「糖質」と「糖類」の違い





こんばんは。

Made in 母親

むむです。





こないだ、こんなことを聞かれたんですよ。



「糖質」と「糖類」はどう違うのかと。




うん。なるほどね(笑)

商品には、「糖質ゼロ」と書いてあったり「糖類ゼロ」と書いてあったり、

どう違うねん、っていう気持ち、よく分かります。

私も、違いは知ってるんですが、いかんせん興味がないのですぐ忘れます(ぉぃ





栄養表示基準での言葉の定義としては、こうですね。




炭水化物=食物繊維+糖質

糖質=糖類+その他




言葉で言うと、


糖類というのは、単糖類と二糖類です。

つまり、ブドウ糖とか、砂糖とか、果糖とか、乳糖とか、

構造式で考えるとわかりやすいですが2つまで繋がったやつですね(笑)




糖質というのは、糖類に加えて、

それ以外の、三糖類以上の多糖類(でんぷんとか、オリゴ糖とか、デキストリンとか)や、

糖アルコール(キシリトールとか、マルチトールとか)や、

その他もろもろのもの(「水分&アルコール&タンパク質&脂質&ミネラル&食物繊維」以外のもの)

です。なので、クエン酸みたいな酸味料とかも糖質に入ります。





炭水化物というのは、糖質と食物繊維を合わせたものです。





うん、なんかこう、言葉のネーミングが個人的に気持ち悪いんですよね。

「糖類」って言うと多糖類も糖類のような気がするけど、

糖類じゃなくて糖質なんだ、っていうね。

だからいつもよく分からなくなります。

糖質はぶっちゃけ、「いわゆる糖」じゃないものも入ってますしね。めっちゃざっくり。





まあ分かりやすく言うと、

「糖類」というのは単糖と二糖類だけなので、

イメージとしては砂糖ですよ。ケーキとかジュースとか。

吸収も早いし、すぐに血糖値も上がるし、インスリンもいっぱい必要。




「糖質」というのは、あえてイメージするなら、上と対比して「ごはん」ですかね。

吸収ゆっくり、血糖値上昇も緩やか、みたいな。

あくまでイメージですけどね。




なので、糖尿病の人とか、ダイエットで厳格にコントロールしている人とかで、

より厳しくコントロールしたい人は、「糖質ゼロ」のほうがいいでしょうね。

もうちょっと緩くして、最低限、砂糖的なものだけはカットしたいというなら、「糖類ゼロ」でいいでしょう。




まあ、ここでいう「ゼロ」は、「0.00」ではないんですけどね(笑)

完全にゼロではなくて、こんだけなら入っていても「ゼロ」と表記してオッケーというのがあるんですが、

それも書いてると長くなるし、あんまり意味もないので割愛します(ぉぃ




というわけで、「糖質」と「糖類」、

自分で自分の頭の中を整理しながら書いてきましたけど、




10分後にはどっちがどっちか忘れていると思います。(ドヤ顔)




関連記事

テーマ : ダイエット/健康/美容/
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク