漢方薬キャラクター図鑑を買ってみた





こんばんは。

タコの足のうちの1本は生殖器。

むむです。





さてさて、先日こんな本を買ってみました。



自分にぴったりの薬が見つかる! 漢方薬キャラクター図鑑




漢方薬ひとつひとつをゆるキャラ化して、分かりやすく解説してあります。



読む前はなんか絵本みたいなイメージを持ってて、

待合いとかに子供向けに置いたらどうかなと思ってたんですが、

たぶん子供が見てもつまらないですね(笑)


漢方のことをあまり知らない大人向けです。





漢方のことを全然知らない人から、

登録販売者の勉強中、とか、薬剤師の新入社員とか、

それぐらいのレベルの人まで楽しめると思います。

OTCの漢方薬の接客をやってるような人には物足りないような内容ですね。




漢方って漢字ばっかりで全部一緒に見える、どうやって覚えたらいいのー??

っていう人にはちょうどいいかもしれません。

ゆるキャラの姿もちゃんとそれぞれの漢方の特徴を踏まえてデザインしてあるので、

絵から覚えることができるので覚えやすいかもですね。




更年期ぐらいの「桂枝茯苓丸おばさん」とか、

おなかの出っ張った「防風通聖散どん」とか、

杖からハートを出して怒りをしずめようとしている「抑肝散じいさん」とか(笑)


なかなか特徴とらえてて面白いです。




「薬選びがスッキリわかる」とか

「自分にピッタリの薬が見つかる」とか書いてますけど

それは言い過ぎです(笑)

たった52キャラしかいないのに選ぶもクソもないです。




あくまでバラエティとして楽しむか、超入門書としては使えますので

よろしかったらどうぞ(笑)




テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

「薬局で使える実践薬学」を買ってみた





こんばんは。

飲み放題より揉み放題

むむです。





薬剤師の間で大人気の、この本を買ってみました。



薬局で使える実践薬学



400ページ以上あり、なおかつA4サイズなせいか、この本のことを通称



鈍器



と呼ばれてますね(笑)



まあネタとしてならいいですが、そんな分厚いものを紙媒体で買うのはいかがなものかと思います。

Kindle版の方が安いしかさばらないし、

人を殴る目的でなければ、紙媒体で買う理由はないですね(笑)





肝心の内容ですが、一言で言うと




小ネタ集




ですね。


なんだろう、まあ、勉強にはなるんだけどわざわざ買うほどのものではなかったかな(汗)




日ごろ仕事をしていて疑問に思ったことを調べたりするじゃないですか。

そういうネタをただ寄せ集めただけなので、

あ、このネタ自分も昔調べたわ、みたいなのも結構あります。

なんていうか、世の中の薬剤師ブログに載ってそうな内容の寄せ集め的な感じですね。




まあそのぶん小難しくないので、とっつきやすくてウケがいいのかもしれないですね。

でもカテゴリでベストセラー1位になるほどの内容ではないかな~と。

値段も内容のわりに高いし(笑)




しいて言うなら、化学構造式と絡めて話を進めてる点が若干特徴的ですかね。

あまり構造のことまで書いてある本って少なめなので。




amazonレビューやtwitterでベタ褒めされてるほどの価値は正直ないけど、

小ネタや雑学が好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

人は殴らないようにしましょう。



テーマ : 薬の話
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「約束のネバーランド」が面白い





こんばんは。

原宿でひやとい

むむです。





最近はあんまりマンガを読まないんですが、

なかなか面白い漫画を見つけたので紹介です。



約束のネバーランド




可愛い絵なんですけど、実はミステリーというかダークファンタジー系です。

普通の孤児院かと思ってたら、実は・・・

みたいなことになって、子供たちが施設から脱出を試みるような内容です。



心理戦も面白いですし、作画の演出もうまいですね。

お話の内容も絵も両方気に入りました。

まだ1巻しか出てないのに結構人気みたいですね。





なぜかPVまで作られてました↓(笑)


●「約束のネバーランド」大人気御礼!記念PV
https://www.youtube.com/watch?v=XZTtJaJwkJQ




進撃の巨人の世界観をもうちょいコンパクトにしたような印象もありますけど、

進撃は漫画家の絵がひどくて読んでると結構疲れるんですが、

こっちは絵もうまいので見やすいです(笑)




kindle版も出てますので、サクッと読めて便利です。

正統派な王道ジャンプより、ダーク系の方が好みな人はぜひ。




テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

むむが選ぶオススメ本2016





こんばんは。

マリオランをやってる人は、あマリオランね。

むむです。





さてさて、今月はブログの更新が滞っててスミマセン。

ネタはいくらでもあるんですが、

寒くてひたすらオフトゥンから出たくなくてずっと冬眠してました(笑)



気が付いたら何やら薬剤師kittenさんが更新フィーバーなさってるので、

私もネタを真似て、今年読んだ本のなかでいくつかオススメを紹介してみます!

読んでる数はkittenさんの足元にも及びませんが(汗)

ちなみに私が今年読んだ本なので、発売はもっと前のもあります。





「学力」の経済学

最近経済学を勉強しだして、面白いなーと思ってるところに
こんな本が出てきました。
子どもの教育が中心の話になってますけど、部下の育成とかにも全然応用できる話です。
常識にとらわれず、データに基づいて判断しようぜ、っていうところは
薬剤師のEBMにも通ずるところがありますね。



薬がみえるvol.1

薬理学の本です。新入社員が持ってて真似して買ってみました。
何を今さらこんなものを、って感じですが、
たまにこういうのも勉強しとかないと、
どんどん知識と興味がぼやけていってしまうので(笑)



16-17年版 ひとりで学べる 調剤報酬事務&レセプト作例集

調剤報酬や医療保険関係ネタで講義する機会があり、
知識の整理のために買ってみました。
どちらかというと薬局の事務さん向けの本です。



リーダーのための! ファシリテーションスキル

自分に足りてないもののうちの一つです。
理屈ではわかってても、
「聞く」より「話す」より、「促す」って難しいですね。



最高のリーダーは何もしない―――内向型人間が最強のチームをつくる!

よくあるリーダー本です(笑)
タイトルが若干反則気味。
こういう系の本はだいたい似たようなことばっか書いてあるんですけど、
気が付くとついつい買ってしまうんですよね。
そんだけ悩んでるってことなんでしょうか(笑)



出社が楽しい経済学

amazonでなぜか1円で売ってたので買っただけです(ぉぃ
ただ、経済学の基本の「き」だけを、非常にわかりやすく書いてあるので、
1円なのに馬鹿にできない本です。
別にこれで出社が楽しくなったりはしないですけどね(笑)

そして、なぜか間違えて同じのを2冊も買ってしまいました(汗)
誰かほしい人要ります?(笑)



人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

ビリギャルの著者らしいです。ビリギャルは読んだことないですが。
これも子育て視点で書かれてますけど、部下の指導育成で使えそうだなと思って読んでみました。
4タイプに分類する話はよくありますけど、
この本はもうちょっと細かく9タイプに分けてますね。




選ばれる調剤薬局の経営と労務管理

経営、人事、育成、ES・CS、賃金制度、就業規則、労務管理・・・などなど、
会社としての薬局のあらゆる制度や業務を広く浅く網羅してる感じです。
もっと「経営」の方だけを深く見たくて買ったんですけど、
なんか思ってたのと違いました(笑)
自分で薬局を開設して社長をやりたいなら、
この本の内容を最低限知っておくべきって感じです。



図解 知識ゼロからはじめる 株の入門書

お金を無駄に余らせててもしょうがないし、
何か有効に活用できないかなーともがいてる最中です(汗)
ただコレを読んで自分で考えた結果、
儲けたいという下心で株をやっても損するだけだろうなと思いました(笑)



ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

タイトル長いよ(笑)
CAの人が、実際に体験したクレーム対応の具体例を書いてある本です。
具体的に書いてあるので自分の中に落としやすく、
明日からでも接客で使えるような、消化しやすい本ですね。




図解でわかる 指名される技術 -六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術ー

六本木ホステスから盗んだ仕事術、というテーマで堀江貴文らが書いた本です。
まだ全部読んでないんですけど、
人を味方にするにはどうしたらいいか、心理学に近い感じの内容です。




ビジネス版 悪魔の辞典 (日経プレミアシリーズ)

単なるネタ本です(笑)
ビジネス用語の辞典なんですが、意味が皮肉たっぷりの内容になっています。
でも結構真理を突いてますので、
世の中こんなもんだよ、と自分に言い聞かせることができますし、
案外冷静に物事を俯瞰で見れる気がしますね。

帯には「けっして社内では、開かないでください。」って書いてあるんですけど、



めっちゃ仕事の休憩時間に読んでましたけどね(ぉぃ






まだありますがとりあえずこれぐらいで。




テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「マンガではじめる薬局マネジメント」を読んでみた





こんばんは。

一億ウソ活躍社会

むむです。





今日は本の紹介です。



マンガではじめる薬局マネジメント: 薬局長サポートブック





薬局のことやマネジメントなことなどが書かれた本です。



アマゾンでポチっただけで中身を見ずに買ったんですが、





買って損しました。(ぉぃ





この程度の内容なら私のほうが絶対もっと面白く書けるわ。




ターゲットとしては、新卒薬剤師2~3年目ぐらいがちょうどいいですね。

管理薬剤師とかになって部下ももつようになる頃。

少なくとも私みたいな年寄りが読む本ではなかったです。





SWOT分析

ABC分析

B/S、P/L

損益分岐点

労働分配率

部分謝罪

ゴールデンゾーン




これらの言葉を知らない人にはちょうどいいかもしれません。

薬剤師や小売業をある程度やってる人にとっては常識的なことばっかりなので、

読む価値ゼロです。

しかもこれらを詳しく知ろうと思えば他にいいマネジメントの本がいっぱいあるので、

わざわざこれで読む必要もないです。





「まだ新卒二年目の薬剤師で管理薬剤師任されちゃったよ~どうしよう、
広く浅く手っ取り早く勉強する本はないかな~」

みたいな層にちょうどいい感じですね。




というわけで、この本はとっとと誰か二年目薬剤師に譲ろうと思います(笑)




そんな本をなぜ買ったのかって??



私の知人が関わってる本だからに決まってるじゃないですか。(ぇ




というわけですので、新卒2年目の薬剤師の人は

一人10冊ぐらい買いましょう!!


(説得力ゼロで)










テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク