アレグラの副作用 「悪夢」






こんばんは。

ツンデレラ

むむです。





そういえば、アレグラとかの、アレルギー薬の副作用に「悪夢」ってあってビックリした!

みたいなのがネットで話題になってましたね。

花粉症の時期になると毎年その話題を見かけるような気がしなくもないです。

まあそりゃそういうこともあるだろうさ、と適当に流してましたが、

よく考えたら「悪夢」という表現、一般の人にはちょっと衝撃的な表記かもしれませんね。





悪夢ってどういうことやねん、ということですが、

睡眠を妨げられて中途覚醒したり、夢の内容をやけにハッキリ覚えてたりということなんでしょう。





アレグラ以外の薬でも起こりうる可能性はもちろんあって、

脳に移行しやすい薬、
睡眠薬、抗不安薬、
脳内物質(セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミン等々)に作用する薬
ヒスタミンやGABAに作用する薬

などなどは起こりうる可能性があると思います。




脳に移行しやすい薬は中枢神経系の副作用を起こす可能性がありますし、

睡眠薬や抗不安薬で睡眠の質が乱れて、例えば薬を減らした時にレム睡眠が増えて悪夢を見やすいとかもあるかもしれません。

セロトニンやノルアドレナリンもレム睡眠に関与してますし、

ヒスタミンは覚醒に関与してますので、ヒスタミンをいじるような薬も睡眠の質に影響するでしょう。




ただ、こういった薬を飲むような病気を持っている人は、

その病気そのものが原因で「悪夢」を見てるんじゃないの??と考えることもできるので

一概に薬のせいとは言い切れないですけどね。




薬を飲み始めてから「悪夢」がやたら増えたとか、明らかに薬のせいっぽかったら

副作用を考えた方がいいかもですね。





まあアレグラの脳内への影響を踏まえても、

花粉症で鼻が詰まってて「悪夢」を見たら、

そんなの鼻づまりのせいだろ、と私なんかは思ったりもしますが(笑)






副作用「淫夢」の薬を開発したら大ヒット間違いなし?




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク