FC2ブログ

コスモス薬局広尾駅店に行ってみた





こんばんは。

いた抱きます。

むむです。




こないだちょっとついでがあったので、

最近東京に出店してきたコスモスに行ってきましたよ。



まあ私は関西の人間なので、もはやコスモスなんてそんじょそこらにあるわけなんですが、

東京の店舗はどんなんだろうと思って行ってみましたよ。



まずアレなんですね、

「コスモス薬品」じゃなくて「コスモス薬局」なんですよね。

コスモスと言えば薬剤師を置かず登録販売者と食品で勝負なイメージでしたが、

東京では「薬局」にシフトしてるんですね。


関西でも薬剤師が居る店はたまーにあるんですけど、

一類販売はあっても調剤までしている店舗なんてまず無いですからね。




というわけで店内にも調剤室がありました。

「薬剤師のシフト」みたいなのが貼りだしてあって、

日によっては調剤&1類を閉める日もある感じみたいですね。

どういう申請をしているのか、関東のことはよく分からないですけど、まあ上手いことやってるんでしょう(笑)



ただ、「薬剤師のシフト」を見てみたら公休日が月に6日しか無かったんですけど大丈夫なんですかね?(笑)

いやまあ公休は4日以上あれば大丈夫なんでしょうけど、従業員の環境が心配ですね。

あの規模の調剤だと、薬剤師一人と事務一人でじゅうぶんでしょうし。




東京なのでしょうがないですが、店舗面積が超小さいですね。

郊外型の「コスモス薬品」とはもう別物です。

食品はゼロです。ヘルス、ビューティ、日用品のみ。




そんなのコスモスじゃないじゃん(笑)




もはや「コスモス」でもなんでもないですね。よくある都市型のドラッグストア。

価格は、関西の「コスモス薬品」よりも高めです。というか関西が安すぎるだけですけどね。

たぶんこの広尾?周辺の商圏の中では安い方だと思います。




というわけで、鬼安い納豆やもやしや冷凍食品が一切無いという、

全然コスモスじゃないコスモスでしたけど、一つだけコスモスらしいところがありました。



従業員。



全然文化の違う関東でも、従業員のお客さんに対する姿勢はコスモスそのものでした。

その辺のマインドをちゃんとパートまで伝えてる感が伝わってきて、流石だなーと思いました。




ちなみに、「コス」や「モス」はアラビア語?か何かで女性器を表す隠語になるそうです。

そう考えてあのピンク色の看板を見ると、感慨深いですよね。(やめなさい)




関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク