ママにゲーム隠された





こんばんは。

シン・デレラ

むむです。





さてさて、今日はオススメゲームの紹介です。



●ママにゲーム隠された
https://play.google.com/store/apps/details?id=air.jp.ne.hap.mom&hl=ja




スマートフォンで遊べるゲームアプリです。無料。




ジャンルで分けるなら「脱出ゲーム」なんですが、

脱出ゲームとしての難易度は大したことなくて、小一時間で全クリできるんですけど、

結構シュールなネタだったりギャグだったり、アイデアが面白いです。

引っ掛けもあったりして、そうきたか!とか、

そんなアホな!っていうのもあります(笑)

この手のゲームで「動き」やタイミングの要素があるのもちょっと新鮮。

エンディングのオチもなかなかうまく作ってあって、

チープな見た目とは裏腹に、結構面白いですよ。




めっちゃ肩の力を抜いてゆるーく遊べる脱出ゲーム、

かなりオススメですので是非!




巷ではおにぎりのグラフィックに超絶お金をかけたゲーム(笑)なんかも発売されてますけど、

「ママにゲーム隠された」みたいに、サクッと一人で作れそうな見た目のゲームなんだけど

アイデアやプレイ感が面白い、っていう、そういうのがゲームとして一番大事じゃないかと思いますね。




テーマ : おすすめゲーム
ジャンル : ゲーム

むむがおすすめのローションはコレ





こんばんは。

少年よ、後腐れのない女を抱け。

むむです。





さてさて、最近なんやかんや忙しくてだいぶ更新があいてしまってスイマセン。

まだまだ忙しい日々は続くんですが、とりあえず再開します。

よく考えたらブログ1回書くのに平均10分ぐらいしかかかってないので

この作業を省いたところで時間が増えるわけでもないんですけどね(笑)





今日はおすすめローションの紹介です。



ローションといってもアレですよ、

ヒルドイドローションとか、アンテベートローションとかそういう類のものじゃないですよ、

ちゃんとした(?!)、TENGAとかに使う生理用のローションですよ。




●TENGA PLAY GEL DIRECT FEEL
http://amzn.to/2gcQbfl




ローションってどれも同じだと思ってませんか。

コレはかなり「薄い」です。

ローションの分厚さが、薄いイメージです。

サラサラしてると言い換えてもいいかもですね。




ヌルヌルするやつもいいんですけど、

ヌルヌルのやつだとどうしても、TENGAの内側のせっかくの突起の感覚が鈍くなるんですよね。

その点、サラサラだとホールのヒダヒダの感触が強くなるので、

「DIRECT FEEL」の名の通り、刺激が強くていい感じです。




欠点としては逆に、長時間使用するときは継ぎ足しが必要になるってとこですかね。

ヌルヌルだといつまでもそのまま使えますけど、

サラサラな分、乾きやすめなので、長時間コースでお楽しみの際は、途中でつぎ足す必要があります。




一長一短ではありますが、ホールによって使い分けるのもアリですね。

キツキツでもともと刺激が強めのホールには、ヌルヌル系のローションを使って、

比較的ユルめというかやさしめなホールには、サラサラ系ローションを使うとか。

敢えてキツめのホールにサラサラ系ローションを使って一気に上り詰めるのもアリですが(笑)






うん。



ローションひとつでここまで語れるようになりました。




(泣きながら)




テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ヘパリン類似物質 泡状 スプレーを使ってみた





こんばんは。

「隠れトランプ支持」みたいに、みんな「隠れむむ」なの??

むむです。




さてさて、こんなのが出てきますね。


●ヘパリン類似物質外用泡状スプレー製造販売承認取得のご案内
http://www.nippon-zoki.co.jp/images/topics2/1473901366/1473901366_12.pdf



使用見本があったので、さっそく使ってみました。




薬局で試したので、ワンプッシュして両手に伸ばす感じで使ったんですが、

ワンプッシュでめっちゃ広く使えますね。

両手だけだと余ってしまって、体にも塗りたくりたくなりました。

薬局内で全裸になるのは踏みとどまりましたが(笑)




結構、なんていうか、分厚いですね。(何)

語彙力がなくて申し訳ないんですが、直感的に思ったのは、

泡なのに分厚いなと。

何を言ってるのかわからないと思いますが、

実際に使っていただけば分厚いの意味が分かっていただけると思います(笑)

ビーソフテンローションとかに比べても、やっぱり分厚い。(何)





泡なので、冬に使っても冷たくなくていいのかなというのはありますね。

もちろん、夏は容器ごと冷蔵庫に入れておけば冷たくて気持ちよさそう。



薬価がどうなるのかは気になりますね。

ビーソフテンローションがスプレー容器に入っただけで高くなったりする不思議な世界なので、

ヘパリン類似物質スプレーと同じぐらいかちょっと高くなるかもですね。





あと、結構分厚くて(?)いっぱい使うとぬるぬるするので、


この泡を使ってマットプレイをしてみたいという妄想が膨らみます。(駄目)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

感動するラーメン店





こんばんは。

えっ、トランプ大統領になったらPPAPから離脱しちゃうの?!(混乱)

むむです。





ちょっと良いラーメン屋を見つけたので紹介します。



●塩元帥
http://shiogensui.com/



私が行ったのは家の近所の店舗だったので、

チェーン全部の店舗に当てはまるかどうかは知らないですが、

おすすめポイントを簡単に箇条書きにしますと、




●塩ラーメンが好きな人向け

●「ゆず」が効いていておいしい

●店員の気配り、目配り、声掛けがハンパない

●順番待ちの間のチャイルドコーナーが珍しい





このあたりでしょうか。

近頃は「おもてなし」やら「ホスピタリティ」やらが流行ってますけど、

ここまで本当に実行できている店は意外と珍しいです。
(チェーン店なので店舗差があるかもしれないですけどね)



価格は900円前後と、高くも安くもない感じ。



正直、お気に入りのラーメン屋は他にもいっぱいあるので、

ココが一番!とは断じてならないんですけど、

「塩ラーメンならココ」って感じで選択肢のひとつに入る感じですね。



店員の接客がハンパなく良いので、味や価格だけじゃなく総合的に評価する人にはオススメです。




あと、ラーメンの汁を飲み切った時に器の底に現れるメッセージね(何)

良い接客のあとにこのメッセージが出てきたもんだから、妙に感動してしまいました(笑)




わざわざ遠方から行くほどのものではないですが、近所に店舗がある人はぜひ。





テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

PLを半期ごとに確認する薬局社長の衝撃





こんばんは。

ジャニーズシニア

むむです。





今月の日経DIにこんな記事が載ってましたね。


●労働分配率60%の衝撃
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/syacho/201611/548921.html



いつも巻末に載ってる、どっかの中小薬局の社長のコラムです。

読めない人のために起承転結で要約すると、





9月末で半期が終わって、BSとPLを確認してみたら

労働分配率が52%から60%近くまで上がっててビックリ。

原因を調べてみたら技術料の低下が大きい。

基準調剤加算と後発医薬品調剤体制加算を取っていかなきゃ~





こういう感じです。



まずひとことツッコませて下さい。





半期たってからやっとPL確認するの?!





いや、普通毎月確認するっしょ。

イマドキ管理薬剤師とか、小売業の店長レベルでも毎月PL見ますよね。

半期たってからやっと確認することに衝撃だったんですけど(汗)

中小薬局の社長なんてこんなもんなんでしょうか。。



冒頭の文章を見ても、毎月売り上げしか見てない感じですね(笑)

赤字になっててもしばらく気づかないんじゃないかなこの人。。





2016年は報酬改定もありましたし、技術料の低下は多少なりとも影響あるでしょう。

普通は、改定後の4月が終わった時点で、

どこがどれぐらい影響があったか検証しますよね。そんなん管理薬剤師でもやってる。

4月終わった時点で気づけよと(笑)

(もっと言うなら、3月に具体的な改定内容が出た時点で数字のシミュレーションはある程度できます)

なんで10月の段階で衝撃を受けてるんだこの社長は(笑)





労働分配率に関しては、この会社の店舗の形態がどんな感じか知らないですけど、

クリニックの横の調剤薬局、って感じなら労働分配率60%はそんなに異常値でもないですけどね。

50%台ならかなり良い方だと思います。

調剤併設のドラッグストアだと、店舗全体で30~40%台ぐらいですけど、

調剤だけの店舗だとどうしても労働分配率は上がっちゃいますからね。

粗利を上げる(取れてない加算を取れるように頑張る)ことしか書かれてないですけど、

どっかで人件費の無駄が発生してないかとかも、工夫の余地あるんじゃないでしょうか。





「労働分配率60%の衝撃」より、

半年に1回しかPL見ないということに衝撃を受けました(笑)



テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

PPAP ~むむ太郎バージョン~





こんばんは。

「君のナカ。」

むむです。





さてさて、「君の名は。」の次はピコ太郎の「PPAP」が人気みたいですね。

「次は」って並列な感じでいうのもおかしな話ですが(笑)



それはそうと、PPAPの歌詞でちょっと気になったことがありまして。




I have a pen,

I have a apple.

Uhh Apple-pen !
 


I have a pen,

I have pineapple.

Uhh Pineapple-pen !



Apple-pen,

Pineapple-pen,

Uhh Pen-pineapple-apple-pen !!




動画を見てるとこんな風に言ってるように聞こえるんですけど

a apple じゃなくて an apple じゃないのかなーとか、

pineapple じゃなくて a pineapple じゃないのかなーとか、

細かいとこに違和感が(笑)

それとも私の耳が悪いだけで、ピコ太郎はちゃんと言ってるのかもしれないですが(汗)





「ロングバージョン」で「ロングペン」っていうのは意表を突かれました(笑)





というわけで、私も私なりの替え歌(?)を作ってみましたのでどうぞ。








I have a boy,



I have a girl.






Uhh  








Cream-pie !!







(全員無視)



テーマ : 音楽バラエティー
ジャンル : 音楽

イニシンク配合錠と糖尿病配合剤まとめ






こんばんは。

ハロウィンにダビデ像の仮装してみたい。

むむです。






さてさて、今日は珍しくまじめに、新薬の紹介ですよ。


タケダからもうすぐこんなん出てきますね。


●「イニシンク配合錠」の日本における製造販売承認取得について
http://www.takeda.co.jp/news/2016/20160928_7575.html



(あ、新薬っていうほどでもないか・・・)


もう全然興味がないんですけど、(ぉぃ

特徴としては、1日1回でいい、錠剤の大きさがメトグルコ500㎎錠より小さい、とかその辺でしょうか。





ちょっと配合剤がいろいろ出てくるたびに分からなくなってくるので、

糖尿病配合剤をまとめてみました。↓

(個人的に分かりやすく商品名表記にしてます)




●メタクト配合錠(アクトス+メトグルコ)

●ソニアス配合錠(アクトス+アマリール)

●リオベル配合錠(アクトス+ネシーナ)

●グルベス配合錠(グルファスト+ベイスン)

●エクメット配合錠(エクア+メトグルコ)

●イニシンク配合錠(ネシーナ+メトグルコ)
←NEW




糖尿病治療薬の配合剤は、2016年11月現在こんな感じですね。




こうやって並べて見てみると、タケダが色々と苦しんでる感がありますね(笑)



アクトスの特許切れの頃に合わせて、メタクト、ソニアス、リオベルがワラワラ出てきましたけど、

メタクトに関しては、1日1回の薬と1日3回の薬、合わせても用量調節がしにくいんじゃない?って気がしますし、

ソニアスに関しては、今はSU剤よりDPP4阻害剤があるのでそもそもSU剤が時代遅れ、

リオベルに関しては、そもそもこの2種類を合わせるメリットもよく分からないし、

そしてアクトス自体が、かつてはめっちゃ売れた薬でしたけど、

今は膀胱がん騒ぎやらもありましたし、他の選択肢もいろいろ増えたのでちょっと脇役になっちゃいましたよね。

というわけで、タケダが2010年ごろからワラワラ出してきたメタクト、ソニアス、リオベルはどれも微妙。

いっぺんに出すぎてどれがどれかいまだに全然分からないし(ぉぃ




そして今回のイニシンク配合錠ですけど、

DPP4阻害薬+メトホルミンということで、現在の糖尿病治療では標準的というか理想的な組み合わせですよね。

ただ、やっぱり1日1回ではメトホルミンの用量調節がしにくいし、使う患者は限られてくると思いますね。

頑張ってメトホルミンに持続性を持たせてみたぜ!とかなら有用だったと思うんですが。




余談ですが、イニシンク配合錠に入ってるDPP4阻害薬はネシーナですけど、

このネシーナがそもそも、特徴ないですよね(笑)

最初に登場したジャヌビア/グラクティブやエクアよりも出遅れちゃってるし、

後から登場したトラゼンタみたいに特徴があるわけでもなく、

ネシーナにこだわる理由が特にないっていう。。



今回も、同じ系統の配合錠でもノバルティスのエクメット配合錠に後れを取ってるわけですし、

イニシンク配合錠が売れる理由が見当たりません(笑)

タケダ好きなドクターぐらいじゃないですかね。





あと、どういう意味で「イニシンク」っていう命名にしたんでしょ。


名前からは何も連想できなさ過ぎて、きっとこの薬も医療関係者に覚えてもらえないわ(笑)




テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク