FC2ブログ

フッ化物洗口剤「エフコート」が忘れた頃に発売されてた件 他





こんばんは。

○んたいパーク神戸三田

むむです。





今日は、最近気になったニュースを紹介です。





●「一般用医薬品の区分リスト について 」の一部 改正 について
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T150925I0430.pdf

一般名で書かれてて分かりにくいですが、つまり、
「アレジオン10」が10月25日から、
「アレギサール鼻炎」が1月11日から、
「ストナリニ・ガード」が9月26日から第2類に変更、
「エルペイン」が12月7日から指定第2類に変更となります。

需要があるのはアレジオンぐらいですが、
マトモな第二世代抗ヒスがやっといつでも買えるようになりますね。




●注射筒入り袋にゴキブリ混入 高砂市民病院 神戸の医療会社が納入
http://www.sankei.com/west/news/150925/wst1509250042-n1.html

まさかのゴキブリ。まさかの地元。
別の記事には「生きたゴキブリ」という記述もありました。
恐ろしや。




●ファミマ、太田胃散と限定商品 胃腸薬発売
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I13_V20C15A9TI5000/

成分はさておき(笑)、コレは商売としてはいいんじゃないでしょうか。
指定医薬部外品ということで資格者不要で販売できるし、
消費者(主に年寄り)は「太田胃散」というブランドだけで買ってくれるし、
3包240円という単価の安さも良いと思います。
ターゲットとする客が「二日酔い」らしいので、利便性の高いコンビニとの相性もいいでしょうね。
あと関係ないですが、「指定医薬部外品」なのに胃腸「薬」と表現してる日経新聞、
その表記は大丈夫なんでしょうか(笑)




●【新製品】フッ化物洗口剤「エフコート」‐初のOTCむし歯予防薬を発売 サンスター
http://www.yakuji.co.jp/entry46253.html

要指導医薬品です。
去年ぐらいに承認されたけどどうでもよくて存在を忘れてました。(ぉぃ
フッ化物ということで、こどもの誤飲事故が心配なところではあります。
1回量を誤って飲んだぐらいじゃ問題ないでしょうけど、1本全量飲んだら中毒の心配がありますね。
吐かせるか、胃洗浄するか、牛乳(カルシウム)と反応させるか??




●ロボット「Pepper」はユーザー規約で性行為を禁止されている
http://wired.jp/2015/09/25/pepper-robot-sex-banned/

まあペッパーのコンセプトがそうじゃないのでしょうがないですが、
性行為用ロボットはどんどん出てくるでしょうね。
というか本気で家庭用ロボットを普及させようと思ったら必須じゃないでしょうか。
VHSも、パソコンも、エロがあったから普及したわけですし。

最大の問題はどこに隠すかということですが(笑)





5円玉貫通マジック






こんばんは。

セクハラ・パワハラって長くて言いにくいので
「セ・パ両リーグ」と略すことにします。

むむです。






今日は、久しぶりにマジック動画です。


●5円玉マジック


https://youtu.be/pL9S2sHWBvM




テンヨーの「マジックバタフライ」と「リングミステリー」という
市販の2種類の商品を使ってやってみました。



いやーひどいもんですね(汗)



前半のマジックバタフライ(5円玉が出現するやつ)、


動きが不自然極まりないですね。


仕掛けが単純なぶん、もうちょっとサラッと出来るようにしないといけないです。



オリジナルでは蝶が出てくるのでマジックバタフライと言うんですが、
私が勝手にアレンジして5円玉でやってます。





後半のリングミステリー(剣が貫通するやつ)は、なかなか仕掛けが良くできてますよ。

これも本当は指輪を借りたりしてやったりするんですが、
ちゃんと貫通してるよということを強調したくて5円玉を使いました。

リングミステリーのほうは、相手に渡しても仕掛けが分からないので
なかなか使い勝手が良いです。



唯一の弱点は音が怪しい所ですかね。



動画を無音で撮影してるのはそのためです。(ぉぃ





薬局で使うポスターがダウンロードできるサイト






こんばんは。

変態望遠鏡(のぞき専用)

むむです。




今日はおススメサイトの紹介です。



●ポスター広場
https://www.frob.co.jp/posterhiroba/category.php?c=薬局・医療機関向け



株式会社エフロブという、調剤薬局とかを運営する会社?が提供してるフリー素材です。

無料で使えるポスターは色んなサイトがありますが、
ココが一番、薬局で使う機会があるモノがだいたい揃ってるような印象です。



まあ、ポスターのクオリティ自体は、素人がササッと作れるようなレベルなので
めっちゃ凝ったものを作らないと気が済まないような人には物足りないでしょうが、
自分で作る時間も惜しいとか、とりあえず仮で貼っとけレベルとかならじゅうぶんに役に立ちます。



エフロブとかいう会社のロゴが入ってるのがうっとおしいですが、

まあそこはロゴだけ切r日記はここで終わっている


MS冷シップ「タイホウ」は買ってはいけない






こんばんは。

秋眠も暁を覚えず。

むむです。





さてさて、歳とったせいか最近は腰痛がひどくてですね・・・
せっかくなんで、色んな種類のシップをちょいちょい買って試してるんですよ。

実際に使ってみないと、商品の良さや悪さが分からないじゃないですか。
使ってもないのに、「○○は買ってはいけない」とかおこがましいですし、
そんなんでボロクソな記事を書くとか商品に失礼じゃないですか。

シップでも少量なら薬価で買ってもお財布に痛くないですしね。




というわけで色々試してみたんですが、最悪なシップを見つけましたよ。(ぉぃ



その名も、




MS冷シップ「タイホウ」




いやまあ、成分だけでも最悪なのは分かるんですけど、
実際に使ってみると使用感まで最悪でしたね。




まず、くっつきません。(ぇ

シップって、剥がれにくさも大事じゃないですか。
剥がれにくいどころか、くっつかないですからね。



くっつく気ゼロですからね。



パップ剤だからテープ剤に比べてハンデがあるとかいうレベルではなく、



くっつく気ゼロですからね。(2回言いました)





あと、強烈なにおいですよ。

部屋中においが充満しますからね。
イマドキそんなシップあります??

使い終わって(っていうかすぐ剥がれたから)捨てたんですけど、

捨てたごみ箱からもいつまでも異臭を放ってるという迷惑っぷり。



ごみ箱のにおいまで気を遣わないといけないとか、




お前は○○ティッシュか。





というわけですので、こんなものはとっとと

薬価収載から削除→販売終了のコンボでいいと思います。


(結局ボロクソな記事になった)




風邪薬ルルシリーズの違い【最新版】






こんばんは。

そんなことより萩原と荻原の違いを知りたい。

むむです。





さてさて、こないだのパブロンに引き続き、
今度はルルシリーズの違いについてです。



●ルルA
●ルルAゴールド
●ルルAゴールドs
●ルルAゴールドDX
●ルルアタックFX
●ルルアタックEX
●ルルアタックNX
●ルルーK



以上のよくある8種類の違い(種類どんんだけあんねん)を、
私のバリバリの独断と偏見でどうぞ(笑)




新ルル-A錠

コレが一番基本のやつ。
他より若干見劣りはするものの、
一日当たり188円~259円という安さが最高のメリットです。
卵アレルギーの人は×。




新ルルAゴールド

ルルAからタン切りを抜いて鼻の症状を抑える成分を加えた感じ。
鼻や咳がひどい風邪に。
卵アレルギーの人は×。
ちなみに、次のルルゴールドsと値段ほぼ同じなので、
ルルゴールドは要らない子です(笑)




新ルルAゴールドs

ルルゴールドにタン切りを加えてリゾチーム抜いた感じ。
リゾチームなんてむしろ無い方がいいぐらいなので、
ルルゴールドを買うぐらいなら上位互換のルルゴールドsを。




新ルルAゴールドDX

ルルゴールドsから、咳止めを1つ抜いてトラネキサム酸を追加した感じ。
喉の痛みをターゲットにしているのかもしれないけど、
のどの痛みならあとで出てくるルルアタックEXの方がいいので、
中途半端感は否めません。





ルルアタックFX

前回の記事で書いたとおり、ルルKと全く成分同じなのに高いという、
ボッタクリ商品です。




ルルアタックEX

ルルシリーズの中では喉に一番良い処方です。
15歳からのみ。



ルルアタックNX

鼻と痛み両方に割といい処方でオールマイティ感。
15歳からのみ。



新ルル-K

生薬と西洋薬の混合処方。
熱とか寒気に良い感じです。
エフェドリンやベラドンナが入ってないので、
鼻や咳には物足りないけど副作用が少ないというメリットがあります。





まとめると、


総合的な効き目重視 → ルルアタックNX
安さ重視 → ルルA
家族で一緒に飲みたい → ルルアタックEXとNX以外

のどが特にひどい → ルルアタックEX
咳が特にひどい → ルルゴールドs
鼻が特にひどい → ルルゴールドs、ルルアタックNX
熱がひどい → ルルアタックEX、NX、ルルーK

卵アレルギーである → ルルAとルルゴールド以外
副作用が心配 → ルルーK





って感じですかね。

つまり、


8種類もあるけど実質5種類の中から選んでください。



ルルゴールドとルルゴールドDXとルルアタックFXは要らない子です(笑)




ルルアタックFXは買っていけない






こんばんは。

スマホはガラケーに比べてバイブが弱すぎるから困る(何)

むむです。





さてさて、今日はルルアタックFXについてです。

ルルアタックと言えば、今は「FX」と「EX」と「NX」が発売されてて
種類が多すぎてかなりウザイことこの上ないんですが、

そのうちの「FX」(赤いパッケージのやつ)についてのお話です。




成分は、西洋薬+生薬の組合せからなっておりまして、

西洋薬の方はありきたりなノーマル処方で、
生薬の方は、マオウ・ケイヒ・カンゾウ・ニンジンが入っています。

発熱とか寒気とかにいいんじゃね、って感じですね。



まあ、この成分自体はいいんですよ、選択肢の一つとしてこういうのがあっても。

ただ、同じ「ルルシリーズ」の中にある




ルルーKと成分が全く同じ




なんですよ。



ルルアタックFXは一日分のコストが540円~648円であるのに対し、

ルルーKは一日当たり401円~478円で、100円以上も変わってきます。

(メーカー希望小売価格から計算)



唯一の違いと言えば、

ルルアタックFXは錠剤しかないのに対し、
ルルーKは錠剤と細粒があるので、錠剤が飲めない人でも飲めるという



ますますルルアタックFXイラネ。



というわけで、ルルアタックFXを買いたい人は、
ルルーKを買いましょうということで。


ただ、ルルシリーズはラインナップが多すぎるせいか
ルルアタックFXは置いてるけどルルーKは置いてないというドラッグストアもあるので
そういう時はあきらめて下さい(笑)



ちなみに、奇しくも先日ルルアタックFXとルルーKの大量自主回収がありましたが、
回収する数がハンパなかったので大きなニュースになりましたが、
回収の原因自体はありふれたモノなのでそこに関しては心配しなくていいです。





「FX」やら「EX」やら「NX」やらあってどれがどれだっけ、
って分からなくなった時は、




FXには手を出さない方がいい




と覚えて下さい。

(意味が違う)



デモをしている連中が愚かである理由






こんばんは。

○んぽ法案

むむです。





さてさて、最近はデモがなんだか物騒な感じですね。



私はメロスじゃないけど(むしろエロスだけど)、政治のことはとんとわからぬのですが、



まあデモの連中はアホですよね。



反対の意を表明するのは勝手ですし、
「ヒマ人」かどうかなんてどうでもいいですし、
安保法案が良いか悪いかというのも結果が出てみないと現時点では分からないので
なんとも言えないんですが、

デモという行為自体が愚かです。
確かに強引な政治家も同じぐらい愚かですけどね(笑)



なぜデモが愚かかというと、一般人に迷惑をかけているわけですよ。

騒音やら、通行の妨げになったりやら、警察と衝突したりやら、
エスカレートしたら暴力行為にまで発展するわけじゃないですか。

暴力で自分たちの主張を押し付けようとするのは、



これって戦争と同じですよね。



「戦争反対!!」とか言ってる人間が一番戦争っぽいことをしているというね。



こういう周りに流されやすい人々の心理というのは、
いざ仮に戦争になった時には、逆に戦争を煽ろうとする方向へいくものです。



群集心理というものは、

●自分の責任感や個性が無くなり、
●暗示にかかりやすくなり、
●感情的になって論理的思考ができなくなり、
●自分たちが強くなったような錯覚に陥ります。

こういう集団が一番戦争を引き起こす原因になりますからね。




あと、活動内容にしても、

「反対!!」

と叫んでいるだけで、なにも改善しようとしてないじゃないですか。




会社の言うことにいちいち反対ばかりするけど代替案を出さない無能社員と同じ。




叫ぶだけで解決するなら戦争なんてとっくの昔に無くなってるんですよ。




安保法案だって、ダメな現状を変えようとして出来たものじゃないですか。

それに反対するなら、もっとこうしたほうがいいんじゃね?的なアイディアを出さないことには、

何も変わっていかないですからね。

あと言うまでもないですが何事においても現状維持は論外。




会社だって、出世しやすいのはつまらないイエスマンかもしれないけど、

本当に会社を良くするのは、会社のトップの悪い所に反対する社員です。

ただ反対するだけで周りに迷惑かけるならそんな社員は不要だけど、

ちゃんと改善案をだして実行して結果を出せる人が本当に必要な社員ですよね。




それと同じで、ただ叫ぶだけの生産性の無い行為は本当に愚かとしか言いようがないですし、

「ヒマ人」と言われても文句は言えないのではないでしょうか。




まあ、エロ動画探しに1時間とか費やす私が言うのもなんですが。(ぉぃ




あと、今年のマイ流行語大賞は


WE WILL STOP !!


で決まりです(笑)





風邪薬パブロンシリーズの違い【最新版】






こんばんは。

寝たい時に限ってレベルアップでスタミナ全回復。

むむです。





今日は市販の総合風邪薬、パブロンシリーズの違いについてです。


数年前にもこういうネタをやったような気がしますが、
あれから結構リニューアルされてますので、
最新版を書いてみたいと思います。



現在メインで販売されているのは以下の5種類です。

どない違うねん、というのをむむの独断と偏見で解説します。
(あくまでパブロンシリーズ内での比較です)




パブロンSゴールドW


今年新たに登場したやつです。
8歳から可能。
たんに関する成分が充実してます。



パブロンSα


これも今年登場したやつです。
錠剤は5歳、粉は1歳から可能。
咳止めの成分が充実してます。



パブロンゴールドA


錠剤は11歳、粉は1歳から可能。
ぶっちゃけ成分はパブロンSαと大差ないです。咳止め充実。
こっちにはリゾチームが入っているので卵アレルギーの方は×です。
一番のメリットは価格の安さ。
客寄せで原価割れで売ったりする所もあります。
金のパブロンという呼び名で中毒者がよく買うのもこの商品です。



パブロンエースAX


15歳以上のみ。
パブロンシリーズの中では唯一イブプロフェンが入ってます。
痛みや熱のひどい風邪に。
コストは高いですが成分を総合するとパブロンではナンバーワンです。



パブロン50


15歳以上のみ。
これも最近リニューアルされました。
ちょっと異色のパブロンで、
成分はたん切り、解熱鎮痛、麦門冬湯(セキタン)のみ。
効果は限定的ですが、副作用の心配が少ないので、
眠気や便秘の心配が無いとか、
前立腺、緑内障、心臓病…とかの持病持ちでも気にせず買えるメリットがあります。




他にもマニアックなパブロンはあるにはありますが、
微妙なものばかり&店頭に置いてないことが多いので、省略します。


まとめると、


総合的な効き目重視 → パブロンエースAX、
安さ重視 → パブロンゴールドA
家族で一緒に飲みたい → パブロンSゴールドW、パブロンSα、パブロンゴールドA

タンが特にひどい → パブロンSゴールドW
咳が特にひどい → パブロンSα、パブロンゴールドA、パブロンエースAX
鼻が特にひどい → パブロンSα、パブロンゴールドA
痛み、熱がひどい → パブロンエースAX

卵アレルギーである → パブロンゴールドA以外
副作用が心配 → パブロン50



といったところでしょうか。





あと、粉やシロップしか飲めないような本当に小さな子供に関しては、



パブロンキッズ



というのが出てますので、そちらの方が良いです。
甘い味付けもしてありますし、成分もやさしいものになってますので。

粉は1~10歳、シロップは3カ月~6歳までいけます。






まあ大半の人は、効き目のパブロンエースAXか、
安さのパブロンゴールドAかの2択になるかと思いますね。


パブロンゴールドAだけがリニューアルされずにずっと古いままなのは、

それだけ売れてるからなんでしょうね(笑)




次回はルルシリーズをやります。

それではまた。




ツムラ漢方の箱の謎の仕掛け




こんばんは。

エロスは激怒した。
必ず、かの邪知暴虐のモザイクを除かねばならぬと決意した。

むむです。





ツムラの漢方の、リニューアルされた箱を何気なくやぶってて知ったんですけど、




tsumura

(クリックで拡大)




こんなとこにバーコードが隠してあったー



今のGS1コードはちゃんと見えるとこにあるんですけど、

側面をやぶると古いタイプのバーコードがなかに仕込んでありました。



これはいったい・・・。




箱をやぶらないといけないようなところに印字する必要ある??



しかも、旧JANコードなんてもう薬局では使わないですよね。

今や監査システムも発注も、薬局内の作業はGS1コードで出来ちゃうじゃないですか。

メーカーや卸などの流通でも勿論GS1コード使ってるでしょうし。。




まだGS1コードに対応できてない薬局に対するささやかな配慮???なんでしょうか。




ツムラの箱と言えば、味気ないデザインに変わって安っぽくなったなーと思ってましたが

良く分からない所にこだわってますね(笑)




リアップX5プラスが登場






こんばんは。

壁ドン、顎クイ、札ポン。

むむです。





リアップX5プラス



という商品が発売されましたね。

まだ公式サイトも更新されてないですが、店頭には入荷しました。

急きょ発売日が早まったみたいで、なんやかんや追いついてないですね。




リアップX5とどう違うのかというと、
トコフェノールやらパントテンなんとかやらが追加になった、ただのマイナーチェンジです。

昔「リアップ」しかなかった頃、「リアッププラス」が登場したときと同じ感じですね。

価格もリアップX5とリアップX5プラスと同じ価格です。
つまりラインナップの追加じゃなくてリニューアルという扱いになるようですね。



というわけで、現在あるリアップシリーズはコチラです↓
独断と偏見交じりでどうぞ(笑)



●リアップ(60ml)
 
一番基本のやつ。コスパ最悪。存在価値なし?



●リアップ(120ml)

効き目よりもコスト重視な人向け。



●リアッププラス

リアップ(60ml)の微妙なマイナーチェンジ。



●リアップジェット

リアッププラスと成分一緒。
容器は違うけど、ジェット感も微妙。



●リアップリジェンヌ

添加物が違うだけで基本はリアッププラスと一緒。
成分一緒なのに男女で製品を分けてる謎。



●リアップX5プラス

リアップX5のリニューアル版。
リニューアル加減は微妙だけど、現状最強なのには変わりなし。
効き目重視な人に。





無駄に種類はあるけど、結局のところ、


「X5」か、そうでないか。


の2択なのはなんにも変わってません(笑)




というわけで、中身の「うすい」話になってしまいました。


(毛だけに)

| むむろぐセカンドホーム | 次ページ