FC2ブログ

「ぼくは麻理のなか」が超絶オススメ





こんばんは。

えっ、「夜営」って夜の営みのことじゃないの?!

むむです。




こないだこんなマンガを読みまして、面白かったので紹介します。



●ぼくは麻理のなか
https://amzn.to/2O8TNnV



なかなか引き込まれてしまいまして、全9巻一気に読んでしまいました(笑)


ネタバレの無いように書きますと、

主人公のダメ男子大学生が、毎日コンビニで見かける憧れの女子高生がいるんですけど、

朝起きたら体がその女子高生になってた、っていう所から始まります。

「君の名は」的な男女入れ替わりモノか?と思いきや、そういう単純な話でもなくて、

意外な方向に話が進んでいく、という感じです。




オススメポイントはですね、まずキャラが滅茶苦茶リアルですね。

友情、嫉妬、親子関係、嫁姑関係、性欲、引きこもり、恋愛、、、等々色んなテーマがありますが、

割とナマナマしくリアルに描かれていて、

もしかすると人によっては「なんて気持ち悪いマンガなんだ」という印象を受けるかもしれませんが、

人間の醜さ汚さも含めて登場キャラ全員がみんな魅力的です。

絵に描いたような綺麗なキャラは登場しません。




あと演出の部分では、キャラの表情が非常に上手いですね。

セリフや心の声などの文字で語りすぎず、表情で感情を読者に伝えてくれます。

ヒステリックな母親の怒りの表情や、女性に対して性欲丸出しの男の目つきとか、

そこがこう、ギョッとするぐらい過激に描かれてるんですが、

人間らしくて逆に違和感なくスッと入ってきます。

人間(男女ともに)の内面も外見も、とても研究されている作家さんだなという印象です。




あと、なぜ「ぼく」が「麻理」の中に入ってしまったのかという謎も、

ちょっとしたミステリ小説を読んでいるような感覚でしたね。




というわけで、人間らしさと、リアルさと、切なさと、ミステリと、

そんなのが詰まったマンガです。よかったら読んでみて下さい。


一見すると男女入れ替わりモノのようで「君の名は」と比べられることが多いみたいですが、

私は「ぼく麻理」のほうが断然気に入りました(笑)



それではまた!



関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク