FC2ブログ

第103回薬剤師国家試験 問211の怪





こんばんは。

「とやかく言うつもりはありませんが」って言う人絶対とやかく言ってくる法則

むむです。






さてさて、昨日に引き続き、国試問題つっこみ第2弾です。




問211です。ちょっと長いのでスクショで失礼して(笑)





103-211



(クリックで拡大できます)





小児薬用量、小児適応、飲み合わせの問題ですね。

2,3、は完全に×で、4も一般的には×とされてますね。

1は、セフジニルの量がちょっとおかしいので疑義照会した、と。

5は問題なく〇ですね。

というわけで、正解は1と5。





まあ普通に、問題の意図をくみ取りながら解答したらそうなるんですが、





現実問題、セフジニルを疑義照会して違う薬に変更するよね。





既に鉄剤飲んでて、扁桃炎で抗生剤を処方したいって時に、

セフジニルにこだわる必要ないし、

セフジニルの用量が~とか、鉄剤とは時間をあけて飲んでねとか言う前に、

そもそもセフジニルを違う抗生剤に変更するのが、患者にとってベストなんじゃないですかね。




1日3回も飲む薬を、「鉄剤とは3時間以上あけてのんでね」とか、

私なら絶対に言えないわ(笑)




関連記事

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

抗生剤変える手もあるけど、鉄剤を抗生剤飲んでる期間skipするか、せめて分2にするか……。継続してるのか初回かでも変わってきますかねえ。
どちらにせよ外来に出してる時点で、鉄の内服させる緊急性ってないんじゃないかと。

そもそも6歳男子で成長悪くなくて鉄剤飲んでるって何か基礎的疾患があるのか、めちゃめちゃ偏食なのか、家庭環境が悪いのか。
読み込むと面白いですね。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク