トラネキサム酸と飲み合わせの悪い胃薬


こんばんは。

「今から一緒にこれから一緒に殴りに行こうか」
なんて物騒なこと言ってると思ったら、そういうことだったのか~。

むむです。




さてさて、表題の件ですが、ノイエルという胃薬です。
成分名ではセトラキサートというものです。
市販薬では新センロック錠などに入っています。

飲み合わせが悪いというか、
セトラキサート自体が体内で代謝されてトラネキサム酸に変わります。

56%ほど変わるというデータもありますので、
セトラキサートを1日600mg摂ったとしたら、
トラネキサム酸を300mgちょい摂ったことになりますね。

そんなに多い量ではないですが、
もともとトラネキサム酸を摂ってる人や、
血栓ができやすいような人は注意が必要ですね。


なんでこんなネタを持ってきたかと言うと、
たまたま登録販売者試験の過去問を見てたら、
セトラキサートが出てたんですよね。

医療用のノイエルにしろ、市販薬のセンロックにしろ、
そんなに使われてない超マニアックな薬じゃないですか。
なかなか細かいところ突いてくるなーとは思ったんですが、
まあ、こういうところは問題にしやすいですしね。

ただの胃薬でも意外なところで飲み合わせ注意がありますよというお話でした。



そういえばASKA逮捕は衝撃でしたね。
SAY YES(自供)したんでしょうか。

関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク