FC2ブログ

最近の新薬まとめ





こんばんは。

「フジッコのお豆さん」より「スジッコのお豆さん」

むむです。




さてさて、最近の新薬について、かる~くまとめましたのでよかったらどうぞ。



●エプクルーサ配合錠
2/26発売。C型肝炎治療薬。1日薬価約6万円。ハーボニーと同系統の薬。
他にはない、「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」の適応を持つのが特徴。


●レルミナ錠
3/1発売。GnRHアンタゴニスト。
子宮筋腫に基づく諸症状(過多月経、下腹痛、腰痛、貧血)の改善。
食前投与。初回投与は月経周期1~5日目に行う。


●セリンクロ錠
3/5発売。アルコール依存症治療薬。
ノックビンやシアナミド(アルデヒド脱水素酵素を阻害)とは違い、
セリンクロはNMDA型グルタミン酸受容体阻害&GABAA受容体刺激により、
脳内の興奮と抑制のバランスを調整して飲酒欲求を下げる断酒補助薬。
オピオイド系薬剤(トラムセットなど)は併用禁忌。
飲酒の1~2時間前に服用。
処方医が重度アルコール依存症の研修を受けている必要があり、処方できる病院は限られそう。
レグテクトと同じ1日薬価。
レグテクトは断酒目的、セリンクロは飲酒量低減目的。


●ビムパットドライシロップ
3/11発売。ビムパット錠の新剤型。


●タリージェ錠
4/15発売。リリカと同じ系統で、電位依存性カルシウムチャネルα2δリガンド。
適応は、「末梢性神経障害性疼痛」。リリカと違って「末梢性」に限定されている。
重大な副作用はリリカに比べて少ない(今の所)。
規格が4種類もあるのがツライ。2.5mg錠は腎機能低下患者用か。
1日薬価はリリカとほぼ同等。


●ミネブロ錠
5/13発売。アルドステロン受容体拮抗薬(セララと同じ系統)。
適応は高血圧症のみ。(心不全などは適応にない)
セララに比べて禁忌となるケースが少ない。
セララやアルダクトンと違いステロイド骨格を有しておらず、
より選択的にミネラルコルチコイド受容体に作用。性ホルモン受容体への影響が少なく、それに起因する副作用が少ない。
CYP3Aによる代謝を受ける。



他にもイロイロあるのですが、個人的に気になるものだけ超簡単にまとめました。

個人的な目的でまとめたりはしてたんですが、あんまり今までこういうのをブログに挙げたりしてなかったですね。




個人的には、ミネブロのネーミングが気に入ってます。


絶対、ミネラルコルチコイド受容体のブロッカーでしょ(笑)


これぐらい分かりやすいネーミングを付けてくれるとそれだけで好印象ですよね。



それに引き換え、エプクルーサとか何なの。プクプク言いにくくてしょうがない(汗)




それではまた次回!



関連記事

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク