ホケモンGOが日本で遅れている理由






こんばんは。

ポケモンGone(捕獲失敗)

むむです。





「ポケモンGone」という寒いギャグを思いついてしまったので、
今日はポケモンネタにします。(ぉぃ



いやー、まさか20年前のゲームがここまで成長するとは、
当時は思いもしませんでした。

私も20年前は、ポケットモンスター緑を結構遊んでました。

初代ゲームボーイがもう廃れかけていたころで、
当時は割とマイナーなソフトだったんですが、
そのうちアニメ化されだしてから急に一般人に普及しだした記憶があります。

収集、育成、対戦という飽きさせない要素もありましたが、
ポケモンブランドの成長はアニメのヒットが一番大きかったと思いますね。




今回のポケモンGo、ARを使ったゲームのようですけど、
似たようなのは3DSとかでもあった気がするし、
システム的に大して目新しいものではない気がするんですが、
やはりポケモンというブランドの威力が大きいですね。

あと、今までスマホゲーになかなか進出してこなかった任天堂が、
方向転換して満を持してスマホゲーを出してきた、ってところも話題性がありますよね。




日本だけ?サービス開始が遅れてるようですけど、
日本人が原作のポケモンなのに、その日本でなかなか始まらないというのは面白いですね(笑)

単純にサーバーの準備とかの事情もあるんでしょうけど、
日本人の性質も関係してるんじゃないでしょうかね。



ポケモンGoをやりながら何かトラブルが生じたら、
本当はプレイヤーが悪いのに、


ポケモンが悪い!!


と責任転嫁して規制しようとするじゃないですか。





手塚治虫の時代は「マンガは子供に悪影響がある」とか言われてましたし、

今でも「こどもが暴力的になるのはゲームのせいだ」とか、

何か男女のトラブルがあったらすぐ「ネットが悪い」とか「LINEが悪い」とか、


本質的な原因に見て見ぬふりをしてコンテンツそのものを否定しようとするでしょ。



自動運転の車が事故を起こしても、

「だから機械は信用できない」とか全否定しだすし。

お前ら人間は毎日毎日事故っとるやないかと言いたいですが(笑)




だからきっと、ポケモンGOをすぐに発売しても、
何かトラブルがあったら日本人はすぐ全否定しにかかると思うんですよね。




そのくせ、テレビとか週刊誌とか、既に昔からあるコンテンツは妄信してますよね。


あんなもんウソばっかりやのに。


「こないだテレビでやってた」っていう理由だけで怪しげな健康食品買いに来るバカばっかりじゃないですか。




だから、ある程度根付かせて、


「海外では当たり前にやってる」


っていうレベルになると、日本人も受け入れやすくなるんじゃないでしょうかね。





もう、日本でのポケモンGOは1年ぐらいあとがちょうどよかったりして(笑)





関連記事

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク