調剤薬局にあったらよいと思うサービス





こんばんは。

ねこむちゃんショックでもう寝込むしかない

むむです。





しばらく更新が途絶えてしまってすみません。

なんやかんやバタバタしてまして、気が付いたら半月ほどたってましたね(汗)

しばらく充電しましたので、今日からまた再開していきます。




今日はちょっと軽めの話題で。



●調剤薬局にあったらよいと思う商品・サービス
http://news.goo.ne.jp/article/dime/trend/dime-2258364.html


こんなサイトの紹介です。


1つ1つ見ていきましょう。




・全ての薬局でクレジットカードや電子マネーを使えるようにして欲しい(男性23歳)


未だに使えないところも多いみたいですね。
まあ薬局に限らず、小売業やっててクレジットカード等が使えないとか、

商売する気あるのかよ

って思いますけどね(笑)

古臭い紙幣や貨幣を持ってる人だけしか相手にしないとか、
自ら衰退しようとしているようなものです。




・医者の診断なしに症状で薬を処方してほしい(男性38歳)


コレは、すでに市販薬である程度カバーできてますけどね。
あと、「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」も販売できますし。

それ以外の薬は、さすがに病院に行って診察や検査をしてからのほうがいいです。
ただ、継続して飲み続けるような薬は、
いちいち病院を介さずにリフィル処方箋でいいと思いますけどね。
日本の制度が遅れているだけ。




・量が多く一包化で時間のかかるもの。混んでいて時間がかかる時、
席を外す希望者にショートメールなりで準備できた事を通知してくれるサービス(男性46歳)


コレも、すでにあるサービスですよ(笑)
やってない薬局もあるでしょうけど。




・処方箋に記載の薬が、本当に必要かどうかについてのコンサルティングサービス(男性68歳)


コレも、やってますね(笑)
患者と話をしていくうちに、「もしかしてこの薬いらないんじゃね?」ってなったら
患者にその旨アドバイスして、次回医者と相談してもらう。
薬剤師と医者、立場も視点も知識も違うから意見は違って当たり前。




・風邪など感染する病気の人と、眼科や整形外科等で処方された人の待合室をわける(女性33歳)


物理的にスペースを分けることは難しいことが多いですが、
考え方によってはすでにできてますけどね。

ドラッグ併設だったら待ち時間の間買い物しとくとか、
さっき出てきた「メールサービス」で準備ができてから来局するとかで、
同時に同じスペースに居ない工夫をすればいいだけなので。




・薬を取りに行けない時、預けられるロッカーとかあれば受け取りが楽(女性40歳)


ちょっと言ってる意味がよく分からないのですが、(汗)
まあ忙しくて薬局に来れない、ってことなんでしょうかね。

コレも、いちいち薬局に来なくてもいい制度だったらいいんですけどね。
メールオーダーで、人や機械で家まで配達するやつ。
制度が遅れてるせいもあります。




・プライバシーを保護してほしい。名前や病名を出さない工夫をしてほしい(女性57歳)


昔からよくある定番のクレーム内容ですね(笑)
薬剤師の配慮次第でもありますし、
そもそもいちいち薬局に来なくてよくなればさくっと解決できるんですけどね。




・処方箋を電子化して病院の診察が終わったら、調剤薬局にデータが自動的に送信されて薬が用意されている(男性30歳)


これも技術的には可能なのに制度が遅れているだけです。
さすがに技術革新が遅い薬局業界でも、
処方箋が「紙」、という時代はそう長くは続かないでしょう。

スマホで処方箋の写真を撮って薬局に送る、というところまでは現在広まってきてるので、
もう一歩なんですけどね(笑)





もうね、どれも至極最もな意見ばっかりですよね。


かかりつけ薬局制度(別名キャバクラ制度)とか、そういう国が決めた意味不明な取り組みよりも、

なんやかんや言うても顧客の本当のニーズが一番大事です。

それに対応できないと普通の企業ならあっという間に倒産ですからね(笑)





関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク