機能性表示食品制度とは





こんばんは。

森のくさまん

むむです。





さてさて、今年の4月に、機能性食品制度がスタートしましたね。

そしてそれらが店頭に並ぶのが60日経ったちょうど今月からですので、
ちょっとだけそれに触れたいと思います。




まず分類ですけど、


大きくは「食品」というカテゴリに属します。
医薬品でも化粧品でもなく、食品です。


食品は以下の二つの分類に分けることができます。

●保健機能食品・・・機能性表示ができる
●一般食品・・・機能性表示ができない(ただの食品)




で、その保健機能食品は下の3つに分類されます。


■特定保健用食品(トクホ)
消費者庁が個別に審査
=開発にコストがかかる
「○○の吸収を抑える」とか表示できる。

■栄養機能食品
ビタミンとかミネラルとかが一定量入ってるだけでオッケー。
届出不要。ただの栄養表示。

■機能性表示食品(←NEW)
根拠となる論文を消費者庁に届け出るだけでオッケー。個別の審査なし。
「○○に役立つことが報告されています」みたいな表示。




いずれにしても医薬品ではないので効能効果はうたえません。
あくまで、「○○な人にいいかもね~?使いたい人は使ってみたら?」なレベル。


トクホとの違いは、
トクホが少し審査のハードルが高かったので、
届け出るだけでオッケーな「劣化版トクホ」を作ってみた、みたいなイメージですね。





目的としては、

・消費者への分かりやすさ
・医療費削減
・健康食品市場の活性化

があると思います。



消費者目線では、
「パッケージに何も書いてないから何に効くのか分からねーYO!」
という不満の声が多かったと思うので、
「これこれを改善したっていう報告がある成分が入ってるよ」
的な表示でお助け。


財務省?厚労省?目線では、
「すぐに病院にかかって医療費使うんじゃねぇよ、
健康食品でも買ってちょっとでも健康維持しとけYO!」
といったことでしょう。


メーカーやドラッグストア目線では、
「もっと市場を活性化して儲けYO!」



というところだと思います。

「モノ」として新しく何か良いものが登場するわけでもないし、
逆に制度をうまく悪用してくるメーカーも出てくるでしょうから、
消費者としてはデメリットもあります。



結局健康食品であることに変わりはないので、
効果も限定的だし、効果の根拠自体が不確実なものなので
過信しない方が良いですね。



よく、お客さんで「この健康食品効くの?」と聞かれる人が多いですが、
非常にナンセンスな質問ですね。
効くとは言い切れない微妙な根拠しかないのが健康食品なので、
「効く」と判断できるモノではないです。

(消費者庁のサイトにはメーカーが提出した根拠となる論文もあるので、
個別に検討することはできます)



キノコを食べれば体が大きくなって、
毒キノコを食べれば小さくなってしまうマリオの世界では
良いものと悪いものがハッキリしてますが、
食品って体に良いか悪いかシロクロはっきりできるようなものではないです。

この食べ物が体にいいかも、と言ってそればかり食べてたら確実に害ですしね。




そこが分からない人にとっては、


健康食品を摂らないことが一番の健康ですね。



テーマ : 健康食品、自然食品、サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

月に21回以上射精する人は





こんばんは。

♪ヤりたい子と ヤったもん勝ち 青春なら~

むむです。





今日は軽めのネタで。



●Best Evidence Yet!: Ejaculation Reduces Prostate Cancer Risk
http://www.medscape.com/viewarticle/844820



英語でスイマセン、

射精は前立腺がんのリスクを低減させる、かも?

という内容の研究結果です。




月に21回以上射精する人は、月に4~7回の人に比べて前立腺がんのリスクが20%下がったようです。



32000人の人の射精回数を十数年も追いかけるって凄いですね。


もちろん前立腺がんの原因はいろんな要因があるでしょうけど、
少なくとも射精は前立腺がんに対してはネガティブには影響しなさそうですね。

逆に射精と心血管系のリスクとかも気になるところですが(笑)



あと、被験者の歳のせいもあるのかもしれませんが、

月に4~7回って少なすぎじゃないですか。

そんだけ弱ってたら、ガンにもなるんじゃないの?
って感覚的に思ってしまいますがどうなんでしょうか。




ちなみに私は、一時的にですが自分の射精回数を記録してたことがあります(笑)



その回数はなんと、



2015年1月の1ヶ月間で、23回でした。




いや、自分の体感的には、

「2~3日に1回ぐらいかな~」と思ってたんですよ。

そうすると月に10~15回ぐらいじゃないですか。

ところがどっこいの23回、自分の体感よりかなり多くてびっくりでした(汗)

まあ、1日に複数回とかももちろんあるので、
そういうのをカウントするとこういうことになるんでしょうね(笑)




というわけですので、
皆さんも一度ご自分の射精回数を記録してみてはいかがでしょうか(ぇ

新たな自分を発見できるかもしれませんよ。

(論文とは全く関係の無い結論へ)



テーマ : 男の悩み
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2015年6月薬価収載品が微妙





こんばんは。

無人島に持って行くとしたら迷わずTOKIO。

むむです。




さてさて、6月18日付けでジェネリックや新剤形の薬などなどが色々と薬価収載されましたね。

個人的に気になるものをいくつかピックアップしてご紹介します。




●エックスフォージ配合OD錠

OD錠が追加された新剤形。
患者も薬局も望んでいない、製薬会社の利益確保のためだけの製品。
こういうの本当にやめてほしいですね。
ということはもうすぐジェネリックが出てくるんでしょうか(笑)



●カロナール坐剤400

地味にリストに載ってたんですが詳細を見つけられず。
大人用でしょうか。「処方せん以外の医薬品」扱いでしょうか。
そうなると、
劇薬以外で「処方せんなしで販売できる大人用の坐薬」が登場すると何気にありがたいですね。
ドラッグストアでちょいちょい「大人用の坐薬」が欲しいと言われるので。



●クロピドグレル錠25mg/75mg

プラビックスのジェネリック。
30ぐらいのメーカーから出てます。
今回の一番の目玉品ではありますが適応症の違い等大人の事情で、
今のところイマイチ使いにくいです。
使うとしても適応症がまだマシな「日医工」。



●クロピドグレル錠50mg

6メーカーぐらいから出てます。
先発品には50mgがなく、ジェネリックのみの新規格品ですね。
本当に要る?!(笑)



●スミル外用ポンプスプレー3%

スミルテープやスミルスチックのスプレータイプです。
本当に要る?!(笑)



●ロキソプロフェンNa外用ポンプスプレー1%

こちらはロキソニンのスプレータイプ。
先発品の剤形が存在しないジェネリックです。
なぜか医療用では珍しいスプレータイプが一気に出てきましたね。



●ゾルミトリプタンOD錠2.5mg

ソーミッグのジェネリック。
ゾーミッグも高い薬なので患者にとっては良いですね。
薬局にとっては売り上げが下がるので微妙(笑)



●タンボコール細粒10%

細粒が今までになく新剤形です。
地味すぎて需要があるのかは謎。



●トスフロキサシントシル酸塩細粒小児用15%

オゼックス細粒のジェネリック。
「タカタ」「トーワ」「明治」と比較的味付けの上手いメーカーがそろってます。
後日それぞれ味見をしてみます。



●ナフトピジル錠、OD錠 25mg/50mg/75mg

今回の目玉品その2(笑)
フリバスのジェネリックです。
規格と剤形の種類どんだけあるの(汗)



●ムコソルバンL錠45mg

今までカプセルしかなかったので新剤形です。
かなり小さくなってて良い感じです。



●メサラジン腸溶錠400mg

ペンタサ、アサコールのジェネです。



●レトロゾール錠2.5mg

フェマーラのジェネです。
高い薬なので患者にとってはありがたい。



●メトホルミン塩酸塩錠250mgMT/500mgMT

MTは「メトグルコの」ジェネだよ、という目印でしょうか。
メトグルコの薬価自体が安いので患者にとってはメリットは少なめ。
そのうち先発品との薬価差も無くなって薬局からも必要とされなくなりそう(笑)




パッと見て気になったのはこれぐらいでしょうか。


プラビックスのジェネがアレなせいで

いまいちパッとしない微妙なラインナップですね(笑)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

初デートの緊張をやわらげる薬





こんばんは。

ハリーポッターと賢者のタイム

むむです。





ちょっと体調が思わしくないので軽いネタで。

いつのまにかこんなのが出てましたね。



【新製品】人前での緊張感鎮める「アガラン錠」新発売 日本臓器製薬
http://www.yakuji.co.jp/entry44066.html



このニッチ感といいこのネーミングといい、

また小林製薬かよと思ったら全然違ってました(笑)


中身は鎮静作用のあるハーブとか生薬とかそんなんです。


「人前で話す時の緊張をしずめる」


といった具合にターゲットを絞ることによって、
私にピッタリだわ、と思わせて逆に売り上げを上げる作戦ですが
最近はこういうの多いですね。




添付文書に書かれている「特徴」が面白いです。




特徴

神経の緊張をしずめるカノコ草エキスなどの天然生薬5種類を配合した
人前で話す時の緊張をしずめる生薬製剤です

1.言葉が出ない結婚式のスピーチ・大きな会議の発表などでの緊張感をしずめます
2.面接試験・初めてのデート・ピアノの発表会などでのドキドキする緊張感をゆるめます
3.有効成分として天然生薬5種類だけを配合しています
4.緊張からくる疲れをやわらげます
5.携帯しやすい1回分3錠入アルミ袋包装





「初めてのデート」とか「ピアノの発表会」とか、やたら例が具体的(笑)




本当に上がり症でヤバかったら抗不安薬とか、
さらに病的なものならSSRI(抗うつ薬)的なものを飲むのもいいですが、
そこまでいかないような軽症の人なら試してもいいと思います。
何よりこういうのはプラセボ効果も大事だと思いますので(笑)





ちなみに、成分は従来からあるコレ↓と同じです。


●メチオンパール錠
http://www.health.ne.jp/medicine/otc/4987078112902.html




まんまパクリかい!と思ったらまさかの製造元一緒?!

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

渡るメディアは嘘ばかり・Q





こんばんは。

「魔法少女まどか☆ワキガ」

むむです。





こないだこんな番組やってましたね。



●TVタックル ココがオカシイ!ニッポンの医療SP
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/backnumber/0063/



こういう怪しい番組は普段見ないんですが、薬局ネタをやるということで
私も録画して見ましたので、とりあえずツッコミを入れておきます(笑)




まず、かぜ薬6日分もらって、

院内薬局だと約210円、
まちなかの薬局だと約590円、
2.5倍も違う!!


ってところですが、「2.5倍」という考え方がおかしいですね。
正確には「約380円」違う、と言った方が正しい。

安ーいかぜ薬だからたまたま2.5倍になっただけで、
薬自体が高ければ、10000円と10380円との違いになって
たいして変わらないじゃん、ということになりますし。

ただ、テレビ的にはインパクトを持たせたいので、

2.5倍!!と言ってギリギリ嘘をつかずに視聴者を誘導しているわけですねわかります。




あと、そのかぜ薬を1カ月つづけてもらったら合計●●円も差が出てくる!!

とか言ってましたけど、

そもそもかぜ薬を1カ月続けて飲まないです(笑)

本当にそういう処方があるとすれば、
医者がヤブ医者か、患者がモンスターペイシェントかのどちらか、もしくは両方です。




たしかにもらう薬局によって自己負担額が違うという
国のやりかたもどうかとも思いますが、
そこに過剰に反応する国民も、理解不足があるとは思います。

番組でも言ってましたけど、
年寄りがあっちゃこっちゃの病院で薬をもらってきて、
実は飲み合わせが悪かったり、同じ薬がかぶってたりすることは日常茶飯事です。
それをかかりつけ薬局ならよりチェックしやすいですし、
安全のためのコストだと思えばいいんですけどね。


コンビニでコーヒー100円で売ってるから、
スタバの600円(なんと6倍も違う!!)のコーヒーも100円にしろよ、と言ってるようなもんです。

私はコーヒーには疎いのでコンビニもスタバも同じ味に感じますが、
差額の500円を払ってまでスタバに行くのは、別にコーヒーだけが目当てじゃなくて、
落ち着いて過ごせる空間だったり、コーヒー以外の付加価値を買ってるわけですよね。

なんでもかんでも「モノの値段」でしか考えられずモノ以外のコスト意識の無い頭しかないから、

輪ゴムでとめてるだけで調剤料とるなよ

とか訳のわからない極論になるんです。



そういえば、TVタックルのホームページ、
放送の数日前まで、

「輪ゴムでとめるだけで●●円!」

みたいな記載がありました。

さすがに無茶苦茶だと分かったのか、どっかから指摘があったのか、
放送前日ぐらいにはしれっと削除されてましたけど(笑)





他にも細かいツッコミ所があった気がするけど疲れたのでこの辺で(笑)


そういえば、後半で取ってつけたようにやってた薬剤師の在宅業務風景、
あれは何のために放送してたんでしょうか。
脈絡なさ過ぎてビックリ。

在宅行くのにも650点とか取ってるんだよーとか、
逆にそこは触れないんだ、って感じ(笑)




まあまとめると、

●国民は「モノ以外のコスト意識」が無さすぎ
●国が定める調剤報酬のインセンティブは患者より薬局に向きすぎ
●薬剤師は薬局の中で何してるのか患者に理解されて無さすぎ

という三者三様の問題があるのかなと思います。





テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

「やけど」に使える市販薬





こんばんは。

千ず利休

むむです。





さてさて、お客さんからよく聞かれることのひとつに、

「やけど」にどの薬を使えばいいの?

というのがあります。

(登録販売者にも聞かれることもあったり…)





「やけどの薬コーナー」みたいなの無いし、
パッケージも「やけど」を全面推しみたいな薬がほとんど無いので
探しにくいんでしょうね。

というわけで、やけどの薬紹介です。

と言っても、本当にひどいやけどなら病院に行くし、
市販薬で対応できるようなやけどって、
普通の皮膚薬の選び方とだいたい同じです。



つまり、

非ステロイドorステロイド軟膏・・・赤くて痛いような炎症に

抗生物質軟膏・・・やぶけたりジュクジュクしてるとこに

って感じです。





効能効果に「やけど」と書かれているものは、

オロナインH
キップパイロール
メモA
紫雲膏


他にもあるけど有名どころだとこれぐらいです。
全て非ステロイド。



オロナインはいわずもがな、いったい何に使ったらいいのか
使い道が全く見いだせないどうしようもない薬なので却下(笑)

紫雲膏はイマイチ未知数なんですが独特の臭いが嫌なので却下(ぉぃ

上の4つだとメモAが一番マシですね。
抗炎症と殺菌以外にも、ジブカインも入ってて痛みをいくらかごまかせるでしょう。




次に抗生物質軟膏。
いくつもありますが代表的なのは、

ドルマイシン

皮がめくれたりしちゃってるやけどに。
ただし効能書きに「やけど」とは書かれてません。




そして個人的にオススメなのは、

ベトネベートN軟膏
フルコートF
ドルマイコーチ


あたりです。(上に行くほどステロイド強い)
ステロイド+抗生物質の合剤なので、
炎症を早く沈めて、化膿も防いでくれます。




なので、ベトネベートN軟膏あたりが効き目もよくて使い勝手が良い感じです。

ただ、効能効果に「やけど」とは書かれてませんので、
「やけど」と書かれてないと信用できない!という疑り深いお客さんは、
メモAでいいと思います。
メモAは箱の表面にでっかい文字で「軽度のやけどに」って書かれてますので安心(笑)




その他、軟膏以外では、皮がめくれちゃってるやけどに、
ハイドロコロイド的なばんそうこうを貼る手もあります。
商品名では

キズパワーパッド

とかのことです。
コレを使うのであれば、軟膏は必要ないです。
比較的あとも残りにくく綺麗に治りやすいです。
たいして大きいサイズのものがないので、患部がそれより広いと使えないです。




そういえば「やけど」と言えば、



低温やけど注意



という言葉は関西弁だと意味が変わってくるので注意です(何



テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

女性用バイアグラ承認へ





こんばんは。

Win-Winの関係 = 露出趣味の女性

むむです。





年金の個人情報を大量に流出させちゃったので、
「おわびに○年間、年金の徴収をタダにさせて頂きます」
みたいなことがあってもいいんじゃないの。



さてさて、昨日はこんなニュースが出てました。



●Female "Viagra" could be approved today: what you need to know
http://www.newscientist.com/article/dn27653-female-viagra-could-be-approved-today-what-you-need-to-know.html#.VXIRr1KJiAV


アメリカの話です。
いわゆる「女性用バイアグラ」がFDAで承認されようとしてるみたいですね。

バイアグラは「性欲」には作用せず、男性の「性機能」を改善するものですが、
記事にある「フリバンセリン」という薬は、「性欲」そのものを刺激するものになってますので、
「女性用バイアグラ」という表現は個人的に違和感を感じますが、まあいいか(笑)


「フリバンセリン」という名前からもぼんやり推測できるように、
もともと抗うつ剤として開発されてきたもののようなので
吐き気や意識障害的な副作用が心配なところではあります。
バイアグラみたいに気軽に単発で使えないような気がしなくもないような。


っていうかそもそも、



この薬、本当に要る??



って真っ先に思ったんですけどね(汗)


「性欲がなくて困ってる」という女性には未だかつてお目にかかったことが無いんですが。


ただ、「男性にはバイアグラ承認されてるのに女性には無いのはおかしい」
的な女性団体の主張もあったりしますし、
なかなか悩んでても人に相談しにくい事柄だったりするので
潜在的に悩んでる人は多いのかもしれないですし、
QOL改善がデメリットを上回るのであれば良いと思いますね。




かくいう私には逆に、

性欲を落とす薬の方が必要かもしれませんが(笑)

(しかもそういう副作用をもった薬ならわりと既にある)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ロキソニンSプラスが謎





こんばんは。

恋は 会いより出でて 愛より青し

むむです。




まだ公式には宣伝されてませんが、市販薬で

ロキソニンSプラス

というものが発売予定みたいですね。



何がプラスやねんというと、

ロキソプロフェン+酸化マグネシウム

となるみたいです。




痛み止め+酸化マグネシウム的な組み合わせと言えば

ボッタクリ詐欺まがい商品のイブクイックがありますが、

それと同じ商法ですね。




その時の売り文句としては、

①酸化マグネシウムが胃酸を中和するから胃にやさしい

②酸化マグネシウムが胃内のPHを上げて溶けやすくするから効き目が早い

ということだったかと思うんですが、



①に関しては、胃腸障害はそもそもプロスタグランジンが抑制されるからであって、
胃酸をその時だけ薄めてごまかしたところで根本的な解決にはなってないし、
「胃にやさしい」とまで言うのはどうかと思うんですよね。

②は、そんな細かいことを言うなら最初から溶けてるリングルアイビーでええやん、
って感じですし、

お値段のお高いイブクイックの存在意義がサッパリプーだったんですが、

今回のロキソニンSプラスも同様に、イマイチ価値が見いだせないです。

製品の詳細と価格がまだ分からないので何とも言えないですが、
単に酸化マグネシウムがプラスになっただけだとしたら、要らない子確定ですね(笑)



それに、酸化マグネシウムを加えることによるデメリットもありますしね。

他の薬と飲み合わせる場合とかは、酸化マグネシウムがむしろ邪魔なことも多いですし。

アレグラとか。その他もろもろ。

当たり前ですが酸化マグネシウム自体の副作用も勿論ありますし。

あと、痛み止めにマグネシウム加えることで逆に胃腸障害を高めちゃったかもしれん、
的な論文もあったりします。




あと、ロキソニンって持続時間めっちゃ短いじゃないですか。

普通に1日3回飲んでても、どうしても効果が切れることもあるし、

1日3回以上飲みてえぇぇ

ってなるじゃないですか。



「胃にやさしい」ロキソニンSプラスなら、


もっと飲んでも大丈夫なんじゃね?


って考える頭のおかしなお客さんとかが

出てきちゃうことも考えられますし、


もうネガティブな結末しか想像できません(汗)



まあ、製品の詳細が出てくるまで楽しみに待ちましょう(笑)



テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

不思議な薬価の薬たち





こんばんは。

私のバズーカは8.6秒で発射します。

むむです。




今日は小ネタで、謎の薬価集です。

薬価というのは薬の公定価格のことで、国で決められた値段のことですが、

不思議な価格設定のものがよくありますので、いくつか紹介します。

(2015年6月現在の薬価です)




まず、チラーヂン。


チラーヂン12.5μg:1錠9.6円
チラーヂン25μg:1錠9.6円
チラーヂン50μg:1錠9.6円
チラーヂン75μg:1錠9.6円
チラーヂン100μg:1錠11.4円

100μgだけちょっと高くて、あとの規格は全部一律9.6円という謎の設定。

25μgを1錠飲むより、50μgを半錠のんだ方が薬価自体は半額で済みますね。
(ただし薬価自体が安く調剤基本料や技術料に比べると軽微な差なので最終的な負担金額はほぼ変わりませんが)





次に、ユニシア。

ユニシアHD:1錠135.6円
ユニシアLD:1錠135.6円

チラーヂンと同じく、まさかの同じ薬価。
ユニシアはブロプレスとアムロジンの合剤ですが、

ブロプレス8mgも1錠135.6円と、ユニシアと全く同じ薬価です。

アムロジンは5mgで1錠53.3円ですが、もはや居ないことになってますね(笑)





最後は、プロトピック軟膏。

プロトピック軟膏0.1%:1gで125.4円
プロトピック軟膏0.03%小児用:1gで140.3円

まさかの薄い方が高いという逆転現象。

まあ、0.03%の方が後から登場したし、小児にも使えるという利点があるので
0.1%よりも価値があるという計算なんでしょうね。

え、何言ってるか分からない?


私も自分で言っててよく分かりません。(ぉぃ





他にも探せば色々ありそうですがこの辺で。



テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

アレジオン10が第2類医薬品に





こんばんは。

好きな女性のタイプは、紗倉まなです。

むむです。




まだ公式な議事録が見当たらないんですが、
厚労省はアレジオン10のリスク区分を第1類から第2類に変更する方向で決まったみたいですね。


他にも、

ストナリニガード(メキタジン)
エルペイン(イブプロフェン他)
アレギサール(ペミロラスト)

も、第1類から第2類に落ちることがほぼ決定したようです。

あとはパブコメを募集して正式に決定という流れですが、ほぼ確定でしょう。


ぶっちゃけ第二世代の抗ヒスタミン薬は既に第2類のものもいっぱいあるので、
アレジオンもとっとと第2類でいいです。
メキタジンやイブプロフェンに至っては成分的には第2類で使われてますしね。




そんなことよりアレグラFXを早く、要指導から第1類に落として欲しいんですけどね(笑)

個数制限とか、本人限定とか、面倒くさい縛りが多くて。



本人じゃない人が買いに来るといちいちゴネだすのでもうね、


本人じゃないと買えないけどアナタ本人ですよね?


ばりの誘導尋問を活用しまくってますが(笑)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク