ビオフェルミンSを1錠ずつ分包する理由





こんばんは。

「ゲス川谷」っていう略し方、正しく略してるのに悪口になっててすごい。

むむです。





ちょっと面白い記事があったので紹介します。


●Sの刻印がある謎の錠剤
http://yakuza-14.blogspot.jp/2016/01/s.html



患者さん宅で薬の整理してたら、「S」とだけ刻印された錠剤が出てきてなんじゃこりゃぁぁ



っていう内容ですが、

すいません。

記事のタイトルだけで市販の「ビオフェルミンS」だと分かっちゃいました(笑)




というのも、ビオフェルミンS、私ちょいちょい愛用してるんですよ。

おなかが緩くなることが時々あって、
そういう時にビオフェルミンSをがぶ飲み(自己責任)すると
お通じの状態がだいぶいい感じになります。

ザ・ガードとか、色々な整腸剤を試してみたんですが、
個人的にはビオフェルミンSが一番効果が実感できますね。

医療用の「ビオフェルミン錠剤」を薬価で買ってもいいんですが、
市販の「ビオフェルミンS」を買うのとそんなに一日当たりのコストが変わらないので、
市販の「ビオフェルミンS」を買ってます。

ビオフェルミンSの方が、ドラッグストアで広告で原価割れで売ってることもよくあるし、
医療用のPTP包装よりも、市販のビン入りのバラ包装の方が手軽にガバーッと飲みやすいですしね(笑)




あと、「S」とだけ書かれた不親切な錠剤、ってだけで、
市販薬かな?って疑うことはできます。

市販薬って、大半が錠剤に何も書かれていないか、
書かれててもアルファベットひとつだけ、とかそういうのが多いです。

逆に、医療用のは、
「BF13」とか、「OG33」とか、
アルファベットと数字が組み合わせられてるものが多いです。
(もちろん例外もいっぱいありますけどね)




にしても、わざわざ市販のビオフェルミンSを1錠ずつ分包してあったのが謎ですね。

せっかくビン包装で飲みやすいものを、わざわざ分包する意味が分からないですし、
1回に3錠飲むとしたら、3包開けないといけないですよね。
3錠ずつ分包してあるのなら、まだ合理的ですが。



プラセボで投与してるんでしょうか??(笑)



コレ以上睡眠薬を増やせない年寄りが、寝れない寝れないとうるさいから、
しゃーない、ビオフェルミンでもだしとけーみたいな。

「おじいちゃん、良く寝れる睡眠薬出しときますねー」みたいな。

精神科の患者とか、プラセボ投与はよくある話ですし、
在宅の年寄りとかなら、ネットで自分で調べられてバレる、という心配も少ないでしょうし(笑)




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク