FC2ブログ

「すっぴん女子カフェバー」





こんばんは。

忘年会は欠席します。
皆さんとの素敵な一年の思い出を忘れたくないので(棒)

むむです。




さてさて、今日はこんなニュースから。



●渋谷「すっぴん女子カフェバー」に癒されたいオジサン殺到
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00152393-diamond-bus_all





いやー、発想が面白いですね。



個人的にはどうでもいいです。



キャバクラにしてもそうですけど、お金払ってまで知らん人と話をするメリットがないので。

お金もらっても嫌ですけどね(笑)





まあそんな私の価値観はさておくとするなら、

男性視点では、良いと思いますよ。

ガチガチの化粧よりもすっぴんのほうが需要があるのは当たり前ですし。

(女性にはこの感覚わからないかもですが)



記事の中で寿司に例えてあるので、せっかくなのでついでに私なりに寿司に例えるなら、

ガチガチの化粧って、しょうゆをベッタベタにつけて食べるようなもんなんですよね。

しょうゆをつけすぎたらもう、何食べてるか味もわからないじゃないですか。

私はしょうゆをホンのちょっとだけつけて、素材の味を味わうようにして食べます。

そういう感覚に似てますね。

寿司なんかもう、しょうゆゼロでもだいたいの寿司はおいしく食べられる。

イカとかはつらいけど。(何)


ただ、街を歩く女性はみんな、しょうゆベッタベタ、っていうね(笑)

だからこそすっぴんバーみたいなのに一定の需要があるんでしょう。





でも、女性にとってはしょうゆベタベタはしょうゆベタベタでそれでいいんですよ。

化粧は別に、男に気に入られるためにするものじゃないですからね。

きゃりーぱみゅぱみゅの歌にもありましたけど

仮面ライダーの変身ベルトみたいなもんで、

身に着けたらなんか強くなった気がする、みたいなね。

見える世界が変わって、自信もつくし、活き活きと生きられる、っていうね。


服でも化粧でも、「装う」ことによる自己暗示的なメリットがあるので、

そういう意味での化粧は意義があると思います。





というわけで、

世の女性たちは思う存分化粧してください。

世の男性たちは思う存分すっぴんバーを楽しんでください。

私はそんな凡人達に興味はないです(笑)





いや、それよりも何よりも、


この記事に使われている女性の写真がすっぴんじゃないっていうね。


その時点でもう台無しというかこの記事のうさん臭さよ(笑)

さすがダイヤモンドオンラインだわ。




関連記事

テーマ : お店のご紹介
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク