医者に出されても飲み続けてはいけない薬





こんばんは。

問:この小説を書いたときの作者の気持ちを答えなさい。

答:印税

むむです。





先日の週刊現代の記事にこんなのが載ってたみたいですね。



●医者に出されても飲み続けてはいけない薬
http://glucan.naganoblog.jp/e1930221.html



コレまた、突っ込みどころが多い記事ですね(笑)

もう全部はツッコまないですけど、




「クレストールは腎不全になる可能性がある」

とか、一部の稀な副作用を取り上げて有効性を完全無視というよくあるトンデモ論理ですね。

飛行機に乗ると墜落する可能性がある

って言ってるのと一緒。だから何??っていう(笑)





あと、「飲み続けてはいけないリスト」とか言っておきながら、

タミフル


とかがリストに入ってるのは一体どういうことなのか。

タミフルは5日間服用で終わり。

長期に飲む馬鹿はどこにもいませんが(笑)


もちろんタミフルの有用性の是非自体は意見が分かれるところですが、

それと「飲み続けてはいけない」話とはベクトルが全然別。


なんか内容がチグハグすぎて、素人が聞きかじっただけ感丸出しなんですよ。

こういうただの素人が書いた本を素人が読んで踊らされるっていう、

単なる素人同士の騙しあいですね(笑)



あとはアボルブでガンになるとか、どの論文にそんなの載ってるの?!とか。


最終的に飲む飲まないは患者の自由ですが、

その根拠がこんなトンデモ本だったらご愁傷さまとしか言いようがないですね。




というわけで、私が「乗ってはいけない乗り物リスト」を作りましたのでどうぞ。(何





乗ってはいけない乗り物リスト


飛行機:墜落する可能性がある。死に至る。

電車:脱線した例が報告されている。

自転車:年寄りを撥ねて死亡事故を起こすことが多い。無保険で人生終わる。

船:沈没するので乗ってはいけない。

新幹線:車内で焼身自殺が発生することがあり危険。

高速バス:運転手が過労で事故を起こす。

絶叫マシン:死亡例が報告されている。

自動車:事故率・死亡率ともに乗り物では最多レベル。

徒歩:暴走自動車が歩道に突っ込んで撥ねられる危険性がある。外出禁止。





以上です。これで私も週刊現代さんの記者になれますかね??




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

リスクとベネフィットの問題ですからね。
「乗ってはいけない乗り物リスト」笑ってしまいました。記事の馬鹿馬鹿しさがわかりますね。
しかし、週刊現代、まさか第二弾もあるとは…
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク