アマゾンがようやく第一類のネット販売を開始





こんばんは。

若者の乳離れ

むむです。





こんなニュースがありましたね。



●アマゾンで第1類医薬品の販売開始 注文確定前に常駐薬剤師が適正使用を確認
http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/amazon-pharmacy_b_16121182.html




私のツイッターのタイムラインは割とこの話題で盛り上がってるんですが、

私の正直な感想としては、





え、まだやってなかったんだ!





って感じですね。(ぉぃ




いや、第1類医薬品がネット販売解禁になったのって何年前だよ、って感じですよね。

ケンコーコムとか各社その頃からネット販売始めてるし、

amazonとかもうとっくにやってるようなイメージでいたんですが、

そういえばまだだったんですね。



遅い。遅すぎるよ(笑)甘いよ甘ゾン




それでもこんだけ話題になるということは、amazonの影響力の大きさを感じますね。

大多数の人間の、ネットでの買い物、ってamazonなんでしょうね。




ネット販売の利点としては、この記事にもあるように

リアップとか膣カンジダ薬みたいに、恥ずかしい系の薬が買えるというところでしょうね。



しかしやはりリードタイムは実店舗よりもかなり長いので、

今すぐほしい、という商品にネットは向いてないですね。

ただ、今すぐほしい、という薬って、第一類医薬品じゃなくてもいいんですけどね。



例えば、


ロキソニンはイブプロフェン製剤で代用可能だし、

ガスターはM1ブロッカーで代用可能だしで、

急ぎで必要な薬って第2類以下の薬で事足りるので、




常備薬が欲しい → ネットでポチ

恥ずかしい薬が欲しい → ネットでポチ

急ぎで薬が欲しい → 薬剤師居なくてもリアル店舗で買える




となるので、「リアル店舗の薬剤師」って通常はあまり必要ない。

ザックリ言ってしまうと「相談したい」というニーズだけでしょうね。

素人が薬の情報をネットで調べようとしても大抵クソみたいな情報にしかたどり着かないから、

「リアル店舗の薬剤師」への「相談」のニーズはまだまだ残ってます。



逆に言えば、amazonみたいなネット業者は

「相談したい」というニーズにいかに応えられるか、もしくは

リードタイムをいかに短縮していくか、

が、カギになってくるんじゃないでしょうかね。




単に第一類のネット販売だけなら何の目新しさもないから、

どうせなら他と違う強みがもうワンポイント欲しいところです。




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク