世界抗生物質啓発週間





こんばんは。

マゾぎわ族

むむです。





11月16日~22日は、世界抗生物質啓発週間らしいですね。

いつのまにこんなものが出来たんでしょうか。


要は、不適切な抗生物質の使い方をして抗生物質が効かない菌が出てきてて、
本当に抗生物質が必要な時に効かないという人類にとっての脅威になるので、
気をつけましょうねーということですね。

抗生物質が要らない症状にまで処方したり、
出された抗生物質を途中で飲むのをやめたり&余った抗生物質を自己判断で使ったり・・・
といったことをやめましょうということですね。



まあ、まだまだ風邪は抗生物質で治ると本気で思ってる人がかなり多いと思いますので、
そこの意識を変えないといけないでしょうからね。

あと、医者にしても、抗生物質出さないと患者が満足しないから出す、とかいう「患者の言いなり系医者」とか、
ヤブと思われるのが怖いからとりあえず無難な抗生物質出しとくかー的な「診断に自信ない系医者」とか、
市販薬で良いじゃんと思われたら売り上げが減るからドラッグストアとの差別化のために抗生物質出すような「目先の利益優先系医者」とか、

そういう医者側の問題も結構あると思いますけどね。





抗生物質と言えば、私が嫌いなのがクラリスですよ。

飲み合わせが悪い薬がめちゃくちゃ多い割に、処方頻度が高いという。



そんなクラリスですが、私の中でちょっと謎なことがあるんですよね。

併用禁忌(一緒に飲んじゃ駄目よ)の項目にタダラフィルがあるんですが、なぜかアドシルカのみなんですよね。

これはどういうことなんでしょうか。



タダラフィルを主成分とする薬は、

肺動脈性肺高血圧症に使う「アドシルカ」と、
前立腺肥大症に使う「ザルティア」と、
勃起不全に使う「シアリス」とがありまして、


まあ同じ成分なのに3種類もあることがそもそもツッコミどころではあるんですけど(笑)、


アドシルカだけが併用禁忌扱いなのがちょっと不思議です。

ザルティアもシアリスも、じゅうぶん危険だと思うんですけどね。




まあ、ザルティアは通常1日5mg、シアリスは通常10mg飲むのに対し、
アドシルカは通常1日40mg飲むので、
量的な問題なのかもしれませんね。

もちろん腎機能や他の既往歴によっても変わってくるでしょうけど、
タダラフィルは死亡例もあるリスクの高い薬だけに、
併用禁忌になってなくてもわざわざクラリスを飲む意味はないですね。



まあ、シアリスに関しては、クラリス飲むならシアリスを飲まなければいいだけの話ですが(笑)




関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク