FC2ブログ

ジム子さんをパクって分割調剤の計算ツールを作ってみた






こんばんは。

間接キスより股関節キス

むむです。





今日はちょっと薬局関係者向けのマニアックな内容になりますけど、分割調剤の話です。



分割調剤って、ややこしいじゃないですか。

2回目以降に受け付けた時の、何日分渡せるか、っていうやつが(笑)


たとえ1回目でも、次に何月何日までに来てね、って言ってあげないと2回目トラブルの元だし。




ちなみにそれに関する原文はコチラ↓(一部省略してます)


分割調剤を行う場合は、その総量は、当然処方せんに記載された用量を超えてはならず、
また、第2回以後の調剤においては使用期間の日数(ただし、処方せん交付の日を含めて4日を超える場合は4日とする。)
と用量(日分)に示された日数との和から第1回調剤日から起算して当該調剤日までの日数を差し引いた日分を超えては交付できない。
例えば、4月3日交付、使用期間4日間、用量10日分の処方せんで4月4日に5日分の調剤を受け、
次に10日に調剤を受けに来た場合は(10+4)-7=7であるから、残りの5日分を全部交付して差し支えないが、
もし第2回の調剤を4月13日に受けに来た場合、(10+4)-10=4となるので4日分しか交付できない。






もう意味不明ですよね。





まあ、図を書いて理屈を理解したら簡単なことなんですけどね。

でもちょっと、計算がひと手間かかってめんどくさい。




ただワタクシ、分割調剤の処方せんもたまに受ける環境にあるので、

分割調剤の処方せんが来るたびに、とあるサイトを参考にしてました。

それがコチラ↓





●分割調剤を学ぶ8個のポイント
https://yakkyokujimu.com/2014/09/bunkatu-3.html




この記事の下の方~に、公式があります。

いつまでに2回目の処方せんを受け付けたら、最大日数もらえるのかと、

使用期限は最大でいつまでなのか。


この公式に当てはめると機械的に楽に計算できます。





ただ、コレで計算すると、たとえば



4月59日



とかになって、



えっと、ということは5月29日か、



っていう風にちょっと一瞬日にちを変換しないといけなくて、

超めんどくさがりな私はそれすらもめんどくさくなって、



エクセルで作ってしまいました。(笑)



交付日、使用期限(通常4日)、全処方日数、調剤済み日数、

をセルに入れたら自動的に、全量もらえる期日と、最終の使用期限が出るようにしました。


まあ単に上のサイトの公式を入れただけなので誰でも作れるんですが、

エクセルだと、日付もちゃんと変換してくれるんですよね。



2018/4/25 + 30 + 4 = 2018/5/29



みたいなイメージですね。

人間が計算するといったん 2018/4/59 みたいになるけど、

エクセルは年月日を入れたらちゃんと日付だと理解してくれて、

自動的に 2018/5/29 に変換してくれるので、

手計算よりもミスもないし便利です。





いやまあそもそも、こんな単純な機能ぐらいレセコンが搭載しとけよっていう話ですけどね(笑)



関連記事

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク