メルカリの現金出品は誰も得をしていない






こんばんは。

自慰を表明します!!

むむです。





こんなのが話題になってますね。



●メルカリで現金が大量出品される カード枠の現金化需要が要因か
http://matomame.jp/user/bohetiku/519251b2129531964d06



クレカの現金化自体は、ダメな人間の手法として昔からありましたが、

ネットオークションでも行われてる所が現代的ですね(笑)



例えば現金5万円を、クレジットカード払い6万円で落札されたりしているようです。

舞台がネットなだけで、やってることは非常に古典的です。





借金地獄でどうしても「現金」が欲しい「買い手」と、

お金が増えてラッキーな「売り手」と、

手数料横取りのメルカリと、

一見三方良しのように見えますが、私的には実は誰も得をしていないと思いますけどね。





「買い手」にとっては、「現金」の5万円は6万円分の価値があるのかもしれないですし、

どうしても欲しい「現金」が手に入るからメリットあるようにも見えますが、

結局のところ買い手の借金地獄という状況は何も改善してないのと、

むしろ財産が1万円減ってるので総合的に見たら借金地獄を悪化させてますから、

買い手は確実に損をしてますよね。





「売り手」にとっては、メルカリの手数料がどれくらいか知らないですけど、

現金5万売って、例えば手数料引かれて5万3000円の売り上げ、つまり3000円の粗利があったとしましょう。


一見、タダで3000円儲けれるならウハウハじゃん、となりますが、

「あぶく銭」という言葉があるように、この取引で得た3000円って、

実際には3000円ほどの価値はないんですよ。


自分で苦労して働いて社会に貢献して貯めた3000円って大事に使うけど、

道端で拾った3000円って変なことに使って大した価値も得られず終わりますよね。

それと同じで、この場合の3000円も、「売り手」にとっては300円ぐらいの価値に下がってしまうんです。

5万売って300円ぐらいの価値しか得られなければ、

梱包したり郵送したりもろもろの作業や時間を考えると、やっぱり損してますよね。




一方メルカリにとっては、場を提供してるだけで

手数料7000円(?)ぐらい入ってくるしええやん、ってなりそうですが、

ここまで公になってしまうと社会的信用とかブランドイメージの問題にもなりますし、

それらはそうそうお金で買えるものではないので、総合的には損です。

(因みに法律的にどうかという話は複雑なのでここでは言及しませんが)





というわけで、一見みんな得をしてそうな取引ですけど、

結局はみんな損してるし、誰もハッピーにしていないというね(笑)





しいて言うなら、ブログネタをひとつゲットした私がハッピーです。(ぉぃ




関連記事

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク