FC2ブログ

妊婦を怖がりすぎ社会





こんばんは。

「相互フォロー」ってつまり69ってこと?

むむです。




先日こんなツイートを見かけました。



https://twitter.com/kuriedits/status/1009361958561185794








私もこの件に関しては釈然としない所がありまして。



私は複数のドラッグストアに勤めたことがありますけど、

基本的にだいたいの会社が、妊婦に対しては

「原則医療機関を勧めましょう」的なスタンスですね。



まあ会社としては責任を取りたくないというのもあるんでしょうけど、

全員に一律でマニュアル的に流すとしたら、こう書くしかないのかな?というのは分からなくもないですが。

まだ知識の浅い薬剤師とか、登録販売者もいる中では。

「一律に流す指示」というのは、一番無難な方へシフトするのが常ですから。




ただ、研修などでは、この成分は妊婦は×とか、この成分は授乳婦×、みたいな研修はあるので、

ある程度スキルが上がってきたら臨機応変に対応ができているとは思います。




緑内障とか、前立腺肥大とか、併用薬とか、まあ色々リスク要因はほかにもあるのに、

なぜ妊婦と授乳婦だけそんなにデリケートに扱われてるのかは私もよく分かりませんが(笑)




薬に関して言えば、実際妊婦に使えない薬なんて、ほとんどないですからね。

もちろん程度の差はあるので、ロキソニンよりタイレノールの方が安全とかはありますけど、

ロキソニンは絶対的にダメ!!ということは決して無いです。

その妊婦自身の状況とか、疾患の状況とか、その他事情を色々考慮したうえで、

どうするのが一番ベターかを考えるのが我々の仕事です。




なので、その会社の方針とかを真に受けて、

妊婦が相談に来たら全部医療機関に丸投げな対応をするのは論外です。

資格返上したほうがよろしい。




医療機関のドクターだって、エコーとか使えるから

妊婦や胎児の状態に関しては我々より詳しく把握できますけど、

それ以外の判断材料は我々と同じですからね。

ドクターでしか分からないことを確認しないといけないのなら医療機関に振ればいいけど、

そうじゃなければ我々が判断するべきことです。




むしろ薬に関しては我々の方が詳しいですからね。

リスクの程度とかも知っているし、知らなければ調べ方も知ってます。

それなのに仕事を放棄されたら、

患者としては、「薬の専門家に相談したのに何で分からないの??」となる。




大きな会社は特にそうですけど、

「全体に流す無難な指示」と、「現場の臨機応変さ」のバランス取りが大事ですね(笑)




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク