FC2ブログ

ピカソと薬剤師のおはなし






こんばんは。

「霊長類」ってオバケのことかと思ってた。

むむです。







むかしむかし、あるところに、あるピカソがいました。

ピカソが街を歩いていると、とある女性に声をかけられました。



女性「ピカソさん、ピカソさん、私あなたのファンなんです!
  良かったらこのハンカチに、簡単な絵を描いてください!」



ピカソ「ええで」



ピカソは快く、そのハンカチに、30秒ぐらいでサラサラと絵を描いてあげました。

そしてその絵を渡すときに、ピカソはこう言いました。



ピカソ「ほんなら100万ドルください」



女性は耳を疑って、



女性「ハァ?今たった30秒で描いたこの絵が100万ドル?!ふざけんな高すぎっしょバカなの死ぬの?」



ピカソはこう言い返しました。






ピカソ「いいえ、30年と30秒です」







嘘かホントか知りませんが、

「ピカソと100万ドルの絵」というお話です。




なんかこう、ツイッターとか色々見てると、

イラストレーターにタダで絵を描いてもらって当たり前、

みたいな意見をチラホラ見かけるんですよね。

ちゃちゃっと絵を描くぐらい簡単でしょ、みたいな。




イラストレーターにとっては短時間で簡単に仕上げた作品でも、

簡単に仕上げるために今まで練習してきた時間は膨大なわけですよ。

その腕前になるまでに相当の失敗や苦労をしてきたはずです。





人は技術にお金を払いたくない、という性質があります。

特に日本人は。



材料費とか、工場とか、「お金が使われた感」がハッキリしているものにはお金を出すけど、

デザインとか、技術的なものにはお金を払いたがらない性質があります。




同じ「カギを開錠する」という作業でも、

ベテランの鍵屋が長年の経験と勘と技術を駆使して一瞬で簡単に開けるより、

新人の鍵屋が時間をかけて苦労して開けるほうが、

客の満足度は高いといいます。



そんな簡単なことに高いお金を払うのはバカバカしい、という気持ちになるのです。






マジシャンでもそう。

日々腱鞘炎や豆を作りながら練習をしてきたものを、

ちょっとマジックやってよ~ってタダで見れて当たり前みたいに考えるのはどうなのと。






薬局でもそう。

棚から取ってくるだけ、とかよく言われますけど(笑)

飲み合わせを聞かれて、色々踏まえて「大丈夫」と判断したり、

処方箋の薬を5分や10分で平然と用意したりしてますけど、

頭の中は意外とフル回転してますからね(笑)





関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク