経口補水液の違い




こんばんは。

香り付きのナプキンって、どのタイミングでその香りを嗅げばいいの?

むむです。




さてさて、もう熱中症の時期は過ぎてしまいましたが、
これからの下痢の季節に使えるだろうということで、
経口補水液ネタです。

それぞれの特徴や違いなど、よかったら参考にしてください。

あと、糖分や塩分が多い商品なので、
高血圧、糖尿病、腎臓悪い人などは専門家と相談して下さい。



■オーエスワン

脱水時にイチオシ。
塩分濃度が濃いので冷やした方が飲みやすい。
(胃腸炎のときは常温の方がいいかも)


■オーエスワンゼリー

ゼリータイプ。成分比率は同じ。
お年寄りなど液体だと飲み込みにくい場合は
こっちの方が良いかも。
味も、液体のオーエスワンよりは飲みやすいです。


■アクアライト

オーエスワンよりも薄く、Naが少なめ。
オーエスワンが塩辛くて飲みにくいという人にはコチラを。


■アイソトニックゼリー

Naはかなり少なく、逆にクエン酸を入れており
スポーツドリンクに近いイメージ。


■ソリターT配合顆粒2号、3号

病院に行って処方してもらうもの。
水に溶かして使います。
2号と3号がありますが、Na等の濃度が2号>3号です。


■自作

ポカリなどのスポーツドリンクに、食塩をひとつまみ入れても
それっぽい感じになります。



主に大事なのは、Naイオンとブドウ糖と、水分です。

Naとブドウ糖が一緒に存在すると腸からの吸収が良くなり、
Naとブドウ糖が腸から血液に吸収されます。
その結果、浸透圧差で水分も血管内に吸収されるという仕組みです。

なので、意外とブドウ糖も大事ということですね。


このNaとブドウ糖を一緒に吸収する輸送体を、
SGLT(sodium glucose co-transporter)と言いますが、
最新の糖尿病薬のSGLT2阻害薬は、このSGLTをブロックすることによって
ブドウ糖の吸収を抑える仕組みですね。



SGLT2阻害薬の方はあんまり売れてませんが(笑)


テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

麺が美味しいラーメン屋



こんばんは。

ギスギスしてるときは、キスキスするといいよ。

むむです。




前回に引き続きの食べ物屋紹介ですみません。
忘れないうちに(笑)

最近、ブログネタを思いついても、
書くのを忘れてそのままお蔵入りということがよくあります(汗)



●自家製麺 製麺王
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28036722/



JR神戸駅から歩いてすぐのラーメン屋です。

ラーメン屋って大体どの店もハズレがないというか、
まずいラーメン屋を探す方が難しいんですけど、
そのぶん、

これは他とは違う

っていう特徴のあるラーメン屋はまた行こうという気にさせられますね。



製麺王、というイカツイ名前だけあって、
自家製の麺なのでコシがあって美味しいです。

スープや具材にこだわる店はあっても、
自家製の麺というのはコスト的に敬遠されがちなのかあんまり無いですよね。



因みに製麺王の向かいにも別のラーメン屋があるんですが、
そこは以前行ったときに接客と清潔感が激悪だったので二度と行きません(笑)



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

美味しくてコスパ良いうどん屋



こんばんは。

君のこと「すき家」からいつまでも「まつ屋」

むむです。




今日はお店の紹介です。


●自家製手打ちうどん 黄金の穂
http://blogs.yahoo.co.jp/rwbxc980
http://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28027069/


最寄り駅は山陽電鉄の大蔵谷駅、
高速の最寄りは第二神明道路大蔵谷ICです。

民家の1Fでやってる?ようなこじんまりとした店で、
自家製なのでコシがあって美味しいです。

まあコシがあるうどん屋は丸亀製麺とか色々ありますが、
このお店の特徴は何と言っても


量が多い。


普通のうどん屋で頼む量の2倍ぐらいあります。

丸亀でたまに大盛りを頼む私でも、
この店で間違って大盛りなんか頼むと死にます(笑)


あと、その日の麺が売り切れると閉店するので、
ランチタイムで売切れたら夜の営業はお休み、
ということもあるようですので注意が必要です。

駐車場も3~4台しか停められないのですが、
まあ店内も3~4組しか入れないので、
駐車場が埋まってたら諦めて他に行って下さい(ぇ


立地は微妙ですが、
質もいいし、量がハンパない、
そんなオトクなうどん屋ですので、
ガッツリ食べたい人はぜひ行ってみて下さい。



テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

【マジック】シンプル・アセンブリー


こんばんは。

ハチミツとハミチツの違いが分かりません。

むむです。




久々のマジック動画です。


バラバラに置いたエースが一つずつ消えていき、
一か所に集まってくるマジックです。


●シンプル・アセンブリー
http://youtu.be/Xnnh4flQ8Fg


エース4枚を使うのでエースアセンブリと呼んだりもしますが
違いはよくわかっていません(笑)

エルムズレイカウント(4枚かぞえる動作)がぎこちないのが心残りです。
しばらくやってないと全然できなくなりますね(汗)


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

40兆円目前




こんばんは。

スーツケースにスーツを入れたことがない。

むむです。




40兆円。


医療関係者なら何の数字かお分かりと思いますが、

平成25年度の医療費の数字が出てましたね。
39兆3千億円(前年比+2.2%↑、+8千億円)

高齢者の増加や医療の進歩で上がる一方ですが、
いよいよ40兆円ですね。

まだまだ元気な団塊の世代が75歳以上になるのが2025年、
医療費もあと10年は急増し続けます。
このままいけば国民皆保険制度も崩壊します。


調剤の内訳は約7兆円(構成比17.8%)で、
前年比6.1%アップ。
医療費全体は2.2%アップ、単純に数字だけみると目立つので、
調剤お金かかりすぎやろ、という風潮になるのもわかります。
医科は特に、自分たちの身を守るために調剤を叩いてきますね(笑)

技術料の伸びは悪いですが薬剤料が5兆円と7.5%アップ、
後発医薬品の数量ベースも新指標で4~5割(先進国は6割以上)なので、
国としてはもっと後発医薬品を推進したいところでしょう。



あと細かいとこで言えば、
新薬使いすぎなんじゃね?と思うんですよね。
例えば糖尿病とか、本当に高い新薬じゃないと駄目なの?
従来からある安いやつでじゅうぶんコントロールできるんじゃないの?
っていう人も中にはいたり。


前にも書きましたけど、
風邪薬やらビタミン剤やらシップなどなど、
市販で売ってるような薬の保険はずしも必要でしょうね。
というか海外ではもうそうなってる国もありますよね。


あと、そもそも薬を使いすぎ。
診断したら大したことなくて薬も要らないような経過観察でいい患者だった、
でもそのまま帰したら患者が納得しないから、
とりあえず当たり障りのない薬を出しとくか。
みたいなの多すぎ(笑)
その処方せん1枚に数千円かかってるんですが。。。
「薬を出してくれない医者はダメな医者」みたいな風潮も、何とかなりませんかね?



色々書いてるとキリがないのでこの辺にしますが、
これだけはフォント大で言わせて下さい。



生活保護受給者も医療費3割負担。


タバコ吸うやつは医療費5割負担。




これぐらいはやってもらわないと(笑)



ニコチンガムが炭酸飲料と飲み合わせが悪い理由




こんばんは。

家入レオ、家出オレ

むむです。



今日はプチマメ知識的なネタです。

禁煙補助剤で、ガムタイプの市販薬がありますが、
その説明書にこんなことが書いてあります。


『コーヒーや炭酸飲料などを飲んだ後,しばらくは本剤を使用しな
いこと(本剤の十分な効果が得られないことがある。)。』

(ニコレットガム添付文書より)



さて何故でしょう。



ニコチンガムはニコチンが徐々に溶けだして、口の粘膜から吸収するように設計されてますが、
炭酸飲料などを飲むと口の中のPHが酸性に傾いてしまいます。

すると、

口腔内PHが下がる

塩基性物質であるニコチンのイオン型の割合が増える

分子型の割合が減る

ニコチンの吸収量が低下する

ということで、簡単に言うと吸収が悪くなり効き目が悪くなります。



説明書にはコーヒーと炭酸飲料しか書かれてませんが、
PHを下げるもの(酸性飲料)なら一緒ですので、
スポーツドリンクや果物ジュースやワインなどなどもそうですね。



普通の飲み薬だと、胃の中でのPHによって吸収が変わるものとかは注意が必要で、
アゾール系抗菌薬は胃のPHが低い方が溶解性がいいからH2ブロッカーとは飲み合わせが悪いとか、
胃の中のPHに関する飲み合わせは結構有名ですけど、

ガムに関しては溶ける部位が口の中なので、
口の中での飲み合わせを考えないといけないですねというお話でした。



しかしまあ何ですね、

数年前のタバコ値上げの時はニコチンガムも売れてましたけど、
近頃めっきり影を潜めてますね。


とっととタバコ1箱1000円とかにならないかなぁ。



テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

痛散湯は買ってはいけない



こんばんは。

アイウォッチ、麻酔銃機能が付いてたら即買いしたのに。

むむです。




再春館製薬所の「痛散湯」。
テレビやラジオでよくアピールしてるので有名ですね。
お客さんの中には、ドラッグストアでも買えると思って来店されるような人もいますね。


「痛散湯」というネーミングだと構成処方がピンとこないですが、
要はほぼ麻杏薏甘湯です。

麻杏薏甘湯に防已を加えてあるので、敢えて言うなら

麻杏薏甘湯加防已

と言ったところでしょうか。


ぶっちゃけ防已が入ったところでそんなに効果は変わらないと思います。
まあ、漢方はちょっと構成薬が変わっただけで作用が変わったりするオカルトなので
「ほぼ同じ」としておきますが(笑)



痛散湯に手を出さないほうがいい理由は大きくは以下の二つです。



■理由1:高い

30日分で14040円とかします。
ドラッグストアとかで売ってる麻杏薏甘湯の倍近い。
相当勿体ないです。
いくら広告費お金かけまくってるとは言え、ボッタクリスギでしょう。

病院で処方箋を書いてもらって医療保険を使うのが一番安いですね。
まあ漢方は体質によっては不向きな人もいるので確実に麻杏薏甘湯を
出してもらえるとは限りませんが。



■理由2:再春館製薬所

再春館製薬所だもの。みつを。
ドモホルンリンクルにしてもそうですけど、
「無料お試しサンプルやるから個人情報よこせ」商法じゃないですか。
いったん個人情報をゲットしたら、
勧誘の電話やらなんやらで頻繁に時間と労力をさかれることが目に見えてます。



というわけで、痛散湯を買うぐらいなら麻杏薏甘湯を買った方がいいでしょう。

と言っても、構成処方がマオウ、カンゾウ、ヨクイニン、キョウニンですので、
血圧は大丈夫かなとか、汗っかきには向いてないなとか、
色々予想できると思いますので、漢方も自分に合ってるか確認して選びましょう。

「天然の成分だから安心」的な謳い文句は再春館製薬所に限らず広告の常套手段ですが、
そういう人には、天然の植物から取れるアヘンやコカインなんかも安心して服用して頂きたいです(笑)



テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

PMS治療薬「プレフェミン」発売




こんばんは。

「YES NO ベッド」(大変)

むむです。




●「プレフェミン」新発売のお知らせ
http://www.zeria.co.jp/image/upimg/mv14101416311.pdf


今年4月に承認されてからすっかり忘れてましたが、
日本初の月経前症候群治療薬・西洋ハーブ医薬品のプレフェミン、
明日10日発売です。


新規成分のため、しばらくは要指導医薬品(ネット販売不可、薬剤師のいる実店舗のみの販売)です。

年齢制限は18歳以上の女性。
1日1回服用、30日分で1800円です。


月経前症候群(PMS)て、どうなんでしょうね。
多くの女性は、痛みに関してはロキソニン等を手放せないかと思うんですが、
PMSに関してはそんなに切羽詰まって苦しんでいるような気はしないんですけど、
どうなんでしょうか。

ロキソニンは無いと困るでしょうけど、

プレフェミンが無いと困るのよ!!

とはなかなかいかないような。


需要がどれだけあるか微妙ですが、
むくみにつかうアンチスタックスと同じようなポジションになりそうな予感(笑)



それにしてもあれですね、
月経前症候群をPMS(Premenstrual Syndrome)と略されると、

市販後調査(Post Marketing Surveillance)のPMSと紛らわしくてしょうがないです(汗)


テーマ : 女性のためのビューティー&ヘルスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ソセゴン錠の添付文書が面白い




こんばんは。

今夜、吾輩は「ネコ」である

むむです。




一般の人はあまり触ることがないと思いますが、
医療用の薬の箱には、医療従事者向けの薬の説明書(添付文書)が入っています。

たまにそこに面白い表記があったりするのでひとつ紹介します。



●ソセゴン錠 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1149034F1026_2_01/

がんの痛みとかに使われる痛み止めです。
麻薬扱いではないですが、そっち系の痛み止めです。


そこの「警告」欄にはなんと、こんなことが書いてあります。




『本剤を注射しないこと』




いやいやいや錠剤やし。


ソセゴンの注射液も発売されてますし、注射したかったらそっち使いますやん。
なんで錠剤やのにわざわざ「注射しないこと」って書いてあるのか。


一見すると、
そんなことをわざわざ「警告」に載せるか??
って感じですけど、

これはおそらく、ソセゴンが「麻薬」の規制を受けていないからだと思います。
法的に麻薬の規制を受けないけどいわゆる麻薬的な作用はありますので、
比較的乱用しやすい環境にあって、
依存症の人がこれを溶かして注射する、ということが過去にあったのでしょう。



そしてさらに、この錠剤、添加物としてナロキソンが入ってるんですよ。

ナロキソンというのは、麻薬が効きすぎて呼吸困難になったり副作用でヤバい人に注射して、
麻薬の効果を抑えて回復させる薬です。

麻薬のような作用をする痛み止めなのに、麻薬の効果を打ち消す薬が添加されている、
一見奇妙な感じですね。



ただ、ナロキソンはそのまま錠剤として口から飲んでも、
ほとんど肝臓で代謝されて血中に行くことなく、ナロキソンとしての効果は発揮しません。
なので、ソセゴン錠を口から飲むと、痛み止めの成分が打ち消されることは無く、
普通に痛み止めだけの効果を発揮してくれます。

しかし、薬物乱用目的でソセゴン錠を水に溶かして注射しようとすると、
痛み止めの成分とナロキソンが両方そのまま血液中に入るので、
効果が打ち消されて、目的の作用が現れない仕組みになっていると考えられます。



なので、
『本剤を注射しないこと』とわざわざあるのは、
乱用されていたことがあったから、ナロキソンを添加して乱用できなくしたため、
注射しても効き目がない=本当に必要な時に注射で使っても効果が出ないから気をつけてね

ということなんでしょうね。

これは上手く考えた設計になってますね。



添付文書も、中には本当にアホみたいな記載もいっぱいありますが(笑)


テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「薬剤師は薬を飲まない」を薬剤師が読んでみた



こんばんは。

「毛も生えそろってない若造が」って言ってるオッサンの頭頂部がまず生えそろってない件

むむです。




こんな本を読んでみました。


薬剤師は薬を飲まない (廣済堂新書)薬剤師は薬を飲まない (廣済堂新書)
(2013/12/17)
宇多川 久美子

商品詳細を見る




去年登場した本で、まあよくあるアンチ医療本ですが、
薬剤師が書いた、というだけで注目を浴びていましたね。

薄い本なので暇つぶしに中古で買って読んでみましたが、



とんでもない本ですね。(悪い意味で)



明らかに無茶苦茶な論理で間違いだらけ内容と、
そんなの当たり前だろ、って言うような内容と、
まあ言いたいことは分かる、というような内容とありまして、

残念ながら買う価値に値しない本でした。。



具体的に一部あげますと、

■薬は石油やプラスチックから作られている
■薬は合成品、合成品は体にとって毒


などなど、極論というか無茶苦茶なことを言ってます。
たまーにお客さんとかでこういうアブナイ人いますけどね(笑)



逆に、薬だけに頼らずに生活習慣の改善の努力をしようよ、
というようなニュアンスの部分はいいと思います。
まあ、そんなことは言われなくても分かってますけどね。

それが行き過ぎて、「薬を飲むことすべてが悪いこと」という持論を展開しているところが、
だいぶ頭おかしいですね。
「薬剤師は薬を飲まない」というタイトルの付け方は、
本を売ってやるぞ~というマーケティング的には好きですが、
すべての薬剤師を代弁してます感はちょっとマテと(笑)


他はだいたい、当たり障りのないような内容なので、
本当に得るものは何もない本でした。

強いて何か得たとするなら、


強調も改行も空白も図解も何もないただ文章の羅列だけの本って本当に読みにくい


っていう「見せ方」の部分ですかね(ぉぃ


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク