FC2ブログ

ジェネリック医薬品は実は〇〇〇である #薬と健康の週間





こんばんは。

「知能犯」って「犯」の時点で結局バカ。

むむです。




はい、というわけで、4日目の今日は、こんな話です。



ジェネリック医薬品について。



私が薬剤師になりたての頃は、ジェネリック医薬品なんて少数派でしたけど、

(というか、「ジェネリック」とかいうオシャレな呼び方じゃなくて「ゾロ」とか言ってた気がする)

今や時代も変わり、国民の意識もだいぶ変わり、ジェネリックを使う人の方が多数派になりました。




でもまだ一部の人は、頑なに「先発品がいい!」という人はいますね。

ただ、先発希望の人のうちの大半は、以下の理由で判断しているように思います。



①先発品の方が無難だろうというイメージ。(極端回避性)

②高いほうが優れているというイメージ。(名声価格)




①は、「オリジナル」と「コピー」という表現をすれば分かりやすいと思いますが、

「オリジナル」の方が無難だろう、という考え方ですね。

②は、「安かろう悪かろう」という考え方です。



どちらもイメージだけで判断しており、合理的な判断ではないですよね。

なぜこういう判断が下されるかというと、情報の非対称性があるからです。

判断材料が乏しいから、イメージや価格だけでしか判断できないんですね。



価格に関しても、医療用医薬品の薬価の設定のされ方は通常の市場原理とは違って結構特殊なので、

普通のお買い物では「安かろう悪かろう」は多少参考になるけど、

医療用医薬品では全く的外れな判断基準になってしまいます。




なので、そういった方は、

もう少し知識や考え方を身につけて頂けると、「おトク」だと思います。




もっと言うと、「先発か後発か」という判断基準じゃなくて、

「薬別」とか「メーカー別」の考え方を持たれると良いでしょう。



●この錠剤はこのメーカーのが一番小さくて飲みやすい

●このシップはこのメーカーのがこの成分が入ってないからかぶれにくい

●この目薬はこのメーカーのが冷蔵庫に保存しなくてもいい

●この錠剤はこのメーカーのが錠剤の変なにおいがしにくい(スピロノラクトンとか)

●この粉薬はこのメーカーのが味が苦くなくて飲みやすい(やくちち参照)



などといった具合です。


薬によってはジェネリックの方が優れているモノもいっぱいあります。

ただし一般の方にはそこまでの選択は難しいので、専門家に相談しつつ決めていきましょう。

頭ごなしに「先発がいい」という考え方だけでは、かなり損をしてしまいますよ。





まあとは言っても、いくら理論的に説得したところで「先発信者」は一定数いますけどね。

ほら、アレですよ。パレートの法則。8:2のやつ。

どんな集団でもバカは2割いるわけで、現状の方法ではジェネリック率も全国平均80%がそろそろ限界かなとは思います。




まあ私は逆に、論理的ではい人には論理的でない対応をしますけどね(笑)



「8割の人がジェネリックつかってますよ」



っていう。(厳密にはその計算はおかしいんだけどね)


非論理的な思考の人は、

「みんながやってるよ」

っていうバンドワゴン効果の方が手っ取り早かったりします(ぉぃ




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク