リクシアナ錠の誤投与で患者死亡






こんばんは。

「必」←読み方:心にグサッときた

むむです。






最近また残念なニュースがありましたね。



●薬間違えて投与=患者死亡、病院が調査-新潟
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060201253&g=soc




「リフキシマ錠」200ミリグラムを処方すべきなのに
「リクシアナ錠」30ミリグラムが処方された。



ということらしいです。




記事によっては、「間違って処方」と書かれているものもあれば

「薬剤部が誤って」っと書かれているものもあり、

医師のミスなのか薬剤師のミスなのかすら分からないですが、

まあ医師のミスにしても薬剤師が止められなかったのは問題ですね。





コレも憶測ですが、リフキシマ錠の通常量の処方箋は、



リフキシマ錠200mg  3錠
1日3回       ○○日分




こんな感じだと思うんですよ。
1日3錠のところはもしかしたら1日6錠かもしれないですけど。



コレをリクシアナにそのまんま置き換えると、



リクシアナ錠30mg  3錠
1日3回       ○○日分




いやいやもう、違和感ありすぎる(汗)

リクシアナが90㎎分3の時点で、何かがおかしいと思うべき。

もし医師が間違ってこんな風にオーダーしてきたとしても、

ぱっと見で違和感バリバリすぎて、薬剤師はすぐ気づくべきですよね。




例えていうなら、クックパッドを見ながら料理してて、



塩 大さじ5杯



とか書いてあるようなもんですよ。

塩と言えば「少々」でしょ、的な。

醤油の間違いか?的な。




まあ、世の中には大量に塩を使う料理もあるのかも知れないけど、

何の疑いもなくそのまま料理するようなレベルではないですよね。




なので、たとえ医師が指示を間違えてたとしても、

薬剤師がおかしいと気付かないといけないレベルですよね。。




逆に、医師は正しく処方してて、薬剤師がピッキングを間違えるケースも考えられますが、

うーん、それでも同様に違和感は感じてほしいし、

名前は確かに似てるけど「200mg」と「30mg」で規格がもう全然違うし、

気づけるチャンスはいっぱいあると思うんですけどね。




あと、「リクシアナ」を触ったときの危機感が足りないんじゃないのかなと。




私もよく後輩に指導するときにこう言うんですけど、




こんな危険な薬を触るときは手ぇ震えながら調剤せえ




ってよく言います。




胃腸薬とかを間違えたり飲みすぎたりしても死にゃーしないけど、

リクシアナは、間違えると出血多量で死ぬ可能性がじゅうぶん考えられる薬じゃないですか。

そういうリスクの高い薬を、他の胃腸薬とかとおなじような感覚で

何の危機感もなく流れ作業でやってたんじゃないかという気がしてならないです。





ちょっとのミスで人を殺すことがある職業ですからね。

私も「○○加算取り忘れた~(テヘペロ」とかしょーもないミスはちょいちょいしますけど、

コレだけは間違えたらアカン!みたいなのってもう、

心臓バクバクさせながら何回も何回も確認するわけですよ。





その辺の意識が全然足りてなかったのかなというのと、

そんな意識すら吹っ飛ぶような過酷な労働環境になってないか、っていうのが気になりますね。



よくツイッターとかで見かける、院内処方か院外処方かとか、ダブルチェックかトリプルチェックかとか、

そんなことは二の次です。




テーマ : 医薬品
ジャンル : ヘルス・ダイエット

くすりづくりの絵本






こんばんは。

アソコが濡れて、力が出ない。。(パイパンマン)

むむです。






今日は超軽い話題です。



こんな絵本?を見つけましたよ。




●くすりづくりの絵本 薬とつながる手
https://www.astellas.com/jp/corporate/brand/book/



動画バージョンでも、Pdfバージョンでも好きな方で見れます。


アステラスのサイトなんですけど、

新薬が作られるまでの苦労や年月を、一般の人に分かりやすいように

簡単な絵本にしてあります。




多少美化してあるでしょうし、最近はもっと機械化・自動化されてる部分も多いですが、

くすり一つが世に出るまでに、こんな苦労があるんだなーって知っていただけたら幸いです。




たまにはこんな綺麗な内容で(笑)

次回はまたいつものブラックな卑し系ブログに戻る予定です。

それではまた。





テーマ : 医薬品
ジャンル : ヘルス・ダイエット

鳥とラブホテル






こんばんは。

芦田マラだよ!!

むむです。





今日は、最近の変わった薬の名前シリーズです。





●カナリア配合錠
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000165828.pdf




カナリアて。



カナグル+テネリアなんでしょうか。

用法的にも薬効的にもメーカー的にも、割と相性のいい組み合わせだとは思いますが、




鳥やん。




あ、それを言うとハルシオンも思いっきり鳥だけどあんま気にならないってことは

カナリアも慣れれば鳥感はなくなっていくのかな?






お次はコチラ。





●配合剤ジェネリック医薬品の統一ブランド名称について
http://www.ge-academy.org/brand.html


配合剤の一般的な名称を統一しようというやつなんですけど、そこに書かれていた




ブテホル




という文字。




思いっきり「ラブホテル」に空目してしまいましたよ。

えっ、私だけ?!





ブテソニド+ホルモテロールでブテホルなんでしょうけど、

もうちょっと何とかならなかったのか。



これからはシムビコートを見るたびに、ヤラシイ妄想が駆け巡りそうです。




あ、そういえばシムビコートを咥えてる姿ってエロいよね。



(全員無視)





テーマ : 医薬品
ジャンル : ヘルス・ダイエット

吸入薬一覧を作ってみた





こんばんは。

向かうところ手品師

むむです。





近頃は、ぜんそくやCOPDの吸入薬がここ10年ぐらいでワラワラ出てきて、

デバイスもここ数年で新しいのがどんどん出てきて、

それらの合剤まで出てきてるもんだから、

もう私の頭の中こんがらがってきてるんですよね(汗)




「ジェヌエア」とか「エクリラ」とか「エリプタ」とか、

もう何が薬名で何がデバイス名なのかも危ういありさま。




使い方とか薬理的なことは大丈夫なんですけど、

とにかく名前が覚えられない。人間と一緒ですね(笑)




ここいらで一回まとめとこうと思って、小一時間でこんなん作りました。





kyuunyuu

(クリックで拡大)






完全に自分用なので、自分の求めてるものだけ入れるというシンプル設計です。

物凄い速さで作ったので、どっか間違ってたらスミマセン。用法用量とかあやしい。

全部網羅できてるか分からないですけど、まあこれだけあれば大丈夫でしょ(笑)

「吸入液」系に関しては省略してます。





こうやって見てみると、私の小さいころはICSLABALAMAという概念すらなかったですから、

喘息治療はすごい速さで進歩してきてますね。




まあ私は全然進歩しないBAKAですが(笑)




テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

フラベリックを嚙み砕いて飲んでみた




こんばんは。

グレートバリアフリー

むむです。





さてさて。

ツイッターで以前チラッと見かけたんですけど、



「むむさんにフラベリック飲んでもらいたい」



みたいなよく分からないツイートを見かけた気がするんですね。


ただ、ワタクシその時、外出先で何かをしながら猛スピードでタイムラインを速読してた時だったので、

誰のツイートだったかもよく覚えていないんですよね。

そんな有り様で非常に申し訳ないんですけど、

せっかくリクエストを頂いたので飲んでみました(笑)



いや、もしかしたらそのツイート自体夢かもしれないですけどね(汗)





フラベリックといえば咳止めの薬ですけど、聴覚障害が有名ですよね。

まれに、音が半音下がって聞こえるといった副作用が出ることがあります。

原因はよく分かってないですが、聴覚神経に影響して一時的に伝達障害を起こしてるのかなって感じですね。

絶対音感の持ち主とか、女性に多い傾向があるみたいです。




まあその副作用も可逆性ですし、一度どんなものか試してみようということで、飲んでみました。




あとその前に、フラベリックと言えば薬剤師が必ず説明するものとして、

「絶対に噛んで飲まないでくださいね」

っていうのがありますよね。



噛んだら刺激感があるからなんですが、

そういえばそれも体験したことなかったなーと思って、





噛み砕いてみました。(馬鹿)






いやー。


もうね、噛んでみた感想としては、噛んじゃ





ダメ、ゼッタイ。






出会って4秒で合体じゃなくて、

噛み砕いて0.4秒で後悔しましたね。




めっちゃ苦い。




あまりの苦さに、慌ててその辺にあった飲み物を飲みました。

もう何を飲んだのかも覚えてませんが(汗)



でもしばらくたっても苦みが取れず、

そのうちめっちゃ口の中がしびれてきました。

だんだん感覚がなくなってきて、

辛いはずの「食べるラー油」をモリモリ食べれましたよ。(何)







口の中は死んでますが、もう一つの目的である聴覚障害を調べないといけませんので、

サザンの曲をかけまくりました。


いくら音感のない私でも、25年間も聴いてきたような曲の音程がズレたらさすがにわかるってもんですよ。





うん。





いつものサザンでした。





熱い乳房を抱き寄せてました。






というか私たぶん、もともと音程にニブいせいか、

カラオケ行っても原曲キーで歌ってるつもりでも無意識に何音か下を歌ってる傾向があるので、

絶対音感とは縁がなさ過ぎてフラベリックの影響とか誤差だったのかもしれないですね(笑)





というわけですので、

聴覚障害は起きなかったけど、味覚障害はひどいもんでした。




結論:噛んじゃダメ。歯は立てないでね☆


テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログタイムズ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク