WELQがトンデモ記事だらけになる理由





こんばんは。

その花を咲かせることだけに一生懸命になって、チームワークを疎かにしちゃったのかな

むむです。





医療系情報サイトのデタラメが話題になってますね。




もうね、




今頃気づいたの?!





って感じですけどね。

まあこれでちょっとは、一般市民も「疑う」ということを知ってほしいですね。

ネットに限らず、テレビや雑誌でもそうですけど(笑)




ネットは特に、アクセス至上主義なんですよね。

アクセスが多いほど、広告収入が入るので、何が何でもアクセスを稼ぐ必要がある。

情報系サイトだと、記事の内容はともかく、



記事の




が大事になってくるわけです。

(あとは検索上位に引っかかりやすいテクニックなんかもありますが。)




とにかく記事の量を増やすために、超安い料金でライターを雇うわけですよ。

例えば1記事数百円とかで。

私も、どんな世界なんだろうという興味でいくつかやったことありますけど、

全く割には合わないですよね。

時給換算3000円以上の人間が、1記事数百円とかじゃ全く割に合わないですよね。時間の無駄。

とすると、どういう人間がこういう仕事を請け負うのかというと、




子育て中の主婦

暇なフリーター





あたりなんですよね。


家でパソコン触って文章書くだけで小金が手に入る、というのを良しとする人たち。

普通に定職を持ってる人は、わざわざ更に自分の余暇の時間を潰してまで小金稼ごうとは思わないですよね。




あと、「薬剤師のライターさん募集」となってても、

身分証や薬剤師免許の写メなりを求められたことは一度もないです。

つまり、職業も身分も、名前すらも明かさずにライターできるんですよね。




そうなるとどうなるかというと、




なんの知識もないフリーターが、

ちょっとでもお金を稼ぐために、

引きこもりニートでもできるライター業務に応募して、

どっかのサイトをコピペしたり、自分の勝手な創作を交えながら、

「ガンにはこれが効く!」とかいうデタラメ記事を大量生産するわけですよ。




サイト運営者も、アクセスさえ伸びればいいわけですから、

星の数ほどある1つ1つの記事の内容の真偽なんかには目を通さないでしょう。

ちゃんと検索上位に表示されるような対策がなされているか、

文字数は一定文字数以上書かれているか、というところは重視するでしょうが。





かくしてトンデモ記事がネット上に乱発し、

それを見たトンデモ客が、


「ネットでコレが効くって書いてあったんだけど」


って言ってきて医療従事者を脱力させる、という構図が出来上がってるわけです。






アクセス数は、正しさの指標じゃないですからね。

単に注目されているかどうか、だけのものです。

ピコ太郎はアクセス数はすごいけど、

PPAP以外のネタはひどいもんですし、トークも絶望的ですし、本質はくだらないオッサンですし。(ひどい





あと、なんで健康系だけ叩かれてるのかなというのもちょっと不思議ですけどね。

ほかの分野でも同じようなことはいっぱいあるのに。

そもそも、何が一番悪いかといえば騙される方が悪いでしょ(笑)





「むむろぐ」もあまり過信しないでくださいね。

私個人の主観掃き出し場所なので、

WELQ以上に信用できないです(笑)



TENGAのレビューやローションネタとかそういうのだけは全力で書いてますけど。



関連記事

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク