高血圧の人でも飲める市販の風邪薬





こんばんは。

熱血硬派クンニおくん

むむです。





高血圧の持病をもっているけど風邪薬はどれがいいか




という問い合わせ、風邪薬シーズンのこの時期には定番です。



ネットで検索してもイマイチハッキリしないサイトばっかりですし、
悩んでる人は多いのかもしれないですね。

というわけで、私がハッキリお伝えしましょう。




だいたいどれでもダイジョーブじゃね?!

(全然ハッキリしてない)






まあそれは冗談として、、、


薬の説明書、もしくは外箱に、高血圧の人は

「服用しないこと」

と書かれてるのが、ごくまれにあります。

(ベンザブロックLとか)

そういうのはとりあえず避けましょう。

添付文書から逸脱すると何かあった時にやっかいです。





他の風邪薬の大半は、「相談すること」の欄に記載があります。

「相談すること」とはどういう意味かと言うと、



どりあえず飲んでみて、アカンかったらやめればいいじゃん。



ぐらいのノリです。



血圧に影響するかもしれない成分は入ってるけど、
風邪で3~4日飲む程度なら大丈夫じゃね?
まあ一応血圧はかってみて、ヤバそうなら飲むのやめてね。



的な意味です。




つまり、大半の風邪薬は様子見ながら飲めば大丈夫、ということです。




成分的には、

なんたらエフェドリンとか、マオウとか、カンゾウとか、グリチルリチンとかの、

交感神経を興奮させちゃう系とか、体に水分ためる系の成分が、注意すべき成分です。



漢方の葛根湯なら大丈夫じゃね?って考える人も多いようですが、

葛根湯にはマオウもカンゾウも入ってるので、

血圧への影響はゼロではないですね。





ちなみに、添付文書に「高血圧の人」の記載が全くない薬もあります。

それが、




パイロンS

パブロン50  など





効きはともかく、血圧には絶対影響しないのがいい!っていうデリケートな人は

このへん飲んどきゃいいと思います。





まとめると、


●「服用しないこと」となっている製品は避ける

●たいていの風邪薬は「相談すること」となっており、基本様子見ながらどれでも使用可能

●めっちゃ厳密にコントロールしないとヤバそうな人はパイロンSなど



って感じです。





まあ、風邪薬なんて飲んでも飲まなくてもいいような薬だし、

血圧だって少々上がろうが下がろうが何ともない人がほとんどだし、

あとはもう個人の症状と価値観と目的次第ですね。




ちなみに私は、風邪薬では何ともないんですが

紗倉まなちゃんを見ると血圧が上がります。

誰に相談すればいいですかね??





関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク