FC2ブログ

完全分業を求めるなら、仕事をちゃんとしてから言え #薬と健康の週間





こんばんは。

お化粧は メイクと言うより フェイクだね

むむです。





さあ、6日目ですね。

もういい加減飽きてきました。



最終日の明日は誰か代わりに書いてくれませんか??(笑)





というわけで、今日の話題は「医薬分業」です。


なぜ病院と薬局が別々の経営になっているのか。





理由は大きく分けて3つです。


まず1つ目は、



①監査機能



です。


昔々のどこかの王様が、毒殺を恐れて医薬分業を始めたというお話がありますよね。

医者が、診断と調剤と、両方が出来てしまえば、

王様を簡単に毒殺できてしまうわけです。で、最後には死亡診断書も医者自身が書くから完全犯罪成立。



これではいかん、ということで、王様が考えたのが、

診断する人と調剤する人を分ける、というもの。

医者が毒を盛ろうとしても、直接盛れないし、薬剤師がチェックして「これは毒です」ということになれば

医者の首が飛ぶ、という2重チェックのシステムを発明したわけですね。



医者が書いた処方せんを薬剤師がチェック、というその流れは今でも受け継がれています。

「監査法人」とか「第三者委員会」とかがあるのと同じで、

安心安全のためにチェック機能というものは必要です。





そして2つ目は、


②経済的理由


です。



通常の売買だと、何を買うかを決める人(客)と売る人(お店)は別ですよね。

ただ病院の中で処方される薬は、

何を買うかを決める人(医者)と売る人(医者)が同じになってしまいます。



そうなるとどうなるかというと、

自らの儲けのために薬を必要以上に処方して儲けよう、ということになります。

それを防ぐために、

何を買うかを決める人(医者)と売る人(薬剤師)を分けた(経営分離)わけです。



薬価差を小さくして、代わりに技術料という限界利益を設定して、

薬を売れば売るほど儲かる、というものじゃない制度になりました。





そして3つ目の目的は、


③情報公開


です。




ちょっと昔の院内調剤だった頃は、自分に何の薬が投与されているか、

患者は知るすべがありませんでした。

その処方が適正かどうか誰にも分からないし、

間違った薬を投与されてももみ消されます。



それが、処方せんという形で外部に出るようになり、

患者に処方内容が公開されるようになりました。

それにより、処方内容を第3者が評価出来たり、

証拠が処方せんという形で薬局にも残るので、

病院内で揉み消すということができなくなりました。





医薬分業がすすめられていった背景には、こういう目的があります。


「病院の中でそのまま薬がもらえたら楽なのに」


という考えもごもっともですが、安心安全を犠牲にしてもいいものかどうかは慎重に考えないといけません。




また、上記に挙げたような監査機能を発揮するためには、

経営が完全に分離されていないと、十分に機能しません。

院内処方はもちろんですが、門内薬局、門前薬局が果たして完全に経営的に分離されているかというのは疑問です。


経営者が別だから良いというものではなくて、

門前薬局は目の前の病院がつぶれたら終わり、門前のドクターに嫌われたら終わり、

という弱点を持っている限り、完全な監査機能は発揮できないと思います。




医薬分業そのものは必要な機能だと思いますが、

個人的には、コバンザメ的な薬局は医薬分業の是非を問われても仕方ないとは思いますね。





うん、まあアレですよ。

#薬と健康の週間

ということで1週間毎日更新してますけどね、

テーマを「効果」「相互作用」「目的」「副作用」「ジェネリック」「医薬分業」「〇〇〇〇」と、

意気込んて真面目な内容ばっか設定しちゃったもんだから結構しんどくなってきました(ぉぃ





タイトルぐらいふざけさせてよ、青島君(誰)




関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク