吸入薬一覧を作ってみた





こんばんは。

向かうところ手品師

むむです。





近頃は、ぜんそくやCOPDの吸入薬がここ10年ぐらいでワラワラ出てきて、

デバイスもここ数年で新しいのがどんどん出てきて、

それらの合剤まで出てきてるもんだから、

もう私の頭の中こんがらがってきてるんですよね(汗)




「ジェヌエア」とか「エクリラ」とか「エリプタ」とか、

もう何が薬名で何がデバイス名なのかも危ういありさま。




使い方とか薬理的なことは大丈夫なんですけど、

とにかく名前が覚えられない。人間と一緒ですね(笑)




ここいらで一回まとめとこうと思って、小一時間でこんなん作りました。





kyuunyuu

(クリックで拡大)






完全に自分用なので、自分の求めてるものだけ入れるというシンプル設計です。

物凄い速さで作ったので、どっか間違ってたらスミマセン。用法用量とかあやしい。

全部網羅できてるか分からないですけど、まあこれだけあれば大丈夫でしょ(笑)

「吸入液」系に関しては省略してます。





こうやって見てみると、私の小さいころはICSLABALAMAという概念すらなかったですから、

喘息治療はすごい速さで進歩してきてますね。




まあ私は全然進歩しないBAKAですが(笑)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

フラベリックを嚙み砕いて飲んでみた




こんばんは。

グレートバリアフリー

むむです。





さてさて。

ツイッターで以前チラッと見かけたんですけど、



「むむさんにフラベリック飲んでもらいたい」



みたいなよく分からないツイートを見かけた気がするんですね。


ただ、ワタクシその時、外出先で何かをしながら猛スピードでタイムラインを速読してた時だったので、

誰のツイートだったかもよく覚えていないんですよね。

そんな有り様で非常に申し訳ないんですけど、

せっかくリクエストを頂いたので飲んでみました(笑)



いや、もしかしたらそのツイート自体夢かもしれないですけどね(汗)





フラベリックといえば咳止めの薬ですけど、聴覚障害が有名ですよね。

まれに、音が半音下がって聞こえるといった副作用が出ることがあります。

原因はよく分かってないですが、聴覚神経に影響して一時的に伝達障害を起こしてるのかなって感じですね。

絶対音感の持ち主とか、女性に多い傾向があるみたいです。




まあその副作用も可逆性ですし、一度どんなものか試してみようということで、飲んでみました。




あとその前に、フラベリックと言えば薬剤師が必ず説明するものとして、

「絶対に噛んで飲まないでくださいね」

っていうのがありますよね。



噛んだら刺激感があるからなんですが、

そういえばそれも体験したことなかったなーと思って、





噛み砕いてみました。(馬鹿)






いやー。


もうね、噛んでみた感想としては、噛んじゃ





ダメ、ゼッタイ。






出会って4秒で合体じゃなくて、

噛み砕いて0.4秒で後悔しましたね。




めっちゃ苦い。




あまりの苦さに、慌ててその辺にあった飲み物を飲みました。

もう何を飲んだのかも覚えてませんが(汗)



でもしばらくたっても苦みが取れず、

そのうちめっちゃ口の中がしびれてきました。

だんだん感覚がなくなってきて、

辛いはずの「食べるラー油」をモリモリ食べれましたよ。(何)







口の中は死んでますが、もう一つの目的である聴覚障害を調べないといけませんので、

サザンの曲をかけまくりました。


いくら音感のない私でも、25年間も聴いてきたような曲の音程がズレたらさすがにわかるってもんですよ。





うん。





いつものサザンでした。





熱い乳房を抱き寄せてました。






というか私たぶん、もともと音程にニブいせいか、

カラオケ行っても原曲キーで歌ってるつもりでも無意識に何音か下を歌ってる傾向があるので、

絶対音感とは縁がなさ過ぎてフラベリックの影響とか誤差だったのかもしれないですね(笑)





というわけですので、

聴覚障害は起きなかったけど、味覚障害はひどいもんでした。




結論:噛んじゃダメ。歯は立てないでね☆


テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

オレキシン受容体拮抗薬のデルタパワーの謎





こんばんは。

タバコ? あ、私おっぱいしか吸わないんで。

むむです。





先日2月22日(猫の日)に放送された、NHK番組「ガッテン!」の内容が波紋を呼んでますね。

私はその放送は見てないんですけど、

というかその番組の情報は昔から結構ムチャクチャだったので興味ないんですけど、

今回もトンデモないことを言ってたみたいですね。




さっそく騙された視聴者(客)が、


「オレキシン受容体拮抗薬っていう薬置いてる?」


って言ってきましたよ(笑)




まさか一般人から「オレキシン」という単語を聞くことになるとは思わなかった。






番組は実際に見てないけど、いろんなサイトから見聞きした情報をまとめて簡潔に言うと、




睡眠薬(ベルソムラ)を飲む→糖尿病が治る




という内容だったみたいですね(笑)




ツッコミどころも色々と。。。




ある睡眠薬を飲むと、血糖値を下げる脳波が強まり、糖尿病が治療できる


「血糖値を下げる脳波」ってなんだ。

そして「脳波」で糖尿病が治療できるって言いきっちゃってますよ。

ヤバい匂いがプンプンしますね(笑)





デルタパワーで血糖値を下げる新薬


デルタパワーとは何ぞや、って感じですけど、

熟睡中に脳から出るデルタ波から作った造語らしいです。

「マイナスイオン」とか「プラズマクラスター」みたいなノリですか?(笑)




「睡眠薬で糖尿病が治療できる」(テロップ)


もう言葉の意味が分かりません。糖尿病を治療するのなら「糖尿病治療薬」だろ。




医師「新しい薬なので安全性が高い」


完全に思考停止してますね。

新しい薬であることと安全性とは1ミリも関係ない(笑)

逆に使用経験が少ないという意味では未知の副作用があるかもしれないということですし。






確かにね、睡眠不足というのは生活習慣の一つだから、

ものすごーく間接的には、睡眠不足と糖尿病は関係しているかもしれないですよ。

睡眠不足がちな人間は食生活も悪いとかタバコ吸うとかいう傾向は多少あるでしょう。

ただそれは、「100」ある原因のうちのたった「1」ぐらいじゃないの。

糖尿病の原因の「100」が「99」になったところで糖尿病は治らないでしょ(笑)




ちなみに糖尿病の原因って、運動とか、食事とか、ストレスとか、色々ありますけど、

そのなかでも最大の原因は何だと思いますか??



それは、




年齢




です。


コナンみたいに超若返る薬があるのなら、

「コレで糖尿病が治る!」と言っても許そう。

脳波??バカじゃないの。(笑)






おそらく出演していた医師と製薬会社(MSD)との関係が黒い(利益相反)関係だったんでしょうね。

そこへ大した調べもせずに記者がまんまと騙され、

それを観たリテラシーのない一般人が次々と騙され、

我々医療関係者が迷惑するという(笑)







あと、睡眠つながりでひとつ言うと、



そもそも睡眠薬なんかほとんどの人には不要なんですよ。



寝れないなら寝れないでええやん。その分遊べるやん。

となぜ考えられないんでしょうね。


6時間や8時間眠れないことを悪いことだと誰が決めたのかと。


年寄りになって働きもせずぼーっとしてるだけの人間の体が、

そんなに睡眠を必要としてるわけないだろうがと(笑)



ワシは睡眠時間4時間でええねん、1日20時間も遊べる!!



でええやん。



勝手に病気を作り出さないで頂きたい。




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

タミフルDSにムコダインDSを混ぜて飲んでみた




こんばんは。

弱い者いじめより、「弱いとこ」いじめされたい。

ドえむです。





さてさて、ツイッターで、

「タミフルDSにムコダインDS混ぜたら苦くなくなった!」

っていうツイートを見かけましてですね。




んなわけあるかい。




と半信半疑だったんですが、どうしても気になったので試してみました。




タミフルDSを飲んだことのない旧世紀人(←お前もな)のために言っておくと、

後味が若干苦い粉薬なんですよね。

ジスロマックほど嫌われてはいないですけど、

たまにイヤがる子供がいるイメージ。



逆にムコダインDSの方は苦みは全くなく、

酸味が強くてすっぱいイメージです。

マクロライド系とは混ぜるな危険(味的な意味で)と言われているのに、

タミフルだとアリなんですね。




この二つを混ぜて、果たしてどんな味がするのか、試してみたところ・・・





美味しゅうございました。





なんか、タミフルどこ行ってんお前、っていうぐらいムコダインの味しかしません。

後味の苦みもなく、スッキリ頂けました。

ムコダインのすっぱさリガンドが、上手くタミフルを感じる味蕾レセプターをブロックしてくれたんでしょうか??

仕組みはよく分かりませんが、コレはなかなか良いですね。



でもすっぱければいいのかというと、

オレンジジュースは相性良いけどリンゴジュースは相性悪かったり、

すっぱさの中でも良いものと悪いものがあるようで謎。




ただ問題なのは、

タミフルとムコダインって同時に服用するケースがイマイチ少ないということですね(笑)

たいていどっちかでいい。

両方必要な症状ってそんなに多くはないので。。




というか、タミフルを製造しているメーカーがもうちょい頑張ればなんとかできそうですよね。

ムコダインっぽいすっぱさの何かを添加物として入れるとかして。




頑張れよ中外製薬!!

そういえば「中外」って「中」なのか「外」なのかどっちなんだよ!!




私は「中」がいいよ!!(何が)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ヘパリン類似物質 泡状 スプレーを使ってみた





こんばんは。

「隠れトランプ支持」みたいに、みんな「隠れむむ」なの??

むむです。




さてさて、こんなのが出てきますね。


●ヘパリン類似物質外用泡状スプレー製造販売承認取得のご案内
http://www.nippon-zoki.co.jp/images/topics2/1473901366/1473901366_12.pdf



使用見本があったので、さっそく使ってみました。




薬局で試したので、ワンプッシュして両手に伸ばす感じで使ったんですが、

ワンプッシュでめっちゃ広く使えますね。

両手だけだと余ってしまって、体にも塗りたくりたくなりました。

薬局内で全裸になるのは踏みとどまりましたが(笑)




結構、なんていうか、分厚いですね。(何)

語彙力がなくて申し訳ないんですが、直感的に思ったのは、

泡なのに分厚いなと。

何を言ってるのかわからないと思いますが、

実際に使っていただけば分厚いの意味が分かっていただけると思います(笑)

ビーソフテンローションとかに比べても、やっぱり分厚い。(何)





泡なので、冬に使っても冷たくなくていいのかなというのはありますね。

もちろん、夏は容器ごと冷蔵庫に入れておけば冷たくて気持ちよさそう。



薬価がどうなるのかは気になりますね。

ビーソフテンローションがスプレー容器に入っただけで高くなったりする不思議な世界なので、

ヘパリン類似物質スプレーと同じぐらいかちょっと高くなるかもですね。





あと、結構分厚くて(?)いっぱい使うとぬるぬるするので、


この泡を使ってマットプレイをしてみたいという妄想が膨らみます。(駄目)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク