FC2ブログ

薬剤師が「副作用が無い薬」を教えます #薬と健康の週間





こんばんは。

【ドラッグストアの隠語】
Aカップ・・・アリナミン
Bカップ・・・チョコラ
Cカップ・・・オロナミン
Dカップ・・・リポビタン
Eカップ・・・ユベラ
Sカップ・・・エスカップ

むむです。




たぶん今日が5日目です。
(そろそろ何の5日目か分からなくなってきました)




時々、こういう人がいますね。



「漢方薬は、副作用が無い」

「天然由来のものは、安全で安心」

「健康食品は薬じゃないからキツくない」




うん。




もう全員副作用で死ねばいいのに。





まず、「副作用」というものは何ぞやということですけど、

期待しているメリットを「効能効果」あるいは「主作用」と呼ぶのに対し、

それ以外のデメリット的な作用を全て、「副作用」と呼ぶわけですよね。



つまりめっちゃ自己中なものですよね。

ある薬を飲めばどういう事が起こるか、想定される作用がいくつもありますけど、

そのうち自分の都合のいいものだけを「効能効果」、

都合が悪いものを全部「副作用」と呼んでるわけですからね。




薬だけじゃなく、物事においてデメリットが無いものなんて存在しません。

何かを選択するときには必ず、メリットとデメリットが存在して、

そのバランスを考えたうえで意思決定をしているわけです。




車に乗れば、楽に目的地に着ける。

でも、交通事故で人を殺すかもしれない、もしくは自分が死ぬかもしれない、

などといった副作用があります。

その副作用の確率と、楽に目的地に着けるというメリットを考えて、乗るか乗らないかを選択するわけです。

ごくごくわずかながら存在する交通事故のデメリットも踏まえたうえで、車に乗りますよね。


あるいは、場合によっては、電車を使うとか、歩くという別の手段を考える必要があるかもしれません。

電車も脱線するという副作用があります。歩いてても車にひかれる副作用があります。

色んなことを総合して、交通手段を考えています。




「おもち」だってそう。年間100人もの日本人を殺している恐ろしい食べ物なのに、

みんな好んで食べるのはなぜでしょう?




薬もそれと一緒で、考えられる副作用とその確率を考慮に入れたうえで、(もちろんコストとかもね)

メリットが上回るようなら、服用するという選択をするわけです。




漢方薬も、エフェドリンで動悸や高血圧を起こしたり、

ダイオウで腹痛や下痢になったり、

カンゾウでむくみや高血圧が起こったりする可能性もあります。

一般の方には毒として有名なトリカブトが、漢方薬にも使われていたりします。




天然由来のものが安心というなら、毒キノコをぜひ食べてみてください。

(天然由来のキノコでも、触るだけで死ねるものもありますよ)




健康食品は副作用が無いというのもウソです。

むしろ、薬よりも規制が緩く、よく分からない要素が多いので、

何が起こるか予想がしにくいというパルプンテ的な怖さもあります。





副作用が怖いから治療を受けない、という考えでは、

治療によるベネフィットが得られず、結局リスクを負うことになります。



存在しない「リスクがゼロの状態」を追い求めるゼロリスク症候群では

この世の中生きていけません。

車に乗ったら交通事故を起こすし、電車は脱線するし、飛行機は墜落するし、外を歩いただけで車にはねられます。

リスクだけを見ず、ベネフィットとのバランスを考えて、物事を選択するようにしましょう。





かくいう私も、フォロワー数が減るという副作用を背負いながら、

日々がんばって下ネタを投下しているわけですよ。

(説得力ゼロで)




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク