クリニックのホームページにお薬手帳バッシング




こんばんは。

「ご利用を計画的に」考えられる人は最初からサラ金なんて利用しないという矛盾

むむです。




こんなのを見つけました。


●かねしろクリニック
「調剤薬局の「薬剤服用歴管理指導料」に注意して下さい」




色々と突っ込みどころが多い文章ですが(笑)

面倒なので2点だけ指摘させていただきましょう。




■「お薬手帳」を持って行ってシールを貼ってもらうと70円余分に支払う

単にシール貼り代、のように思っているんでしょうか。
薬局はむしろ、過去の部分を見て、そこから情報を得たり判断したりして
患者の利益に繋がっているわけです。
貼ってもらうと支払う、という表現はおかしいです。
あと、支払いは大体の人が3割~1割負担なので、70円ではなく20~10円程度です。
自分の安全を取るか、20円を取るかは患者それぞれの価値観ですので
クリニックが決めることではございません。



■「お薬手帳」を調剤薬局に持って行かないでシールだけもらう事をお勧めします。

この文章、お薬手帳の存在意義がよく分からなくなってますね(笑)
手帳を持って行かずにずっと家に置いているのであれば、手帳の意味は無いです。
捨てたほうがましですね。
いったい何をお勧めしているの??




まあ、こういう誤解はよくあることなのでいいんですよ。
問題は、なんでクリニックが公式のウェブサイトで薬局のことを書いているんでしょう。

クリニックにしても、
毎回要らない検査をして検査代をふんだくったり、
明らかに28日処方や90日処方で良さそうな慢性疾患患者を14日処方で頻繁に通院させて診察代をふんだくったり、
色々と上手く稼いでますよね。
そういうクリニック批判を例えば薬局が自社のウェブサイトで発信したら??


余計なお世話、ですよね(笑)

自分のクリニックのイメージを下げているだけだとは思わないんでしょうか。



まあ気持ちは分からなくもないですけどね。
病院にしろ薬局にしろ、国が定めた報酬の範囲内でしか稼げないわけですから、
ちょっとでも利益の上がる方へ行動しようとなるのは当然のことです。

お薬手帳に関する報酬も、出来た当初から今まで2年ごとにずっとコロコロ変わっていますし、
また2年後には何かしら変わっているでしょう。
すべては国のさじ加減です。


ただ、お薬手帳のスタイルはまだまだ過渡期ですし、
私自身、こういうものがあればいいのにという壮大な構想は常に持っていますが、
確実に言えることは、「国民の安全」と「医療費削減」、
国のベクトルはこの二つの方向に向いていますので、
医療費削減が急務の中でも敢えてお薬手帳に医療費を割いている国の狙いも、
多少なりと考えていただけたら幸いです。



・・・と、珍しく綺麗にまとめてみました。
本当はお薬手帳のネタはめんどくさいので触れるつもりじゃなかったんですけどね。。

ネタを提供して下さったかねしろクリニックさんに感謝!(笑)


関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク