ルミフェン錠は買ってはいけない



こんばんは。

ドナルド「モロチンさ!」

むむです。




佐藤製薬から、新しくスイッチOTCが登場しますね。

その名もルミフェン錠。明日8日発売です。

アルミノプロフェン配合で、医療用ではミナルフェンというのが昔あったけど、

今は販売中止になってます。売れなかったですしね(笑)




スイッチしたてなので要指導医薬品扱い、

つまり本人限定で基本1回1個しか買えません。

パッケージは関節痛、腰痛、肩こり痛を推してきてますね。

ロキソニンSのパッケージが頭痛、生理痛を推してるから別にしてきたんでしょうか。

消費者はパッケージでしか判断しないですから、意外とパッケージは重要です。




値段は強気の、12錠1200円。なんとロキソニンsの倍近いです。

しかも、既にスイッチされているロキソニンsの知名度がハンパないので、

まあ、全く売れないでしょう。(笑)




抗炎症効果にしても胃への負担(COX2選択性)にしても、

どれほどロキソニンsと有意差があるか怪しいですし、

ぶっちゃけロキソニンsの倍近い値段を出すほどの価値は無いですね。

ロキソニンsでも痛みが引かなくて、他になんか無いんかい、って時に

試しに使ってみる程度で(笑)




と、散々な記事になってしまいましたが、、

医療用ではとっくに退場した成分を使った期待の新薬、良かったら試してみて下さい!!

(説得力ゼロで)


関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク