6月収載予定ジェネリック医薬品 他





こんばんは。

バファリンにやさしさが混入していたことが発覚

むむです。




最近は医療用医薬品関係のニュースが多めですね。
個人的に気になったのをいくつか取り上げます。




●米FDA、エンパグリフロジンとリナグリプチンの合剤承認
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201502/540606.html

SGLT2阻害剤とDPP4阻害剤の合剤がアメリカで承認されました。
この二つって、得意としている層が若干違うような気がするんですけどどうなんでしょうか。
DPP4阻害剤で食後高血糖を抑えて、早朝空腹時血糖をSGLT2阻害剤がカバーする的な??



●疑義解釈資料の送付について(その12)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=245251&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000073090.pdf

調剤報酬の方で2件ありました。

・吸湿性が強い薬をPTP包装のまま交付しても一包化加算は算定可。
地域によっては、コレをして査定で引っかかったケースを聞いたことがありましたが、
まあ、一包化加算の趣旨を考えれば、算定できて良いと思いますね。

・一包化加算において、同一銘柄の同一剤形で規格のみが異なる
薬剤が同時に調剤された場合は1種類として取り扱う。
コレは、調剤料でも同じ考え方なので、当たり前っちゃ当たり前でしょう。




●週1回投与の糖尿病治療薬「ザファテック」の製造販売承認が了承-武田薬品
http://www.qlifepro.com/news/20150203/takedas-zafatek-got-the-manufacturing-and-marketing-approval.html

DPP-4阻害剤初の週一回製剤ですね。
ビスホスホネート系は服用の煩わしさから、週1回製剤は納得いくんですが、
DPP-4阻害剤の場合はどうなんでしょう。
イマイチメリットがピンとこないです。
毎日製剤は逆に、毎日服用することによって食事制限を意識する、
というメリットもある様な気がしますけどね。



●6月収載予定ジェネリック医薬品

プラビックス
メトグルコ
フリバス
アサコール
サイボックス
フェマーラ など


やっぱり目玉はプラビックスですね。
数量ベースではメトグルコでしょうか。

患者さん的には、高額なアサコールやフェマーラも嬉しいでしょうね。
正直薬局の経営的には、フェマーラまでジェネリックには変えたくないところですが(笑)




●12月収載予定のジェネリック医薬品

エックスフォージ
カデュエット
ジェイゾロフト など



配合剤はもう正直先発品ですら何が何だか覚えきれてないです。



関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク