ベリチーム酵素の添付文書の怪





こんばんは。

マイムマイムより愛撫愛撫

むむです。




ちょっと前に、市販薬でベリチーム酵素というのが発売されましたね。



ベリチーム酵素




医療用のベリチーム配合顆粒のパクリです。

PL顆粒にしろベリチームにしろ、市販薬も新商品のネタがなくなってきて

変な医療用医薬品をスイッチ(?)してくるようになりましたね。



まあそれはいいんですけどね。



ベリチーム配合顆粒と言えば、ウシやブタのタンパク質にアレルギーがある人には禁忌、

っていう独特の注意事項が真っ先に思い浮かびますよね。

逆にそれぐらいしか特徴がないというか(笑)



私が気になったのは、医療用のベリチーム配合顆粒にはそのウシブタ禁忌があるんですけど、

市販薬のベリチーム酵素には添付文書にその注意書きが無いんですよ。

同じようなもん使ってるのになぜだ??と思いまして。



基本的に、医療用の医薬品よりも市販薬のほうが、制約が厳しいじゃないですか。

年齢制限だったり、病態禁忌だったり、その他もろもろ。

医療用医薬品は医師や薬剤師の責任のもとで出すから、そっちのほうが制限が緩いのはわかるんですけどね。

その点ベリチームの場合は、医療用医薬品のほうが制限が厳しいようにも見える。




というわけで、メーカーに聞いてみましたよ。




曰く、医療用医薬品の添付文書は医療従事者向けに書いてるけど、

一般用医薬品の添付文書は一般の方向けに書いているので、


1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
 (2)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人



というようなざっくりとした表記になっている、とのことです。

つまり、


1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
 (2)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人


という表現に、


禁忌
(次の患者には投与しないこと)
2. ウシ又はブタ蛋白質に対し過敏症の既往歴のある患者



の注意事項が含まれている、ということらしいです。




なんじゃそりゃ。




個人的には、一般の方が見るものであっても具体的に書いておいてあげたほうがいいんじゃないの??

と思ったりするんですけどね。

セルフで買える商品ならなおさら。

そんなざっくりした文章、当たり前すぎるというかどの薬も当てはまるやないかと思うんですけどね。




まあぶっちゃけ、実際にウシブタのアレルギーがある人がベリチーム飲んでこんなひどいことになった、

みたいな事例を聞いたことがないので、

たぶん現実的にはそんなに気にしなくていいレベルのことだろうとは思いますけどね。





うん、たぶん、

役に立たないようなどうでもいい薬の雑学が好きな私としては、

「ベリチーム」と言えば「ウシブタ禁忌」なので、

それが無いとなんか許せない気持ちになるんですよ。(そこ?





関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク