リゾチーム製剤が販売中止






こんばんは。

SMAPは五人 STAPは誤認

むむです。





昨日17日の薬食審で、リゾチーム製剤、ブロナーゼ製剤が、有用性なし、つまり


やっぱ効かねーわコレ。


という結論になって、各社販売中止を決めたみたいですね。





やっとかよ。





って感じがしなくもないですが(笑)




つまり、


ノイチーム(錠、顆粒、細粒、シロップ)
レフトーゼ(錠、顆粒、シロップ)
アクディーム(錠、カプセル、細粒、シロップ)
エンピナース(錠、カプセル)
イソパール(カプセル)


は消えます。

点眼とかの一部外用薬は今のとこ何の発表もないですね。
内服だけかな??





これで、ダーゼンに続いて「消炎酵素剤」とかいう謎のジャンルは消滅する感じですかね。

昔からあるよく分からない薬でしたが、
そもそも「酵素」がどうやって効いてるのかも謎ですしね。
「コラーゲン」と全く同じ理屈でマユツバ。




まあこれで、正式に「効かない」という結論になって良かったです。

しょーもない病院で卵アレルギーの患者にも容赦なく処方されて、

薬局でなんとか防ぐ、というメンドクサイ作業が無くなるのは良いことです。




医療用は姿を消しますが、市販薬はどうなるんでしょうね。

今のところ何も動きは無いようですが。



まあ、市販薬はいろんな成分をまぜこぜにしてるので、

塩化リゾチームがゴミだと判明した所で、

効能効果は変わらないんでしょうね(笑)

イブプロフェンが入ってるから抗炎症作用は謳えるし~

ブロムヘキシンが入ってるから去痰作用は謳えるし~みたいな。




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク