけたので紹介です。



約束のネバーランド




可愛い絵なんですけど、実はミステリーというかダークファンタジー系です。

普通の孤児院かと思ってたら、実は・・・

みたいなことになって、子供たちが施設から脱出を試みるような内容です。



心理戦も面白いですし、作画の演出もうまいですね。

お話の内容も絵も両方気に入りました。

まだ1巻しか出てないのに結構人気みたいですね。





なぜかPVまで作られてました↓(笑)


●「約束のネバーランド」大人気御礼!記念PV
https://www.youtube.com/watch?v=XZTtJaJwkJQ




進撃の巨人の世界観をもうちょいコンパクトにしたような印象もありますけど、

進撃は漫画家の絵がひどくて読んでると結構疲れるんですが、

こっちは絵もうまいので見やすいです(笑)




kindle版も出てますので、サクッと読めて便利です。

正統派な王道ジャンプより、ダーク系の方が好みな人はぜひ。




テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク