キンカンは買ってはいけない




こんばんは。

隙があるから、好きになる

むむです。



そろそろまた虫の季節がやってきましたね。

年寄りの中で、虫さされの万能薬として名高い

キンカン


ですが、
年寄りの一つ覚えのようにみなさん買って行かれますね。

正露丸やオロナインが未だに売れているのと同じ原理でしょうか。

ご存知、キンカンの主成分はアンモニア水です。

なんでアンモニア水が虫さされに効くとされているのかよく分かりませんが、
虫さされに尿を掛けたりしていた昔の風習?の名残のような気がします。
ステロイドなどや抗ヒスタミン薬が登場した今となっては効果は殆どないでしょう。

しかも、アンモニア水ってなんか若干皮膚を荒らしそうですしね。


あと、アンモニア水はハチの毒を中和する、という言い伝え?から
ハチに刺されたときにキンカンを使う人もいるみたいですね。

たしかにハチの毒は蟻酸だからアンモニア水で中和できるやん、
という理屈はわからんではないですが、
体内の奥に注入された毒にたいして、皮膚表面にアンモニア水を塗ったところで、
おまじないレベルですよね。

ハチに刺された場合でも、たいていの場合は冷やしたり、
抗ヒスタミンやステロイドの軟膏で治ります。

大群に刺されたり過去に刺されたことがあったり、あるいは体質によって
ショック症状が出たりすることもあるので、症状が酷い場合には病院に行った方がいいでしょう。


キンカンの効能効果には虫さされの他に、肩こり腰痛打撲捻挫、も書いてありますが、
こっちもサリチル酸がちょろっと入っているだけなので効果は無いに等しいですね。
サロンパス以下(笑)


まあ、敢えてキンカンの効能効果を私なりに表現するとすれば、
メントール、カンフルが入ってて、そしてアンモニア水の気化熱的な効果を総合して



スーッとする効果。以上。



といったところでしょうか。(ぉぃ





関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

アンモニア水500mlが300円、キンカン120mlが1000円
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク